54件中 11 - 20件表示
  • ネストール・オマール・ピッコリ

    ネストール・オマール・ピッコリから見た都並敏史都並敏史

    2004年には、日本サッカー協会のS級コーチライセンス獲得のためにリーベル・プレートでコーチ研修を行った都並敏史を現地で迎え、通訳兼コーディネーターとして支援したとされる。都並は1996年から1年余り福岡に在籍し、ピッコリとは面識があった。ネストール・オマール・ピッコリ フレッシュアイペディアより)

  • レヴィー・クルピ

    レヴィー・クルピから見た都並敏史都並敏史

    2007年5月、都並敏史の解任を受け、10年ぶりにC大阪の監督に復帰。それまで守備的MFの控え選手だった当時18歳の香川真司を就任後すぐに攻撃的MFとしてレギュラーに抜擢。香川はひと月も経たずしてチームの中心選手となる。短期間で低迷していたチームの建て直しに成功し、一時期絶望視されていたJ1への昇格争いにも加わった。昇格はならなかったものの、香川、小松塁、森島康仁ら若手の成長を促し、レギュラーに定着させるなどその手腕を遺憾なく発揮した。レヴィー・クルピ フレッシュアイペディアより)

  • 中田洋介

    中田洋介から見た都並敏史都並敏史

    大学卒業後2004年にベガルタ仙台入団。1年目からレギュラーに定着。2005年には当時監督だった都並敏史に右サイドバックにコンバートされ新境地を開いた。しかし2007年に出場機会が激減、同年を以って戦力外となり、2008年横浜FCへ移籍。リーグ戦28試合に出場するも、同年シーズン終了を以って戦力外となり、1年でチームを去った。中田洋介 フレッシュアイペディアより)

  • あおい君と佐藤クン

    あおい君と佐藤クンから見た都並敏史都並敏史

    ニッポン放送において「男性パーソナリティ2人による番組」というスタイルを確立した番組でもあり、この後番組として1981年1月から始まった、サザンオールスターズの桑田佳祐と関口和之の『桑田君と関口クン』、またその後の『長渕クンと藤岡くん』 (長渕剛と藤岡孝章(元・まりちゃんズ、現・藤岡藤巻)、『長渕クンと世良くん』 (長渕剛と世良公則)、『どんまいフレンド』(風見しんご・嶋大輔 → 松村雄基・長島ナオト → 斉藤隆治・南渕一輝 → 高橋良明・南渕一輝 → CHA-CHA → BAKU)、『緒形クンと的場クン』(緒形直人・的場浩司)、『山本クンと田中クン』(山本太郎・田中傑幸)と脈々と続いている。更にその後、こういった形式のタイトルは『都並君・藤川君のイエローカードなんて怖くない』(都並敏史・藤川孝幸)、そして現在も放送中の『TOKIOナイトクラブ 長瀬くんと松岡くん』などに続いている。あおい君と佐藤クン フレッシュアイペディアより)

  • 一志治夫

    一志治夫から見た都並敏史都並敏史

    1994年、いわゆる「ドーハの悲劇」を軸にサッカー選手都並敏史を描いた『狂気の左サイドバック』で第1回小学館ノンフィクション大賞を受賞。2004年には植物生態学者宮脇昭の人生を描いた 『魂の森を行け?3000万本の木を植えた男の物語』を出版したが、後に宮脇昭が「3000万本の木を植えた男」と称されるようになったのは、この作品タイトルが由来とされている。一志治夫 フレッシュアイペディアより)

  • 日本サッカー名蹴会

    日本サッカー名蹴会から見た都並敏史都並敏史

    副会長:ラモス瑠偉、都並敏史、井原正巳日本サッカー名蹴会 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川孝幸

    藤川孝幸から見た都並敏史都並敏史

    引退後はヴェルディ川崎5年、ヴィッセル神戸4年、ベガルタ仙台1年のGKコーチを歴任し、2006年は甲南大学サッカー部監督として関西大学2部秋期リーグ初優勝。2007年からはセレッソ大阪のコーチを務めたが、成績不振のためシーズン途中に都並敏史監督、西村昭宏ゼネラルマネージャーとともに解任された。2007年5月から静岡FCの監督を務め東海リーグで3年ぶりに優勝。2008年から2009年までアビスパ福岡のGKコーチを務めた。藤川孝幸 フレッシュアイペディアより)

  • ドーハの悲劇

    ドーハの悲劇から見た都並敏史都並敏史

    サッカー専門誌では、ハンス・オフト監督の作り上げた組織的サッカーが、この予選中でトップレベルのサッカーを披露したとし、その功績を認めながらも、左サイドバックの都並敏史の左足負傷離脱により露呈した各ポジションのバックアップメンバーの不在(都並の代役に、主にセンターバックや右サイドバックを務めていた勝矢寿延を使わざるを得なかった)、そしてイラク戦のハーフタイム中に興奮する選手達を落ち着かせ、適切な指示を与えることが出来なかった、とオフト自身の指導力の限界を指摘した。オフトは後に「ゲームの作り方(組織戦術)は教えたが、ゲームの壊し方(試合を逃げ切る方法)は教えることが出来なかった」と語っている。日本サッカー協会強化委員会は同年11月5日に定例会議を開き、「修羅場での経験不足」を理由に翌1994年5月まで契約が残っていたオフトの解任を決定。10日に強化委員長の川淵三郎とオフトとの間で会談が開かれ、翌11日に退任が正式発表された。ドーハの悲劇 フレッシュアイペディアより)

  • 千疋美徳

    千疋美徳から見た都並敏史都並敏史

    選手時代は主に左サイドバックとしてプレー。九州共立大学卒業後の1985年に読売クラブに加入。翌年には特別コーチのジノ・サニの抜擢により日本代表の都並敏史からポジションを奪取し、スタメン定着する程の活躍をみせた。その後、読売を離れ浦和レッドダイヤモンズなどでプレーしたが1995年で現役を引退した。千疋美徳 フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカー選手会

    日本プロサッカー選手会から見た都並敏史都並敏史

    1996年4月、会長には柱谷哲二、副会長に都並敏史、井原正巳、顧問に信藤健仁を据え、16支部468名の会員によって設立された。2012年現在は国内40支部及び海外支部を置き、会員は約1000名に及ぶ。日本プロサッカー選手会 フレッシュアイペディアより)

54件中 11 - 20件表示

「都並敏史」のニューストピックワード