161件中 81 - 90件表示
  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た日本書紀

    また、『日本書紀』の「神功紀」に引用される『晋書』起居註に、泰始2年(266年)に倭の女王の使者が朝貢したとの記述がある。魏志の魏書三少帝紀によれば、同じ年に東夷が朝貢して禅譲革命の準備がなされたという記事があるので、この女王は壹與で、魏に代って成立した晋の皇帝(武帝)に朝貢したと考えられている。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た倭国大乱

    倭国の邪馬台国は元々男王が治めていたが、国成立(1世紀中頃か2世紀初頭)から70-80年後、倭国全体で長期間にわたる騒乱が起きた(倭国大乱の時期は2世紀後半)。邪馬台国もその影響を逃れえず、卑弥呼という女子を王に共立することによって、ようやく混乱が収まった。弟が彼女を補佐し国を治めていた。女王は魏に使節を派遣し親魏倭王の封号を得た。248年頃、狗奴国との戦いの最中に卑弥呼が死去し、男王が後継に立てられたが混乱を抑えることができず、「壹與」(壱与)または「臺與」(台与)が女王になることで収まったという。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た帯方郡

    6月または景初3年(239年)6月女王は大夫の難升米と次使の都市牛利を帯方郡に派遣し、天子に拝謁を願い出た。帯方太守の劉夏は彼らを都に送り、使者は男の生口(奴隷)4人と女の生口6人、班布2匹2丈を献じた。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た親魏倭王

    『三国志』における「魏志倭人伝」(『三国志』魏書東夷伝倭人条)では、親魏倭王卑弥呼はこの国の女王であり、約30の国からなる倭国の都としてここに住居していたとしている。「魏志倭人伝」では「邪馬壹国」と表記されているが、『後漢書』には「邪馬臺国」とある。「邪馬台国」の通称は、「邪馬臺国」の"臺"の字を、"台"をもって代用したものである。また、耶馬台国とも記述される。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た一大国

    対海国、一大国、末廬国、伊都国、奴国、不彌国、投馬国、邪馬台国に関しては、「魏志倭人伝」に詳しい記述がある。その他、斯馬国、百支国、伊邪国、都支国、彌奴国、 好古都国、不呼国、姐奴国、對蘇国、蘇奴国、 呼邑国、華奴蘇奴国、鬼国、爲吾国、鬼奴国、 邪馬国、躬臣国、巴利国、支惟国、烏奴国、奴国があり、邪馬台国はこれら20数カ国を支配していたが、日本列島の全てを支配していたわけではなく領域外にも国々があり、女王国から海を渡って東へ1000里にも倭種の国があり、その先には侏儒国、裸国、齒国があった。南には男王卑弥弓呼が治める狗奴国があり女王国と不和で戦争状態にあった。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た梁書

    『三国志』より後の5世紀に書かれた『後漢書』倭伝では「邪馬臺国」、7世紀の『梁書』倭伝では「祁馬臺国」、7世紀の『隋書』では国について「」(魏志にいう邪馬臺)、唐代の『北史』四夷伝では「」となっている。これらの正史は、現存の宋代の『三国志』より古い写本を引用している。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た放射性炭素年代測定

    従来は畿内で邪馬台国の時期にあたる遺物があまり出土しないのに比べ、九州では邪馬台国の時期にそうそうたる遺跡遺物がそろうことから、畿内説は考古学的に根拠薄弱とされてきた。しかし2000年代に入り、纏向遺跡と箸墓古墳を邪馬台国と卑弥呼の墓に結び付け大和朝廷の成立時期をさかのぼらせるよう、放射性炭素年代測定と年輪年代学による新しい考古学年代観が国立研究所によって示され、畿内の土器の放射性炭素の測定を国立研究所が行って畿内の大和地方での初期国家の成立が邪馬台国成立と同時代の1世紀から2世紀頃までさかのぼるとの説が推される傾向にある。この畿内説に立てば、3世紀の日本に少なくとも大和から大陸に至る交通路を確保できた勢力が存在したことになり、大和を中心とした西日本全域に大きな影響力を持つ勢力、即ち「ヤマト王権」がこの時期既に成立しているとの見方ができる。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た伊都国

    対海国、一大国、末廬国、伊都国、奴国、不彌国、投馬国、邪馬台国に関しては、「魏志倭人伝」に詳しい記述がある。その他、斯馬国、百支国、伊邪国、都支国、彌奴国、 好古都国、不呼国、姐奴国、對蘇国、蘇奴国、 呼邑国、華奴蘇奴国、鬼国、爲吾国、鬼奴国、 邪馬国、躬臣国、巴利国、支惟国、烏奴国、奴国があり、邪馬台国はこれら20数カ国を支配していたが、日本列島の全てを支配していたわけではなく領域外にも国々があり、女王国から海を渡って東へ1000里にも倭種の国があり、その先には侏儒国、裸国、齒国があった。南には男王卑弥弓呼が治める狗奴国があり女王国と不和で戦争状態にあった。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た火の鳥 (漫画)

    手塚治虫の漫画『火の鳥 黎明編』(1967年)は邪馬台国を舞台としている。邪馬台国は九州にある倭の大国(火の鳥が棲む火の山が九州にあり、そこまで海を渡る描写があるため、畿内説とも解釈できる)だったが、卑弥呼の死後に大陸から渡った騎馬民族に滅ぼされた。当時、一般に強い影響を与えた騎馬民族征服王朝説に立ち、騎馬民族の長のニニギが後の天皇家の始祖と解釈している。この漫画は『火の鳥』のタイトルで1978年に実写映画化された。監督は市川崑、主演は高峰三枝子。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た銅鐸

    近畿地方から東海地方にかけて広まっていた、銅鐸による祭祀を行っていた銅鐸文明を、「魏志倭人伝」に記載された道具であり、『日本書紀』にも著される矛(剣)、鏡、勾玉の、いわゆる三種の神器を祭祀に用いる「銅矛文明」が滅ぼしたとされる説。しかし、発掘される遺跡の増加に伴い、「銅鐸文化圏」の地域で銅矛や銅剣が、吉野ヶ里遺跡のような「銅矛文化圏」内で銅鐸や銅鐸の鋳型が出土するといったことが増えたことから、今では否定的に見られている。また、「倭人伝」の記載は、祭祀について触れられたものではないこと、6世紀以前は3種ではなく、多種多様な祭器が土地それぞれで使用されていたことも九州説では重要視されない理由として挙げられる。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

161件中 81 - 90件表示

「邪馬台国」のニューストピックワード