161件中 11 - 20件表示
  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た坂本太郎 (歴史学者)

    邪馬台国九州説を唱える論者には、新井白石、白鳥庫吉、和辻哲郎、田中卓、安本美典(東遷説)、古田武彦、鳥越憲三郎、若井敏明らがいる。また記紀などの国内資料に基づく研究については、坂本太郎『国家の誕生』や原秀三郎らの指摘にも関わらず、考慮されない傾向があるといわれ、若井敏明はこうした傾向について、戦前に弾圧された津田左右吉の学説が戦後一転してもてはやされたことに起因するとして批判している。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た和辻哲郎

    邪馬台国九州説を唱える論者には、新井白石、白鳥庫吉、和辻哲郎、田中卓、安本美典(東遷説)、古田武彦、鳥越憲三郎、若井敏明らがいる。また記紀などの国内資料に基づく研究については、坂本太郎『国家の誕生』や原秀三郎らの指摘にも関わらず、考慮されない傾向があるといわれ、若井敏明はこうした傾向について、戦前に弾圧された津田左右吉の学説が戦後一転してもてはやされたことに起因するとして批判している。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た森浩一

    3世紀の紀年鏡をいかに考えるべきかという点。はやくから薮田嘉一郎や森浩一は、古墳時代は4世紀から始まるとする当時の一般的な理解にしたがって、「三角縁神獣鏡は古墳ばかりから出土しており、邪馬台国の時代である弥生時代の墳墓からは1枚も出土しない。よって、三角縁神獣鏡は邪馬台国の時代のものではなく、後のヤマト王権が邪馬台国との関係を顕示するために偽作したものだ」とする見解を表明し、その後の九州論者はほとんどこのような説明に追随している。しかし、このような説には以下のような点が問題として挙げられる。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た本居宣長

    現在「邪馬台国」は一般に「やまたいこく」と読まれる。この「邪馬台」を「やまたい」と読んだのは国学者の本居宣長が最初であると考えられている。宣長は国学の立場から大和朝廷との同一性を否定し、あえて「やまたい」と読んだ。この「やまたいこく」という読みであるが、これは二種の異なった体系の漢音と呉音を混用している。例えば呉音ではヤマダイ又はヤメダイ、漢音ではヤバタイとなることから、「魏志倭人伝」の書かれた当時の中国における音が「やまたい」であったとは考えにくい。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た倭の五王

    3世紀半ばの壹與の朝貢を最後に、義熙9年(413年)の倭王讃による朝貢(倭の五王)まで150年近く、中国の史書から倭国に関する記録はなくなる。このため日本の歴史で4世紀は「空白の世紀」と呼ばれた。邪馬台国と後のヤマト王権との関係は諸説ありはっきりしない。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た榎一雄

    「放射説」(放射読み) - 榎一雄の説。伊都国までは連続読みと同じだが、その先は距離を修正しながら伊都国から奴国、伊都国から不弥国、伊都国から投馬国、伊都国から邪馬台国というふうに、伊都国を起点にする読み方である。多くは九州説となるが、畿内説でも「放射説」で説明するものも少なくない。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た曹芳

    12月、悦んだ魏の皇帝(景初2年だとすると明帝(12月8日から病床、27日の曹宇罷免の詔勅も直筆できなかった。-『三国志』裴注引用 習鑿歯『漢晋春秋』)景初3年だとすると曹芳)は女王を親魏倭王とし、金印紫綬を授けるとともに銅鏡100枚を含む莫大な下賜品を与えた。また、難升米を率善中郎将、牛利を率善校尉とした。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た曹叡

    景初2年(238年)、魏の明帝は劉を帯方太守、鮮于嗣を楽浪太守に任じ、この両者は海路で帯方郡と楽浪郡をそれぞれ収めた(『三国志』魏書東夷伝序文)。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た九州

    厳密に「魏志倭人伝」の行程どおりに素直に距離と方角を辿ると邪馬台国は太平洋のど真ん中に行きつく。ゆえに、白石も宣長もさまざまな読み替えや注釈を入れてきた。江戸時代から現在まで学界の主流は「畿内説」(内藤湖南ら)と「九州説」(白鳥庫吉ら)の二説に大きく分かれている。ただし九州説には、邪馬台国が”畿内に移動してヤマト政権となった"とする説(「東遷説」)と、邪馬台国の勢力は小さく"畿内で成立したヤマト政権に滅ぼされた"とする説がある。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た末廬国

    対海国、一大国、末廬国、伊都国、奴国、不彌国、投馬国、邪馬台国に関しては、「魏志倭人伝」に詳しい記述がある。その他、斯馬国、百支国、伊邪国、都支国、彌奴国、 好古都国、不呼国、姐奴国、對蘇国、蘇奴国、 呼邑国、華奴蘇奴国、鬼国、爲吾国、鬼奴国、 邪馬国、躬臣国、巴利国、支惟国、烏奴国、奴国があり、邪馬台国はこれら20数カ国を支配していたが、日本列島の全てを支配していたわけではなく領域外にも国々があり、女王国から海を渡って東へ1000里にも倭種の国があり、その先には侏儒国、裸国、齒国があった。南には男王卑弥弓呼が治める狗奴国があり女王国と不和で戦争状態にあった。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

161件中 11 - 20件表示

「邪馬台国」のニューストピックワード