49件中 11 - 20件表示
  • 都並敏史

    都並敏史から見たセレッソ大阪

    2007年は、J2に降格したセレッソ大阪の監督に就任。監督としては2度目、コーチを含めると3度目となるJ1昇格への挑戦だったが、開幕3連敗を喫するなど成績は振るわず、第2クールに入ったばかりの5月に西村昭宏GM、藤川孝幸コーチとともに、自身初のシーズン途中での解任となった。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見たメルセデス・ベンツ

    当時から自動車雑誌に載る程のカーマニアで、Jリーグ開幕当初から発売された選手名鑑の愛車欄では常に当時、所有していたベンツとポルシェが表記されていた。長距離のドライブが趣味で、C大阪の監督を解任された際は、大阪から東京までを一往復して悔しい気分を発散したという。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見た藤川孝幸

    2007年は、J2に降格したセレッソ大阪の監督に就任。監督としては2度目、コーチを含めると3度目となるJ1昇格への挑戦だったが、開幕3連敗を喫するなど成績は振るわず、第2クールに入ったばかりの5月に西村昭宏GM、藤川孝幸コーチとともに、自身初のシーズン途中での解任となった。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見たレヴィー・クルピ

    C大阪監督時代、最初に「都並解任」を報じたスポーツ紙を見て、現場の編成権を持つ西村GMに「この記事は本当か」と確認。「解任は考えていない」と言われ安心していたが、数日後にその西村と揃って解任が伝えられた。2人の解任は、社長を中心としたクラブ経営陣の判断だった。その後、サポーターは都並監督の解任に対し、抗議する者も少なくなかったが、後任のレヴィー・クルピが好成績をおさめると(ただし、初期は連敗続きであった)この騒動も収まっていった。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見たビブラストーン

    都並 敏史(つなみ さとし、1961年8月14日 - )は、日本の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはディフェンダー(左サイドバック)。1980年代から90年代初頭を代表する名プレーヤー。彼を題材にしたノンフィクション作品(関連書籍参照)から、「狂気の左サイドバック」と呼ばれる。少年時代からの愛称は「びんじ」。東京都世田谷区出身。都立深沢高校卒。兄はトランペッター/音楽評論家で元ビブラストーンの都並清史。 都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見たハンス・オフト

    1993年のW杯アメリカ大会・アジア最終予選に挑む日本代表メンバーにも選出されたものの、都並自身はJリーグの試合中に負傷した左足の具合が思わしくなく、プレーできる状態ではなかったが、当時の代表監督ハンス・オフトは、ムードメーカーとしての力量を買い、最終予選(いわゆる・ドーハの悲劇)メンバーに都並を選出した。しかしながら、左サイドの都並の穴は最後まで埋まらず日本代表は、惜しくもW杯出場権を逃した。日本代表のキャリアを終えることになるのは1995年のダイナスティカップ・対韓国戦である。都並自身、何度も対戦を繰り広げた韓国代表に対する思い入れは深く、対韓国戦が実質的な代表引退試合になったことについて満足の意を示している。残り数分でアメリカW杯出場を逃したドーハ組に帯同、足首に麻酔の注射タコが出来る程に状態が悪い中チームに帯同していた。万が一欠員が出てピッチに出た途端プレーが出来なくなる綱渡りであったが、当時はとにかく全日本への思い入れだけでリスクなど全く考慮に無く「あの時は、狂っていたのかも知れない」と後に回想している。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見た一志治夫

    『狂気の左サイドバック―日本代表チームに命をかけた男・都並敏史の物語』一志治夫著、小学館(1996/08/20) ISBN 4094600906都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見た西村昭宏

    2007年は、J2に降格したセレッソ大阪の監督に就任。監督としては2度目、コーチを含めると3度目となるJ1昇格への挑戦だったが、開幕3連敗を喫するなど成績は振るわず、第2クールに入ったばかりの5月に西村昭宏GM、藤川孝幸コーチとともに、自身初のシーズン途中での解任となった。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見たガンバ大阪

    その後の都並は1996年にアビスパ福岡、1997年にベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)に移籍し、1998年限りで現役を引退。現役中は自分のプレースタイルに絶対的な自信を持っていたが対ガンバ大阪戦で、タックルを受けてありえない吹っ飛ばされ方をした都並が顔を上げるとそこにはユース上がりの稲本潤一の姿があった。「これからはこんな奴が、どんどんJに入ってくる」と限界を自覚、引退を決意する。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見たサッカー日本代表

    少年期、サッカーに魅せられ、自宅の部屋をサッカー関連で埋め尽くす。全日本に対し”狂”に近い強い憧れを持ち、サッカーに邁進。読売クラブの下部組織でサッカーを学び、高校在学時に契約内容もロクに読まないまま「サッカーで金が貰える」と喜び勇んで月6万円で読売クラブの専属選手として契約。Jリーグ設立に伴いヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)と改称した1990年代中盤まで一貫してプレーを続けた生え抜き選手であり、また、トップデビューして間もない19歳で日本代表に選出されて以来、10数年間に渡って代表の主力メンバーとしても活躍した。読売クラブ時代からチームメートだったラモス瑠偉からは「お前、読売に要らないよ」「邪魔だから早く全日本に行けよ」「高校生の頃より下手になってるよ」と詰られ毎日泣きそうになりながらクラブへ通勤していた。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

49件中 11 - 20件表示

「都並敏史」のニューストピックワード