161件中 51 - 60件表示
  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た琵琶湖

    邪馬台国畿内説には、琵琶湖湖畔、大阪府などの説があるが、その中でも、奈良県桜井市三輪山近くの纏向遺跡(まきむくいせき)を邪馬台国の都に比定する説が、下記の理由により有力とされる。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た出雲国

    「魏志倭人伝」の記述は北九州の小国を詳細に紹介する一方で、畿内説が投馬国に比定する近畿以西に存在したはずの吉備国や出雲国の仔細には全く触れられておらず、近畿圏まで含む道程の記述とみなすのは不自然。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た大宰府天満宮

    邪馬台国九州説では、福岡県の糸島市を中心とした北部九州広域説、福岡県の大宰府天満宮、大分県の宇佐神宮、宮崎県の西都原古墳群など諸説が乱立している。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た

    (たかつき)を用い、手で食べる。(を使用していない)邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た司馬炎

    また、『日本書紀』の「神功紀」に引用される『晋書』起居註に、泰始2年(266年)に倭の女王の使者が朝貢したとの記述がある。魏志の魏書三少帝紀によれば、同じ年に東夷が朝貢して禅譲革命の準備がなされたという記事があるので、この女王は壹與で、魏に代って成立した晋の皇帝(武帝)に朝貢したと考えられている。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た張敞

    建安年間(196年-220年)公孫康が屯有県以南の荒地の一部に帯方郡を置いた、後漢の遺民を集めるため公孫摸や張敞などを派遣し兵を興して韓とを討伐したが、後漢の旧民は少ししか見い出せなかった。この後、倭と韓は帯方郡に服属した。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た東京大学

    主に東京大学を中心に支持され発展し続けた。栗山周一、黒板勝美、林家友次郎、飯島忠夫、和田清、榎一雄、橋本増吉、植村清二、市村其三郎、坂本太郎、井上光貞、森浩一、中川成夫、谷川健一、金子武雄、布目順郎、安本美典、奥野正男らが論じた。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た巫女

    卑弥呼に関する「魏志倭人伝」のこの記述から、卑弥呼は呪術を司る巫女(シャーマン)のような人物であり、邪馬台国は原始的な呪術国家とする見方がある。一方で、弟が政治を補佐したという記述から、巫女の卑弥呼が神事を司り、実際の統治は男子が行う二元政治とする見方もある。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た野菜

    土地は温暖で、冬夏も生野菜を食べている。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た古墳時代

    3世紀の紀年鏡をいかに考えるべきかという点。はやくから薮田嘉一郎や森浩一は、古墳時代は4世紀から始まるとする当時の一般的な理解にしたがって、「三角縁神獣鏡は古墳ばかりから出土しており、邪馬台国の時代である弥生時代の墳墓からは1枚も出土しない。よって、三角縁神獣鏡は邪馬台国の時代のものではなく、後のヤマト王権が邪馬台国との関係を顕示するために偽作したものだ」とする見解を表明し、その後の九州論者はほとんどこのような説明に追随している。しかし、このような説には以下のような点が問題として挙げられる。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

161件中 51 - 60件表示

「邪馬台国」のニューストピックワード