69件中 51 - 60件表示
  • 都並敏史

    都並敏史から見たノンフィクション

    都並 敏史(つなみ さとし、1961年8月14日 - )は、日本の元プロサッカー選手(元日本代表)、サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)、サッカー解説者。現役時代のポジションはディフェンダー(左サイドバック)。1980年代から90年代初頭を代表する名プレーヤー。彼を題材にしたノンフィクション作品(関連書籍参照)から、「狂気の左サイドバック」と呼ばれる。少年時代からの愛称は「びんじ」。東京都世田谷区出身。都立深沢高校卒。兄はトランペッター/音楽評論家で元ビブラストーンの都並清史。長男はサッカー選手の都並智也。次男はサッカー選手の都並優太。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見たJリーグ

    10歳の頃よりサッカーを始め、小学6年生から読売サッカークラブの下部組織で育ち(戸塚哲也は同期生)、東京都立深沢高等学校卒業後トップチームに昇格する。Jリーグ設立に伴いヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)と改称した1990年代中盤まで、一貫して生え抜きとしてプレーを続けた。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見たダイナスティカップ1992

    日本代表は19歳でA代表に初選出され、1980年のW杯スペイン大会アジア・オセアニア予選でデビュー。横山謙三監督時代に一時外れるが、1992年のハンス・オフト監督就任にともない復帰。同年のダイナスティカップやアジアカップ優勝に貢献した。しかし、1993年5月22日に行われたJリーグ第3節のサンフレッチェ広島戦でダニエル・カリッチマンと接触した際に左足首を負傷。欠場中はリハビリに励んだもののチームの選手事情により強行出場を続けた結果、7月18日に左足首の亀裂骨折が判明し、故障がさらに悪化してしまった。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見たAFCアジアカップ1992

    日本代表は19歳でA代表に初選出され、1980年のW杯スペイン大会アジア・オセアニア予選でデビュー。横山謙三監督時代に一時外れるが、1992年のハンス・オフト監督就任にともない復帰。同年のダイナスティカップやアジアカップ優勝に貢献した。しかし、1993年5月22日に行われたJリーグ第3節のサンフレッチェ広島戦でダニエル・カリッチマンと接触した際に左足首を負傷。欠場中はリハビリに励んだもののチームの選手事情により強行出場を続けた結果、7月18日に左足首の亀裂骨折が判明し、故障がさらに悪化してしまった。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見たJFA 公認S級コーチ

    都並 敏史(つなみ さとし、1961年8月14日 - )は、日本の元プロサッカー選手(元日本代表)、サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)、サッカー解説者。現役時代のポジションはディフェンダー(左サイドバック)。1980年代から90年代初頭を代表する名プレーヤー。彼を題材にしたノンフィクション作品(関連書籍参照)から、「狂気の左サイドバック」と呼ばれる。少年時代からの愛称は「びんじ」。東京都世田谷区出身。都立深沢高校卒。兄はトランペッター/音楽評論家で元ビブラストーンの都並清史。長男はサッカー選手の都並智也。次男はサッカー選手の都並優太。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見た1994 FIFAワールドカップ・アジア予選

    同年10月のアメリカW杯アジア最終予選メンバーには選出されたものの、試合出場は不可能な状態だった。都並は骨折箇所にボルトを埋め込み、痛み止めの注射を打つことで通常の練習メニューをこなしたが、最終予選での出場機会はなかった。選手生命を絶たれる恐れもあったが、当時は日本代表への思い入れだけでリスクなど全く考慮に無く、「あの時は、狂っていたのかも知れない」と後に回想している。オフト監督は左サイドバックの代役として三浦泰年、勝矢寿延、江尻篤彦(練習試合のみ)を起用したが、ほぼすべての試合で都並が起用された事で穴は埋まらず、再三再四左サイドを攻略され日本代表は惜しくもW杯出場権を逃した(ドーハの悲劇)。帰国後に手術を受けた足首の状態はひどく、翌1994年6月11日のサテライトリーグ出場までリハビリを続けた(Jリーグスタメン復帰は8月17日のジュビロ磐田戦)。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見た日本

    都並 敏史(つなみ さとし、1961年8月14日 - )は、日本の元プロサッカー選手(元日本代表)、サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)、サッカー解説者。現役時代のポジションはディフェンダー(左サイドバック)。1980年代から90年代初頭を代表する名プレーヤー。彼を題材にしたノンフィクション作品(関連書籍参照)から、「狂気の左サイドバック」と呼ばれる。少年時代からの愛称は「びんじ」。東京都世田谷区出身。都立深沢高校卒。兄はトランペッター/音楽評論家で元ビブラストーンの都並清史。長男はサッカー選手の都並智也。次男はサッカー選手の都並優太。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見た帯番組

    都並クン・藤川クンのイエローカードなんて怖くない!?(1993年 - 1994年、ニッポン放送) - 月-木曜22:50-23:00。「伊集院光のOh!デカナイト」内の帯番組都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見た世田谷区

    都並 敏史(つなみ さとし、1961年8月14日 - )は、日本の元プロサッカー選手(元日本代表)、サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)、サッカー解説者。現役時代のポジションはディフェンダー(左サイドバック)。1980年代から90年代初頭を代表する名プレーヤー。彼を題材にしたノンフィクション作品(関連書籍参照)から、「狂気の左サイドバック」と呼ばれる。少年時代からの愛称は「びんじ」。東京都世田谷区出身。都立深沢高校卒。兄はトランペッター/音楽評論家で元ビブラストーンの都並清史。長男はサッカー選手の都並智也。次男はサッカー選手の都並優太。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

  • 都並敏史

    都並敏史から見たダイナスティカップ1995

    1995年には加茂周監督により代表に選出され、1995年2月のダイナスティカップ韓国戦が最後の出場試合となった。都並自身、何度も対戦を繰り広げた韓国代表に対する思い入れは深く、対韓国戦が実質的な代表引退試合になったことについて満足の意を示している。都並敏史 フレッシュアイペディアより)

69件中 51 - 60件表示

「都並敏史」のニューストピックワード