前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示
  • 都並敏史

    都並敏史から見たラモス瑠偉ラモス 瑠偉

    少年期、サッカーに魅せられ、自宅の部屋をサッカー関連で埋め尽くす。全日本に対し”狂”に近い強い憧れを持ち、サッカーに邁進。読売クラブの下部組織でサッカーを学び、高校在学時に契約内容もロクに読まないまま「サッカーで金が貰える」と喜び勇んで月6万円で読売クラブの専属選手として契約。Jリーグ設立に伴いヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)と改称した1990年代中盤まで一貫してプレーを続けた生え抜き選手であり、また、トップデビューして間もない19歳で日本代表に選出されて以来、10数年間に渡って代表の主力メンバーとしても活躍した。読売クラブ時代からチームメートだったラモス瑠偉からは「お前、読売に要らないよ」「邪魔だから早く全日本に行けよ」「高校生の頃より下手になってるよ」と詰られ毎日泣きそうになりながらクラブへ通勤していた。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見た川平慈英川平 慈英

    DJのジョン・カビラ、ミュージカル俳優の川平慈英(川平は、かつて読売ユースに所属していた経緯がある)兄弟とは親密で、川平のテレビ東京『ASAYAN』におけるナレーションでの決まり文句「いいんです!」は、都並とカビラのやり取りを川平が拝借したものである。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見たジョン・カビラジョン カビラ

    DJのジョン・カビラ、ミュージカル俳優の川平慈英(川平は、かつて読売ユースに所属していた経緯がある)兄弟とは親密で、川平のテレビ東京『ASAYAN』におけるナレーションでの決まり文句「いいんです!」は、都並とカビラのやり取りを川平が拝借したものである。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見たディエゴ・マラドーナ

    ゼロックス・スーパーサッカーで対戦したディエゴ・マラドーナやフランツ・ベッケンバウアーに敬意を表すも「カニバサミタックル」で応酬し顰蹙を買ったことがある。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見た稲本潤一

    その後の都並は1996年にアビスパ福岡、1997年にベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)に移籍し、1998年限りで現役を引退。現役中は自分のプレースタイルに絶対的な自信を持っていたが対ガンバ大阪戦で、タックルを受けてありえない吹っ飛ばされ方をした都並が顔を上げるとそこにはユース上がりの稲本潤一の姿があった。「これからはこんな奴が、どんどんJに入ってくる」と限界を自覚、引退を決意する。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見たフランツ・ベッケンバウアー

    ゼロックス・スーパーサッカーで対戦したディエゴ・マラドーナやフランツ・ベッケンバウアーに敬意を表すも「カニバサミタックル」で応酬し顰蹙を買ったことがある。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見た岡田武史

    初選出の代表合宿で当時古河電工サッカー部に所属していた後のサッカー・日本代表監督岡田武史と同部屋になり、初めて掛けられた言葉が「ビール買って来い」だった。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見た小学館

    『狂気の左サイドバック―日本代表チームに命をかけた男・都並敏史の物語』一志治夫著、小学館(1996/08/20) ISBN 4094600906都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見た古河電工

    初選出の代表合宿で当時古河電工サッカー部に所属していた後のサッカー・日本代表監督岡田武史と同部屋になり、初めて掛けられた言葉が「ビール買って来い」だった。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見たアシックス

    代表選手でありながら代表選出初期はアシックスの一番安いスパイク「ボンバー」を愛用していた。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示

「都並敏史」のニューストピックワード