都並敏史 ニュース&Wiki etc.

都並 敏史(つなみ さとし、1961年8月14日 - )は、日本の元プロサッカー選手(元日本代表)、サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)、サッカー解説者。現役時代のポジションはディフェンダー(左サイドバック)。1980年代から90年代初頭を代表する名プレーヤー。彼を題材にしたノンフィクション作品(関連書籍参照)から、… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「都並敏史」のつながり調べ

  • ドーハの悲劇

    ドーハの悲劇から見た都並敏史

    オフトは1992年3月に代表監督に就任すると、同年10月のアジア杯で初優勝する等レギュラーをほぼ固定して戦った末短期間でチーム力を向上させた。しかし、オフトに代わって清雲栄純コーチが指揮を執った1年後の香港遠征で2戦2敗を喫したばかりか、オフトのサッカーを推し進める上で必要不可欠なバックアップメンバーを見つける事が全くと言って良い程出来なかった為、レギュラーをほぼ固定して戦わざるを得なかった。そのツケが主力の故障・不調が重なると選手層の薄さという形で回った。特に左サイドバック (SB) の都並敏史が左足を亀裂骨折した影響は大きく、清雲とともに70試合のスカウティングを重ねても攻守のバランスがとれたバックアップは見つからなかった。スペイン合宿でのレアル・ベティスとの練習試合では江尻篤彦をテストするも満足せず、最終予選の壮行試合を兼ねたアジア・アフリカ選手権(10月4日)ではボランチの三浦泰年を左SBに起用し、一応の目途がついたと思われたが、試合直前に来日ししかもベストメンバーでもなかったコートジボワールが弱点と思われた左サイドを攻める事なく終わった事で本当の意味でのテストが出来ずにカタールに向かわなければならず、最終予選第2戦でイランに左サイドを執拗に狙われ、第3戦以降はセンターバック(もしくは右SB)が本職の勝矢をコンバートして使わざるを得なかった。(ドーハの悲劇 フレッシュアイペディアより)

  • 日本サッカー名蹴会

    日本サッカー名蹴会から見た都並敏史

    副会長:ラモス瑠偉、都並敏史、井原正巳(日本サッカー名蹴会 フレッシュアイペディアより)

「都並敏史」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「都並敏史」のニューストピックワード