69件中 11 - 20件表示
  • 都並敏史

    都並敏史から見た小学館

    狂気の左サイドバック―日本代表チームに命をかけた男・都並敏史の物語(1996年、小学館・一志治夫著) ISBN 4094600906都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見た講談社

    都並流 勝つためのサッカー(2000年、講談社 ISBN 978-4062103091)都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見たフジテレビジョン

    サッカー小僧(1999年 - 2005年、フジテレビ) - 現役引退後から「小僧6号」としてレギュラー出演。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見たテレビ東京

    FOOT×BRAIN (2011年 - 、テレビ東京) - 不定期出演都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見たサッカー日本代表

    都並 敏史(つなみ さとし、1961年8月14日 - )は、日本の元プロサッカー選手(元日本代表)、サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)、サッカー解説者。現役時代のポジションはディフェンダー(左サイドバック)。1980年代から90年代初頭を代表する名プレーヤー。彼を題材にしたノンフィクション作品(関連書籍参照)から、「狂気の左サイドバック」と呼ばれる。少年時代からの愛称は「びんじ」。東京都世田谷区出身。都立深沢高校卒。兄はトランペッター/音楽評論家で元ビブラストーンの都並清史。長男はサッカー選手の都並智也。次男はサッカー選手の都並優太。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見たセレッソ大阪

    2007年は、J2に降格したセレッソ大阪の監督に就任。監督としては2度目、コーチを含めると3度目となるJ1昇格への挑戦だったが、開幕3連敗を喫するなど成績は振るわず、第2クールに入ったばかりの5月に西村昭宏GM、藤川孝幸コーチとともに、自身初のシーズン途中での解任となった。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見たリーフラス

    2015年、子供向けスポーツクラブでは、国内最大規模の会員数を有するリーフラス株式会社の統括スポーツアドバイザーに就任。リーフラス取締役には元ヴェルディの藤川孝幸がいる。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見た加茂周

    1995年には加茂周監督により代表に選出され、1995年2月のダイナスティカップ韓国戦が最後の出場試合となった。都並自身、何度も対戦を繰り広げた韓国代表に対する思い入れは深く、対韓国戦が実質的な代表引退試合になったことについて満足の意を示している。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見た横山謙三

    日本代表は19歳でA代表に初選出され、1980年のW杯スペイン大会アジア・オセアニア予選でデビュー。横山謙三監督時代に一時外れるが、1992年のハンス・オフト監督就任にともない復帰。同年のダイナスティカップやアジアカップ優勝に貢献した。しかし、1993年5月22日に行われたJリーグ第3節のサンフレッチェ広島戦でダニエル・カリッチマンと接触した際に左足首を負傷。欠場中はリハビリに励んだもののチームの選手事情により強行出場を続けた結果、7月18日に左足首の亀裂骨折が判明し、故障がさらに悪化してしまった。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見た田口光久

    都並敏史&田口光久 サッカー日本代表今昔物語(2013年、日刊ゲンダイ)都並敏史 フレッシュアイペディアより)

69件中 11 - 20件表示

「都並敏史」のニューストピックワード