161件中 41 - 50件表示
  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た橋本増吉

    主に東京大学を中心に支持され発展し続けた。栗山周一、黒板勝美、林家友次郎、飯島忠夫、和田清、榎一雄、橋本増吉、植村清二、市村其三郎、坂本太郎、井上光貞、森浩一、中川成夫、谷川健一、金子武雄、布目順郎、安本美典、奥野正男らが論じた。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た神武天皇

    安彦良和の漫画『ナムジ』(1989年-1991年)は、ナムジ(おおなむち、すなわち大国主)を主人公に神話を独自解釈した作品。邪馬台国は九州にあり、スサノオ率いる強国出雲と敵対している。卑弥呼は天照大神に比定されている。続編の『神武』(1992年-1995年)は、卑弥呼の孫のイワレヒコが(政略結婚のため)畿内へ東征しヤマト王権の祖となる東遷説を採っている(市井の古代史研究者である原田常治の著書の影響を大きく受けている)。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た奥野正男

    主に東京大学を中心に支持され発展し続けた。栗山周一、黒板勝美、林家友次郎、飯島忠夫、和田清、榎一雄、橋本増吉、植村清二、市村其三郎、坂本太郎、井上光貞、森浩一、中川成夫、谷川健一、金子武雄、布目順郎、安本美典、奥野正男らが論じた。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た吉野ヶ里遺跡

    近畿地方から東海地方にかけて広まっていた、銅鐸による祭祀を行っていた銅鐸文明を、「魏志倭人伝」に記載された道具であり、『日本書紀』にも著される矛(剣)、鏡、勾玉の、いわゆる三種の神器を祭祀に用いる「銅矛文明」が滅ぼしたとされる説。しかし、発掘される遺跡の増加に伴い、「銅鐸文化圏」の地域で銅矛や銅剣が、吉野ヶ里遺跡のような「銅矛文化圏」内で銅鐸や銅鐸の鋳型が出土するといったことが増えたことから、今では否定的に見られている。また、「倭人伝」の記載は、祭祀について触れられたものではないこと、6世紀以前は3種ではなく、多種多様な祭器が土地それぞれで使用されていたことも九州説では重要視されない理由として挙げられる。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た宇佐神宮

    邪馬台国九州説では、福岡県の糸島市を中心とした北部九州広域説、福岡県の大宰府天満宮、大分県の宇佐神宮、宮崎県の西都原古墳群など諸説が乱立している。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た筑後国

    この論争が始まったのは江戸時代後期である。新井白石が「古史通或問」において大和国説を説き、「外国之事調書」では筑後国山門郡説を説いた。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た曹宇

    12月、悦んだ魏の皇帝(景初2年だとすると明帝(12月8日から病床、27日の曹宇罷免の詔勅も直筆できなかった。-『三国志』裴注引用 習鑿歯『漢晋春秋』)景初3年だとすると曹芳)は女王を親魏倭王とし、金印紫綬を授けるとともに銅鏡100枚を含む莫大な下賜品を与えた。また、難升米を率善中郎将、牛利を率善校尉とした。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た霊帝 (漢)

    倭国には元々は男王が置かれていたが、国家成立から70-80年を経たころ、漢の霊帝の光和年間に政情不安が起き、歴年におよぶ戦乱の後、女子を共立し王とした。その女王が卑弥呼である。この戦乱は、中国の史書に書かれたいわゆる「倭国大乱」と考えられている。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た公孫淵

    8月23日帯方郡と楽浪郡を支配していた公孫淵が司馬懿により斬首される。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た司馬懿

    8月23日帯方郡と楽浪郡を支配していた公孫淵が司馬懿により斬首される。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

161件中 41 - 50件表示

「邪馬台国」のニューストピックワード