69件中 21 - 30件表示
  • 都並敏史

    都並敏史から見た勝矢寿延

    同年10月のアメリカW杯アジア最終予選メンバーには選出されたものの、試合出場は不可能な状態だった。都並は骨折箇所にボルトを埋め込み、痛み止めの注射を打つことで通常の練習メニューをこなしたが、最終予選での出場機会はなかった。選手生命を絶たれる恐れもあったが、当時は日本代表への思い入れだけでリスクなど全く考慮に無く、「あの時は、狂っていたのかも知れない」と後に回想している。オフト監督は左サイドバックの代役として三浦泰年、勝矢寿延、江尻篤彦(練習試合のみ)を起用したが、ほぼすべての試合で都並が起用された事で穴は埋まらず、再三再四左サイドを攻略され日本代表は惜しくもW杯出場権を逃した(ドーハの悲劇)。帰国後に手術を受けた足首の状態はひどく、翌1994年6月11日のサテライトリーグ出場までリハビリを続けた(Jリーグスタメン復帰は8月17日のジュビロ磐田戦)。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見たビブラストーン

    都並 敏史(つなみ さとし、1961年8月14日 - )は、日本の元プロサッカー選手(元日本代表)、サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)、サッカー解説者。現役時代のポジションはディフェンダー(左サイドバック)。1980年代から90年代初頭を代表する名プレーヤー。彼を題材にしたノンフィクション作品(関連書籍参照)から、「狂気の左サイドバック」と呼ばれる。少年時代からの愛称は「びんじ」。東京都世田谷区出身。都立深沢高校卒。兄はトランペッター/音楽評論家で元ビブラストーンの都並清史。長男はサッカー選手の都並智也。次男はサッカー選手の都並優太。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見たハンス・オフト

    日本代表は19歳でA代表に初選出され、1980年のW杯スペイン大会アジア・オセアニア予選でデビュー。横山謙三監督時代に一時外れるが、1992年のハンス・オフト監督就任にともない復帰。同年のダイナスティカップやアジアカップ優勝に貢献した。しかし、1993年5月22日に行われたJリーグ第3節のサンフレッチェ広島戦でダニエル・カリッチマンと接触した際に左足首を負傷。欠場中はリハビリに励んだもののチームの選手事情により強行出場を続けた結果、7月18日に左足首の亀裂骨折が判明し、故障がさらに悪化してしまった。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見たザ・マサダ

    日本代表に捧ぐ (1998年、ザ・マサダ ISBN 978-4915977558)都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見たダニエル・カリッチマン

    日本代表は19歳でA代表に初選出され、1980年のW杯スペイン大会アジア・オセアニア予選でデビュー。横山謙三監督時代に一時外れるが、1992年のハンス・オフト監督就任にともない復帰。同年のダイナスティカップやアジアカップ優勝に貢献した。しかし、1993年5月22日に行われたJリーグ第3節のサンフレッチェ広島戦でダニエル・カリッチマンと接触した際に左足首を負傷。欠場中はリハビリに励んだもののチームの選手事情により強行出場を続けた結果、7月18日に左足首の亀裂骨折が判明し、故障がさらに悪化してしまった。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見た一志治夫

    狂気の左サイドバック―日本代表チームに命をかけた男・都並敏史の物語(1996年、小学館・一志治夫著) ISBN 4094600906都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見た西村昭宏

    2007年は、J2に降格したセレッソ大阪の監督に就任。監督としては2度目、コーチを含めると3度目となるJ1昇格への挑戦だったが、開幕3連敗を喫するなど成績は振るわず、第2クールに入ったばかりの5月に西村昭宏GM、藤川孝幸コーチとともに、自身初のシーズン途中での解任となった。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見た都並優太

    都並 敏史(つなみ さとし、1961年8月14日 - )は、日本の元プロサッカー選手(元日本代表)、サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)、サッカー解説者。現役時代のポジションはディフェンダー(左サイドバック)。1980年代から90年代初頭を代表する名プレーヤー。彼を題材にしたノンフィクション作品(関連書籍参照)から、「狂気の左サイドバック」と呼ばれる。少年時代からの愛称は「びんじ」。東京都世田谷区出身。都立深沢高校卒。兄はトランペッター/音楽評論家で元ビブラストーンの都並清史。長男はサッカー選手の都並智也。次男はサッカー選手の都並優太都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見た戸塚哲也

    10歳の頃よりサッカーを始め、小学6年生から読売サッカークラブの下部組織で育ち(戸塚哲也は同期生)、東京都立深沢高等学校卒業後トップチームに昇格する。Jリーグ設立に伴いヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)と改称した1990年代中盤まで、一貫して生え抜きとしてプレーを続けた。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見たガンバ大阪

    1996年に長年在籍したヴェルディを離れ、アビスパ福岡へ移籍。1997年にベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)へ移籍し、1998年限りで現役を引退した。現役中は自分のプレースタイルに絶対的な自信を持っていたが、ガンバ大阪戦でユース上がりの若手選手にタックルを仕掛けて逆に吹っ飛ばされ、「これからはこんな奴が、どんどんJに入ってくる」と限界を自覚し、引退を決意した。ちなみにその時の若手選手は、後に日本代表としてワールドカップ3大会に出場し、イングランドやドイツなどの欧州でも活躍した稲本潤一である。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

69件中 21 - 30件表示

「都並敏史」のニューストピックワード