161件中 91 - 100件表示
  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た最恵国待遇

    魏から女王たちに贈られた品々や位が、西の大月氏国に匹敵する最恵国への待遇であり、小領主へ贈られたものとは考えにくいこと。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た

    「邪馬壹國」の表記から、三世紀の音符は【 】(つくり)にあり【 壹 】の旁は【 豆 】であって「登」あるいは「澄」と同様に「と」と発音されていたして、「やまと」と読む説もある。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た畿内

    厳密に「魏志倭人伝」の行程どおりに素直に距離と方角を辿ると邪馬台国は太平洋のど真ん中に行きつく。ゆえに、白石も宣長もさまざまな読み替えや注釈を入れてきた。江戸時代から現在まで学界の主流は「畿内説」(内藤湖南ら)と「九州説」(白鳥庫吉ら)の二説に大きく分かれている。ただし九州説には、邪馬台国が”畿内に移動してヤマト政権となった"とする説(「東遷説」)と、邪馬台国の勢力は小さく"畿内で成立したヤマト政権に滅ぼされた"とする説がある。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た

    邪馬台国(やまたいこく / やまとこく)は、2?3世紀に日本列島に存在したとされる国(くに)のひとつである。ちなみに、ここで使われている国(くに)とは、この時代の中国漢文でいう国(こく)=塀、、堀などで囲われた砦の町のことである。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た呉音

    現在「邪馬台国」は一般に「やまたいこく」と読まれる。この「邪馬台」を「やまたい」と読んだのは国学者の本居宣長が最初であると考えられている。宣長は国学の立場から大和朝廷との同一性を否定し、あえて「やまたい」と読んだ。この「やまたいこく」という読みであるが、これは二種の異なった体系の漢音と呉音を混用している。例えば呉音ではヤマダイ又はヤメダイ、漢音ではヤバタイとなることから、「魏志倭人伝」の書かれた当時の中国における音が「やまたい」であったとは考えにくい。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見たシャーマニズム

    卑弥呼の「鬼道」についてはシャーマン説、道教と関係があるとする説、道教ではなく「邪術」とする説など幾つかの解釈がある。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た封号

    倭国の邪馬台国は元々男王が治めていたが、国成立(1世紀中頃か2世紀初頭)から70-80年後、倭国全体で長期間にわたる騒乱が起きた(倭国大乱の時期は2世紀後半)。邪馬台国もその影響を逃れえず、卑弥呼という女子を王に共立することによって、ようやく混乱が収まった。弟が彼女を補佐し国を治めていた。女王は魏に使節を派遣し親魏倭王の封号を得た。248年頃、狗奴国との戦いの最中に卑弥呼が死去し、男王が後継に立てられたが混乱を抑えることができず、「壹與」(壱与)または「臺與」(台与)が女王になることで収まったという。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た

    倭国には元々は男王が置かれていたが、国家成立から70-80年を経たころ、の霊帝の光和年間に政情不安が起き、歴年におよぶ戦乱の後、女子を共立し王とした。その女王が卑弥呼である。この戦乱は、中国の史書に書かれたいわゆる「倭国大乱」と考えられている。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た三輪山

    邪馬台国畿内説には、琵琶湖湖畔、大阪府などの説があるが、その中でも、奈良県桜井市三輪山近くの纏向遺跡(まきむくいせき)を邪馬台国の都に比定する説が、下記の理由により有力とされる。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た前方後円墳

    吉備、阿讃(東四国)の勢力の技術によると見られる初期の前方後円墳が大和を中心に分布しており、時代が下るにつれて全国に広がっていること(箸墓古墳ほか)。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

161件中 91 - 100件表示

「邪馬台国」のニューストピックワード