67件中 31 - 40件表示
  • レヴィー・クルピ

    レヴィー・クルピから見た都並敏史都並敏史

    2007年5月、都並敏史の解任を受け、10年ぶりにC大阪の監督に復帰。それまで守備的MFの控え選手だった当時18歳の香川真司を就任後すぐに攻撃的MFとしてレギュラーに抜擢。香川はひと月も経たずしてチームの中心選手となる。短期間で低迷していたチームの建て直しに成功し、一時期絶望視されていたJ1への昇格争いにも加わった。昇格はならなかったものの、香川、小松塁、森島康仁ら若手の成長を促し、レギュラーに定着させるなどその手腕を発揮した。レヴィー・クルピ フレッシュアイペディアより)

  • リーフラス

    リーフラスから見た都並敏史都並敏史

    サッカー部門では都並敏史、城彰二、ラモス瑠偉、野球部門では中畑清、若松勉、武道部門では緑健児がアドバイザーに就任している。過去のアドバイザーは、岡田武史、古田敦也、中西哲生。リーフラス フレッシュアイペディアより)

  • TheサンデーNEXT

    TheサンデーNEXTから見た都並敏史都並敏史

    都並敏史(サッカー解説者、元サッカー日本代表)TheサンデーNEXT フレッシュアイペディアより)

  • シルビオ・ホセ・カヌート

    シルビオ・ホセ・カヌートから見た都並敏史都並敏史

    2002年に、J1へ昇格したばかりのベガルタ仙台へ移籍し初訪日。重要な場面での得点、数々のアシストを残し、加入年度からチームにフィットし、中心選手として活躍した。シルビーニョの好不調の波が仙台の勝敗を決めるとまで言われ、実際に当時の試合で、シルビーニョが不調だった際に負けた試合が多かった。仙台のJ2降格後も2005年まで残留し、2005年度の都並敏史監督からは「テクニックはJ1レベル」と評価されていた。シルビオ・ホセ・カヌート フレッシュアイペディアより)

  • 石井義信

    石井義信から見た都並敏史都並敏史

    フジタでの手腕を買われ、1986年日本代表監督に抜擢される。異例の抜擢だったため当初は固辞していたものの、岡野俊一郎から熱心に口説かれたのだという。目標である1988年のソウルオリンピックは、強敵韓国が予選を免除される好機だったが、予選まで1年しかなかったことや森孝慈前監督がパスを繋ぐサッカーを志向してオリンピック予選及びワールドカップ予選に敗退していたことを踏まえ、勝つ事にこだわる守備的なチーム作りを行い速攻と原博実の高さを活かしたセットプレーで得点を狙った。当時の日本代表は、中東勢はもちろん東南アジア諸国にも確実に勝てるレベルに無く、石井は「アジアではっきり日本より個人技が下なのは、カンボジア、ネパール、マカオぐらいだったと思う」と話している。森体制下の中心選手木村和司を不振と見て外す英断を下し、攻撃的選手は原、水沼貴史、手塚聡の3人だけ、都並敏史を守備的MFにして西村昭宏と並べ、奥寺康彦、中本邦治、加藤久、勝矢寿延、堀池巧の5人のDF、GK森下申一とし、左サイドバックの奥寺に攻守のバランスをとらせた。石井義信 フレッシュアイペディアより)

  • 清水康也

    清水康也から見た都並敏史都並敏史

    卒業後、ヴェルディユース時代の恩師である都並敏史が監督を務めるベガルタ仙台に入団。開幕戦で途中出場を果たす。清水康也 フレッシュアイペディアより)

  • 松木安太郎

    松木安太郎から見た都並敏史都並敏史

    監督就任時には、選手時代に指導を受けたバルコムをコーチに迎え、イェーネ・ハンセン、ヘニー・マイヤーといったオランダ人を起用し、ヨーロッパスタイルの組織的サッカーへの転換を計った。これに対し、伝統を重んじる古参の選手(加藤久・都並敏史・戸塚哲也ら)からは反発を招き、さらには現役時代からの親友・ラモス瑠偉からも松木とバルコムの体制を批判されるほどだった。開幕前には優勝候補の最右翼と目されたが、加藤久の退団やラモスの欠場(ストライキ)もあって、開幕ダッシュに失敗、松木と選手間の対立は新聞や週刊誌で「内乱」として報じられ、松木は批判の矢面に立たされた。サントリーシリーズ(1stステージ)後半には6連勝と立て直したものの、鹿島アントラーズに優勝を譲ることになった。同じく1stステージ不調の主将三浦知良がJリーグオールスターサッカーで自身が指揮するJ-EASTのエースとして2得点でMVP獲得し復調の兆しを見せ、更にビスマルク等ブラジル人体制に戻したNICOSシリーズ(2ndステージ)では、チームを優勝に導いた。鹿島アントラーズとのチャンピオンシップでは、1勝1分で初代王者となった。松木安太郎 フレッシュアイペディアより)

  • ASAYAN

    ASAYANから見た都並敏史都並敏史

    川平慈英のこの番組におけるナレーションでの決まり文句「いいんです!」は兄のジョン・カビラが都並敏史とのやり取りの中で使っていたのを川平が拝借したものである。ちなみに、都並は読売ユース時代のチームメイト。ASAYAN フレッシュアイペディアより)

  • 東京都立深沢高等学校

    東京都立深沢高等学校から見た都並敏史都並敏史

    都並敏史(元サッカー日本代表選手・サッカー指導者)東京都立深沢高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロサッカー選手会

    日本プロサッカー選手会から見た都並敏史都並敏史

    1996年4月、会長には柱谷哲二、副会長に都並敏史、井原正巳、顧問に信藤健仁を据え、16支部468名の会員によって設立された。2017年現在は国内54支部(J1からJ3までの全54クラブ)及び海外支部を置き、会員は約1,300名に及んでいる。日本プロサッカー選手会 フレッシュアイペディアより)

67件中 31 - 40件表示

「都並敏史」のニューストピックワード