前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
166件中 1 - 10件表示
  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た卑弥呼

    邪馬台国(やまたいこく / やまとこく)は、2世紀?3世紀に日本列島に存在したとされる国(くに)のひとつ。邪馬台国は倭女王卑弥呼の宮室があった女王国であり、倭国連合の都があったと解されている。古くから大和国(やまとこく)の音訳として認知されていたが、江戸時代に新井白石が通詞今村英生の発音する当時の中国語に基づき音読した、ことから(やまたいこく)の読み方が広まった。邪馬台国の所在地が九州か近畿かは、21世紀に入っても議論が続いている。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た岩下志麻

    1974年に篠田正浩監督、岩下志麻主演による映画『卑弥呼』が制作された。映画に出る火口は阿蘇を思わせるが撮影は吾妻小富士で行われた。映画の最後では近畿の古墳群が撮影されるなど、九州説と畿内説の両方が暗示されている。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た新井白石

    邪馬台国(やまたいこく / やまとこく)は、2世紀?3世紀に日本列島に存在したとされる国(くに)のひとつ。邪馬台国は倭女王卑弥呼の宮室があった女王国であり、倭国連合の都があったと解されている。古くから大和国(やまとこく)の音訳として認知されていたが、江戸時代に新井白石が通詞今村英生の発音する当時の中国語に基づき音読した、ことから(やまたいこく)の読み方が広まった。邪馬台国の所在地が九州か近畿かは、21世紀に入っても議論が続いている。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た手塚治虫

    手塚治虫の漫画『火の鳥 黎明編』(1967年)は邪馬台国を舞台としている。邪馬台国は九州にある倭の大国(火の鳥が棲む火の山が九州にあり、そこまで海を渡る描写がある)だったが、卑弥呼の死後に大陸から渡った騎馬民族に滅ぼされた。当時、一般に強い影響を与えた騎馬民族征服王朝説に立ち、騎馬民族の長のニニギが後の皇室の始祖と解釈している。この漫画は『火の鳥』のタイトルで1978年に実写映画化された。監督は市川崑、主演は高峰三枝子。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た市川崑

    手塚治虫の漫画『火の鳥 黎明編』(1967年)は邪馬台国を舞台としている。邪馬台国は九州にある倭の大国(火の鳥が棲む火の山が九州にあり、そこまで海を渡る描写がある)だったが、卑弥呼の死後に大陸から渡った騎馬民族に滅ぼされた。当時、一般に強い影響を与えた騎馬民族征服王朝説に立ち、騎馬民族の長のニニギが後の皇室の始祖と解釈している。この漫画は『火の鳥』のタイトルで1978年に実写映画化された。監督は市川崑、主演は高峰三枝子。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た篠田正浩

    1974年に篠田正浩監督、岩下志麻主演による映画『卑弥呼』が制作された。映画に出る火口は阿蘇を思わせるが撮影は吾妻小富士で行われた。映画の最後では近畿の古墳群が撮影されるなど、九州説と畿内説の両方が暗示されている。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た九州

    邪馬台国(やまたいこく / やまとこく)は、2世紀?3世紀に日本列島に存在したとされる国(くに)のひとつ。邪馬台国は倭女王卑弥呼の宮室があった女王国であり、倭国連合の都があったと解されている。古くから大和国(やまとこく)の音訳として認知されていたが、江戸時代に新井白石が通詞今村英生の発音する当時の中国語に基づき音読した、ことから(やまたいこく)の読み方が広まった。邪馬台国の所在地が九州か近畿かは、21世紀に入っても議論が続いている。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た日本テレビ放送網

    1970年代後半より注目され始めた新しい説。 これまで議論され続けていた邪馬台国までの行き方(道順)を表しているとされる古代中国魏志倭人伝の(「南至投馬国水行二十日」を経て「南至邪馬台国水行十日」してたどり着く)の解釈(道順)として、大陸より渡り着いたとされている九州北部より水路で豊後水道を南下、高知県西部より四国へ上陸、その後は陸路で徳島に辿り着くとの見解を示す学者も多い。近年では数多くの書籍・メディアなどで紹介されているが当初は郷土史家の郡昇が四国説を唱え著書を自費出版で行った。その後、数多くの調査を経て古代阿波研究会なども四国説を主張する。著書『邪馬壱国は阿波だった魏志倭人伝と古事記との一致』は多田至、板東一男、椎野英二、上田順啓らが編集委員として名を連ねている。四国説を有名にしたのは日本テレビの番組で、番組プロデューサーの山中康男はその後『高天原は阿波だった』(講談社)を出版した。1980年代にはNHK高知放送局が制作した「古神・巨石群の謎」の中で邪馬台国=四国土佐説を主張、土佐文雄が著書『古神・巨石群の謎』(リヨン社)を出版するに至る。他にも浜田秀雄や大杉博、林博章などが四国説を主張する著書を出版した。邪馬台国(朝廷)は四国地方から始まり、近畿地方へ移行されたと四国説・近畿説を共に主張する学者も多い。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た森浩一

    3世紀の紀年鏡をいかに考えるべきかという点。はやくから薮田嘉一郎や森浩一は、古墳時代は4世紀から始まるとする当時の一般的な理解にしたがって、「三角縁神獣鏡は古墳ばかりから出土しており、邪馬台国の時代である弥生時代の墳墓からは1枚も出土しない。よって、三角縁神獣鏡は邪馬台国の時代のものではなく、後のヤマト王権が邪馬台国との関係を顕示するために偽作したものだ」とする見解を表明し、その後の九州論者はほとんどこのような説明に追随している。しかし、このような説には以下のような点が問題として挙げられる。縁神獣鏡を、呉の鏡または呉の工人の作であり、呉の地が西晋に征服された280年以降のものとする説もあるが、様式論からは呉の作ではない。少なくとも銘文にある徐州を呉の領域であるなどとはいえない。これらを280年以降の製造と考えると、紀年鏡に記される年号が何ゆえに三国時代の235年から244年に集中しているのか、整合的な理解が難しい。また、九州説論者の見解では、いわゆる「卑弥呼の鏡」は後漢鏡であるとするが、弥生時代の北九州遺跡から集中して出土する後漢鏡は、中国での文字資料を伴う発掘状況により、主として1世紀に編年され、卑弥呼の時代には届かないのも難点のひとつである。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た倭の五王

    3世紀半ばの壹與の朝貢を最後に、義熙9年(413年)の倭王讃による朝貢(倭の五王)まで150年近く、中国の史書から倭国に関する記録はなくなる。このため日本の歴史で4世紀は「空白の世紀」と呼ばれた。邪馬台国とヤマト王権との関係については諸説ある。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
166件中 1 - 10件表示

「邪馬台国」のニューストピックワード