54件中 41 - 50件表示
  • 伊集院光のOh!デカナイト

    伊集院光のOh!デカナイトから見た都並敏史都並敏史

    都並君・藤川君のイエローカードなんて怖くない伊集院光のOh!デカナイト フレッシュアイペディアより)

  • 三浦知良

    三浦知良から見た都並敏史都並敏史

    若い頃は、カズがクラブや代表でもフリーキックやコーナーキックを蹴ることもあった(上記のように2010年にもJ2カターレ富山戦で直接フリーキックによるゴールを決めている)。さらにスイッチキッカーとして左右両足でフリーキックやコーナキックを蹴る稀なプレイヤーであった。都並敏史は「僕も左右で蹴れるけど、カズはその精度が高い」と称えており、カズ自身は「小さい頃から利き足に関係なく、両足で練習していた。それは意識してというよりも、自然な感じで覚えたものだった」と語っている。三浦知良 フレッシュアイペディアより)

  • ヘニー・マイヤー

    ヘニー・マイヤーから見た都並敏史都並敏史

    だが、こうした松木安太郎監督の方針に反発した加藤久、ラモス瑠偉、都並敏史、戸塚哲也らの古参選手は、監督批判の言動を繰り返し、ヴェルディの内紛へと繋がった。ヘニー・マイヤー フレッシュアイペディアより)

  • ニュースステーション

    ニュースステーションから見た都並敏史都並敏史

    当時サッカー解説者であった都並敏史が登場し、川平とともに、サッカーについてのミニ知識などを解説したコーナー。ニュースステーション フレッシュアイペディアより)

  • アビスパ福岡

    アビスパ福岡から見た都並敏史都並敏史

    マラドーナ、トログリオ、マジョールの3外国籍選手らが残留。元日本代表の都並敏史、広島から森秀昭などベテラン選手、中払・藤本・久永・石丸ら新人も入団した。攻撃はマラドーナ、トログリオらの個人技もありなかなかの得点力を誇ったが、守備は失点を重ねる試合が多く、勝利に結びつかなかった。その結果、順位は15位となった。アビスパ福岡 フレッシュアイペディアより)

  • 金田喜稔

    金田喜稔から見た都並敏史都並敏史

    現在のサッカー界では考えられないが、現役の頃から試合後にロッカールームでタバコを吹かすヘビースモーカーで知られ、後輩の木村和司を夜中に呼びつけ広島のお好み焼きを作らせるなど使い走りにしたり、フジテレビ721で放送されていた『チャンネル北野eX』に出演した際は、最初から最後まで酒を飲んで、言いたい放題喋るなど、豪放な人物でもある。都並敏史が初めて日本代表の合宿に呼ばれて、夜に金田の部屋に行くと、金田がザブトンをひいて木村と岡田武史を従えて花札をやっていて"これが代表の実態なのか..."とカルチャーショックを受けたと著書に書いている。「本格的に指導者になったら?」と勧められるが「それはどうかな。何をやっても選手時代の達成感はない。選手をやめてからはワシはただ生きてるだけ。生きる屍さ」と話している。金田喜稔 フレッシュアイペディアより)

  • 松木安太郎

    松木安太郎から見た都並敏史都並敏史

    監督就任時には、選手時代に指導を受けたバルコムをコーチに迎え、イェーネ・ハンセン、ヘニー・マイヤーといったオランダ人を起用し、ヨーロッパスタイルの組織的サッカーへの転換を計った。これに対し、伝統を重んじる古参の選手(加藤久、都並敏史、戸塚哲也ら)からは反発を招き、現役時代からの親友ラモス瑠偉も松木とバルコムの体制を批判した。開幕前には優勝候補の最右翼と目されたが、加藤久の退団やラモスの欠場(ストライキ)もあって、開幕ダッシュに失敗、松木と選手間の対立は新聞や週刊誌で「内乱」として報じられ、松木は批判の矢面に立たされた。サントリーシリーズ(1stステージ)後半には6連勝と立て直したものの、鹿島アントラーズに優勝を譲ることになった。同じく1stステージ不調の主将三浦知良がJリーグオールスターサッカーで自身が指揮するJ-EASTのエースとして2得点でMVP獲得し復調の兆しを見せ、更にビスマルク等ブラジル人体制に戻したNICOSシリーズ(2ndステージ)では、チームを優勝に導いた。鹿島アントラーズとのチャンピオンシップでは、1勝1分で初代王者となった。松木安太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のJリーグ

    2007年のJリーグから見た都並敏史都並敏史

    中でも元日本代表や大物外国人を揃えた東京Vは注目されていたが、序盤に7連敗を喫するなど低迷。またC大阪も序盤にもたつき都並敏史新監督が5月に早くも解任されるなど下位に沈んでいた。上位争いは福岡、山形などが一時首位に立ったがその後失速、浮上してきたのは堅守速攻を武器に手堅いサッカーを展開した札幌だった。第14節から第20節まで7連勝を挙げるなどし2位に勝ち点差10以上をつける独走大勢、2位以下は団子状態でシーズンは続いていった。2007年のJリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 澤登正朗

    澤登正朗から見た都並敏史都並敏史

    「JAPAN ALL STARS」 - 1.下川健一、2.小村徳男、3.相馬直樹、4.服部年宏、5.柱谷哲二、6.都並敏史、8.北澤豪、9.武田修宏、10(18).ラモス瑠偉、11.三浦知良、12.城彰二、13.藤田俊哉、14.岩本輝雄、15.山口素弘、16.中山雅史、17.礒貝洋光、18(10).澤登正朗、21.三浦泰年、22.小倉隆史、23.川口能活澤登正朗 フレッシュアイペディアより)

  • 川平 慈英

    川平慈英から見た都並敏史都並敏史

    テレビの他、舞台、映画、ラジオでも活躍。シリアスな演技もこなすが、ミュージカル俳優としての特徴を生かせる役も多い。特にテレビ東京『ASAYAN』ナレーションでの決まり文句「いいんです!」(これは兄のジョン・カビラが都並敏史とのやり取りの中で使っていたのを川平が拝借したものである)が有名になった。その他、『ニュースステーション』に於いては、1997年のサッカー・ワールドカップ・フランス大会特集で「いいんですか!?…いいんです!」と使われている。尚、都並は読売時代のチームメイトである。川平慈英 フレッシュアイペディアより)

54件中 41 - 50件表示

「都並敏史」のニューストピックワード