573件中 21 - 30件表示
  • 連絡運輸

    連絡運輸から見た都営地下鉄都営地下鉄

    一方首都圏ではSuica・PASMOといったIC乗車カードやプリペイドカードの発展に伴い、これらICカード(特にIC定期券)に限定した連絡運輸は拡大の方向にある。ICカード登場以前、首都圏における3社連絡定期券は直通運転が絡んだものを除けば山手線を挟んだ私鉄各線相互間など限られたものに過ぎなかったが、2008年頃から旅客流動に合わせ、1例を挙げれば関東鉄道常総線・東武野田線・武蔵野線からつくばエクスプレス線を挟みJR・東京地下鉄・都営地下鉄各線へ、といった多彩な連絡定期券が発売可能となっている。このため、従来に比べ飛躍的に様々な経路が利用できるようになり、自動券売機での定期券購入時に従来の路線名による経由表示では顧客による判断が困難な事態も起こりうることから、東武鉄道のように定期券購入時に画面上の地図でルートを確認可能な自動券売機を設置する事業者も現れている。連絡運輸 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都交通局6000形電車 (鉄道)

    東京都交通局6000形電車 (鉄道)から見た都営地下鉄都営地下鉄

    同局の路面電車(都電)「6000形」と区別するため、「都営地下鉄6000形」と呼ばれることもある。東京都交通局6000形電車 (鉄道) フレッシュアイペディアより)

  • 浜松町駅

    浜松町駅から見た都営地下鉄都営地下鉄

    東京都交通局(都営地下鉄)の大門駅が近く、大江戸線では副名称が「浜松町」となっている(建設時の仮称も「浜松町」)。浜松町駅 フレッシュアイペディアより)

  • 北総鉄道

    北総鉄道から見た都営地下鉄都営地下鉄

    北総線内各駅と京成線経由で都営線各駅との間を乗車する場合は、各社大人運賃で10円(合計30円)の割引。ただし、北総線が大町 - 印旛日本医大間の各駅発着である場合は、北総線は20円・他社局は10円(合計40円)の割引(北総線内各駅と京成・都営線を経由して東京メトロ線各駅との間で利用する場合も割引となる)。北総鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄大江戸線

    都営地下鉄大江戸線から見た都営地下鉄都営地下鉄

    大江戸線(おおえどせん)は、東京都交通局が運営する鉄輪式・リニアインダクションモーター推進方式を採用した鉄道路線(都営地下鉄)。鉄道要覧には12号線大江戸線と記載されている。都営大江戸線と呼ばれることが多い。都営地下鉄大江戸線 フレッシュアイペディアより)

  • 東京メトロ副都心線

    東京メトロ副都心線から見た都営地下鉄都営地下鉄

    和光市 - 小竹向原間は有楽町線と駅・線路を共用している。また、同区間の駅番号は同線と共通の数字を使っている(ほかに南北線と東京都交通局(都営地下鉄)三田線が共有している目黒 - 白金高輪間でも駅番号に共通の数字を使っている)。東京メトロ副都心線 フレッシュアイペディアより)

  • 中井駅

    中井駅から見た都営地下鉄都営地下鉄

    中井駅(なかいえき)は、東京都新宿区にある、西武鉄道・東京都交通局(都営地下鉄)の駅である。中井駅 フレッシュアイペディアより)

  • 東海大学

    東海大学から見た都営地下鉄都営地下鉄

    東京メトロ 20px|C 南北線・都営地下鉄 20px|I 三田線「白金高輪駅」下車、徒歩約8分。東海大学 フレッシュアイペディアより)

  • 京急1500形電車

    京急1500形電車から見た都営地下鉄都営地下鉄

    京急1500形電車(けいきゅう1500がたでんしゃ)は1985年(昭和60年)4月1日に営業運転を開始した京浜急行電鉄の通勤形電車。1000形の置き換え用として開発された東京都交通局(都営地下鉄)浅草線・京成電鉄・北総開発鉄道(現・北総鉄道)乗り入れ対応車両で、1993年(平成5年)までに166両が製造された。京急1500形電車 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイアールバス関東

    ジェイアールバス関東から見た都営地下鉄都営地下鉄

    都内の乗降場所の拡大も進めており、従来からのターミナルである東京駅や新宿駅に加え、王子駅、上野駅、新木場駅、谷保駅と、降車専用で池尻大橋や都営浅草駅が追加されている。市町村でのバスターミナルの設置も進んでおり、佐野新都市バスターミナルや多古台バスターミナルなどが設置されている。ジェイアールバス関東 フレッシュアイペディアより)

573件中 21 - 30件表示

「都営地下鉄」のニューストピックワード