161件中 21 - 30件表示
  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た高峰三枝子

    手塚治虫の漫画『火の鳥 黎明編』(1967年)は邪馬台国を舞台としている。邪馬台国は九州にある倭の大国(火の鳥が棲む火の山が九州にあり、そこまで海を渡る描写があるため、畿内説とも解釈できる)だったが、卑弥呼の死後に大陸から渡った騎馬民族に滅ぼされた。当時、一般に強い影響を与えた騎馬民族征服王朝説に立ち、騎馬民族の長のニニギが後の天皇家の始祖と解釈している。この漫画は『火の鳥』のタイトルで1978年に実写映画化された。監督は市川崑、主演は高峰三枝子邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た内藤湖南

    厳密に「魏志倭人伝」の行程どおりに素直に距離と方角を辿ると邪馬台国は太平洋のど真ん中に行きつく。ゆえに、白石も宣長もさまざまな読み替えや注釈を入れてきた。江戸時代から現在まで学界の主流は「畿内説」(内藤湖南ら)と「九州説」(白鳥庫吉ら)の二説に大きく分かれている。ただし九州説には、邪馬台国が”畿内に移動してヤマト政権となった"とする説(「東遷説」)と、邪馬台国の勢力は小さく"畿内で成立したヤマト政権に滅ぼされた"とする説がある。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た久米雅雄

    それ以外にも、久米雅雄は「二王朝並立論」を提唱し、「自郡至女王国萬二千餘里」の「女王国」と、「海路三十日」(「南至投馬国水行二十日」を経て「南至邪馬台国水行十日」してたどり着く)の「邪馬台国」とは別の「相異なる二国」であり、筑紫にあった女王国が「倭国大乱」を通じて畿内に都した新王都が邪馬台国であるとする。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た谷川健一

    主に東京大学を中心に支持され発展し続けた。栗山周一、黒板勝美、林家友次郎、飯島忠夫、和田清、榎一雄、橋本増吉、植村清二、市村其三郎、坂本太郎、井上光貞、森浩一、中川成夫、谷川健一、金子武雄、布目順郎、安本美典、奥野正男らが論じた。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た矢吹健太朗

    矢吹健太朗による漫画『邪馬台幻想記』(1998年-1999年、連載前の読みきり分を含む)。卑弥呼亡き後、その意思を継ぎ倭国統一を目指していた壱与(台与)と、国王を暗殺し国を滅ぼす「国崩し」を行っていた少年、紫苑との出会いと触れ合い、壱与を亡き者にしようと企む敵との戦いを描いている。短期打ち切りの為、様々な伏線を張っていたにもかかわらず、その伏線を回収することなく唐突な終り方をしている。上述雷火の強い影響を受けたと思われる作品。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た難升米

    6月または景初3年(239年)6月女王は大夫の難升米と次使の都市牛利を帯方郡に派遣し、天子に拝謁を願い出た。帯方太守の劉夏は彼らを都に送り、使者は男の生口(奴隷)4人と女の生口6人、班布2匹2丈を献じた。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た真野和夫

    真野和夫 『邪馬台国論争の終焉』 、2009年、大分県教育委員会に長年勤務、考古学に携わってきた著者が退職記念として、邪馬台国に対して自らの見解をまとめ、自費出版した。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た安彦良和

    安彦良和の漫画『ナムジ』(1989年-1991年)は、ナムジ(おおなむち、すなわち大国主)を主人公に神話を独自解釈した作品。邪馬台国は九州にあり、スサノオ率いる強国出雲と敵対している。卑弥呼は天照大神に比定されている。続編の『神武』(1992年-1995年)は、卑弥呼の孫のイワレヒコが(政略結婚のため)畿内へ東征しヤマト王権の祖となる東遷説を採っている(市井の古代史研究者である原田常治の著書の影響を大きく受けている)。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た宮崎康平

    なお、宮崎康平は、道程に関して「古代の海岸線は現代とは異なることを想起しなければならない」と指摘し、現在の海岸線で議論を行っていた当時の学会に一石を投じた。しかし、古代の海岸線を元に考察しても、有利となる場所の相互間のみで変化があるだけで連続説あるいは放射説の根本部分に大きな影響を与えるほどの学説ではないことから現在ではこの点に関しては問題とはされていない。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た原秀三郎

    邪馬台国九州説を唱える論者には、新井白石、白鳥庫吉、和辻哲郎、田中卓、安本美典(東遷説)、古田武彦、鳥越憲三郎、若井敏明らがいる。また記紀などの国内資料に基づく研究については、坂本太郎『国家の誕生』や原秀三郎らの指摘にも関わらず、考慮されない傾向があるといわれ、若井敏明はこうした傾向について、戦前に弾圧された津田左右吉の学説が戦後一転してもてはやされたことに起因するとして批判している。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

161件中 21 - 30件表示

「邪馬台国」のニューストピックワード