166件中 81 - 90件表示
  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た梁書

    『三国志』より後の5世紀に書かれた『後漢書』倭伝では「邪馬臺国」、7世紀の『梁書』倭伝では「祁馬臺国」、7世紀の『隋書』では国について「」(魏志にいう邪馬臺)、唐代の『北史』四夷伝では「」となっている。これらの正史は、現存の宋代の『三国志』より古い写本を引用している。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た神武東征

    九州で成立した王朝(邪馬台国)が東遷して畿内に移動したという説。東遷説には、この東遷を神武東征や天孫降臨などの神話にむすびつける説と、特に記紀神話とは関係ないとする説の両パターンがある。白鳥庫吉、和辻哲郎が戦前では有名であるが、戦後は、歴史学および歴史教育の場から日本神話を資料として扱うことは忌避された。しかしこの東遷説は戦後も主に東京大学を中心に支持され、栗山周一、黒板勝美、林家友次郎、飯島忠夫、和田清、榎一雄、橋本増吉、植村清二、市村其三郎、坂本太郎、井上光貞らによって論じられていた。久米雅雄は「二王朝並立論」を提唱し、「自郡至女王国萬二千餘里」の「筑紫女王国(主都)」と「海路三十日」(「南至投馬国水行二十日」を経て「南至邪馬台国水行十日」してたどり着く)の「畿内邪馬台国(副都)」とを想定し両者は別の「相異なる二国」であり、筑紫にあった女王国が「倭国大乱」を通じて畿内に主都を遷した(東遷した)のであるとした。また大和岩雄も、九州にあった女王国とは「畿内をも含む倭国全体の首都」であって、女王壹與の代になってから畿内の邪馬台国へ東遷したが、それは倭国の勢力圏の内部での移動にすぎないとした(ただし神武東征や天孫降臨などの神話と関係づけることはしていない)。この他にも、森浩一、中川成夫、谷川健一、金子武雄、布目順郎、奥野正男らが細部は異なるもののそれぞれの東遷説を論じていた。安本美典は現在でも精力的に東遷説を主張している一人である。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た西晋

    この後、『日本書紀』の「神功紀」に引用される晋起居註に、泰始2年(266年)に倭の女王の使者が朝貢したとの記述がある。この女王は壹與で、魏に代って成立したの皇帝(武帝)に朝貢したと考えられている。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た日本書紀

    この後、『日本書紀』の「神功紀」に引用される晋起居註に、泰始2年(266年)に倭の女王の使者が朝貢したとの記述がある。この女王は壹與で、魏に代って成立した晋の皇帝(武帝)に朝貢したと考えられている。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た年輪年代学

    年輪年代学による知見から、邪馬台国の時代にすでに前方後円墳の築造が始まったとみられること。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た倭国

    邪馬台国(やまたいこく / やまとこく)は、2世紀?3世紀に日本列島に存在したとされる国(くに)のひとつ。邪馬台国は倭女王卑弥呼の宮室があった女王国であり、倭国連合の都があったと解されている。古くから大和国(やまとこく)の音訳として認知されていたが、江戸時代に新井白石が通詞今村英生の発音する当時の中国語に基づき音読した、ことから(やまたいこく)の読み方が広まった。邪馬台国の所在地が九州か近畿かは、21世紀に入っても議論が続いている。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た三角縁神獣鏡

    卑弥呼の遣使との関係を窺わせる景初三年、正始元年銘を持つものもある三角縁神獣鏡が畿内を中心に分布していること。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た親魏倭王

    中国の『三国志』における「魏志倭人伝」(『三国志』魏書東夷伝倭人条)では、親魏倭王卑弥呼は、約30の国からなる倭国の都としてここに住居していたとしている。なお、現存する三国志の版本では「邪馬壹國」と表記されているが、晩唐以降の写本で誤写が生じたものとするのが通説である(誤写ではないとする異論がある)。現代人の著作の多くは、それぞれ「壱」「台」で代用しているので、本項でも「邪馬台国」と表記する。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た伊都国

    対海国、一大国、末廬国、伊都国、奴国、不彌国、投馬国、邪馬台国に関しては、「魏志倭人伝」に詳しい記述がある。位置については畿内説と九州説が有力とされる(を参照)。道程についても「連続説」と「放射説」がある(を参照)。位置や道程の比定をめぐっては論争が起きてきた(を参照)。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

  • 邪馬台国

    邪馬台国から見た火の鳥 (漫画)

    手塚治虫の漫画『火の鳥 黎明編』(1967年)は邪馬台国を舞台としている。邪馬台国は九州にある倭の大国(火の鳥が棲む火の山が九州にあり、そこまで海を渡る描写がある)だったが、卑弥呼の死後に大陸から渡った騎馬民族に滅ぼされた。当時、一般に強い影響を与えた騎馬民族征服王朝説に立ち、騎馬民族の長のニニギが後の皇室の始祖と解釈している。この漫画は『火の鳥』のタイトルで1978年に実写映画化された。監督は市川崑、主演は高峰三枝子。邪馬台国 フレッシュアイペディアより)

166件中 81 - 90件表示

「邪馬台国」のニューストピックワード