前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
161件中 1 - 10件表示
  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た卑弥呼

    中国の史書では、邪馬台国は卑弥呼が治める女王国であり、倭国連合の都があったとされている。邪馬台国の所在地が九州か近畿か、21世紀に入っても日本の歴史学者の説が分かれている。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た岩下志麻岩下 志麻

    1974年に篠田正浩監督、岩下志麻主演による映画『卑弥呼』が制作された。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た白鳥庫吉

    厳密に「魏志倭人伝」の行程どおりに素直に距離と方角を辿ると邪馬台国は太平洋のど真ん中に行きつく。ゆえに、白石も宣長もさまざまな読み替えや注釈を入れてきた。江戸時代から現在まで学界の主流は「畿内説」(内藤湖南ら)と「九州説」(白鳥庫吉ら)の二説に大きく分かれている。ただし九州説には、邪馬台国が”畿内に移動してヤマト政権となった"とする説(「東遷説」)と、邪馬台国の勢力は小さく"畿内で成立したヤマト政権に滅ぼされた"とする説がある。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た新井白石

    「邪馬壹國」と「邪馬臺国」の表記のいずれも、発音の近さから「やまと」の宛字ではないかとする説がある。これは、邪馬台国と同じく「魏志倭人伝」に登場する対馬國を対馬,一支國を壱岐,末廬國を肥前國松浦郡といったふうに発音の近さを手掛かりの一つとしてあてはめるのと同様に、邪馬台国も発音から場所をあてはめようとするものである。新井白石が記した「古史通或問」や「外国之事調書」では、その場所を大和国や山門郡と説いていることから、白石は「邪馬台」を「やまと」に近い音と想定してその場所を比定したと考えられている。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た市川崑

    手塚治虫の漫画『火の鳥 黎明編』(1967年)は邪馬台国を舞台としている。邪馬台国は九州にある倭の大国(火の鳥が棲む火の山が九州にあり、そこまで海を渡る描写があるため、畿内説とも解釈できる)だったが、卑弥呼の死後に大陸から渡った騎馬民族に滅ぼされた。当時、一般に強い影響を与えた騎馬民族征服王朝説に立ち、騎馬民族の長のニニギが後の天皇家の始祖と解釈している。この漫画は『火の鳥』のタイトルで1978年に実写映画化された。監督は市川崑、主演は高峰三枝子。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た篠田正浩

    1974年に篠田正浩監督、岩下志麻主演による映画『卑弥呼』が制作された。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た手塚治虫

    手塚治虫の漫画『火の鳥 黎明編』(1967年)は邪馬台国を舞台としている。邪馬台国は九州にある倭の大国(火の鳥が棲む火の山が九州にあり、そこまで海を渡る描写があるため、畿内説とも解釈できる)だったが、卑弥呼の死後に大陸から渡った騎馬民族に滅ぼされた。当時、一般に強い影響を与えた騎馬民族征服王朝説に立ち、騎馬民族の長のニニギが後の天皇家の始祖と解釈している。この漫画は『火の鳥』のタイトルで1978年に実写映画化された。監督は市川崑、主演は高峰三枝子。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た安本美典

    邪馬台国九州説を唱える論者には、新井白石、白鳥庫吉、和辻哲郎、田中卓、安本美典(東遷説)、古田武彦、鳥越憲三郎、若井敏明らがいる。また記紀などの国内資料に基づく研究については、坂本太郎『国家の誕生』や原秀三郎らの指摘にも関わらず、考慮されない傾向があるといわれ、若井敏明はこうした傾向について、戦前に弾圧された津田左右吉の学説が戦後一転してもてはやされたことに起因するとして批判している。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た古田武彦

    畿内説・九州説どちらだとしても「魏志倭人伝」の距離(里数)が過大であるという問題については、「短里」の概念が提示されている。「短里」とは尺貫法の1里が約434mではなく75-90m程とする説である。古田武彦などは、魏・西晋時代時代には周王朝時代に用いられた長さに改められたとした。しかし、生野真好による『三国志』全編の調査では、「短里」で記述されていると思われる記述は「魏志」と「呉志」の一部に集中しており、「蜀志」には全く見られない。また、「魏志」のうちでも後漢から魏への禅譲の年である西暦220年より以前の記事には「短里」での記事は見当たらず、220年以後の「魏志」に集中して現れる。これは、三国志が「蜀志」については、漢の伝統を守っていたことを陳寿はそのまま記したものと思われる。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た台与

    倭国の邪馬台国は元々男王が治めていたが、国成立(1世紀中頃か2世紀初頭)から70-80年後、倭国全体で長期間にわたる騒乱が起きた(倭国大乱の時期は2世紀後半)。邪馬台国もその影響を逃れえず、卑弥呼という女子を王に共立することによって、ようやく混乱が収まった。弟が彼女を補佐し国を治めていた。女王は魏に使節を派遣し親魏倭王の封号を得た。248年頃、狗奴国との戦いの最中に卑弥呼が死去し、男王が後継に立てられたが混乱を抑えることができず、「壹與」(壱与)または「臺與」(台与)が女王になることで収まったという。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
161件中 1 - 10件表示

「邪馬台国」のニューストピックワード