573件中 31 - 40件表示
  • 京浜急行電鉄

    京浜急行電鉄から見た都営地下鉄都営地下鉄

    京急線乗車駅 - 品川駅の往復乗車券と、フリー区間となる京急線泉岳寺駅 - 品川駅および東京都交通局(都営地下鉄・都営バス・都電さくらトラム・日暮里・舎人ライナー、即ち都営部分は都営まるごときっぷと同等の効力)が乗降自由。泉岳寺駅をのぞく京急線各駅で販売している。1日間有効。以前は「TOKYO探索きっぷ」の名称で発売していた。京浜急行電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 成田空港問題の年表

    成田空港問題の年表から見た都営地下鉄都営地下鉄

    5月11日:友納知事が都営地下鉄と千葉県営鉄道を空港アクセスに用いることを提案。(→京成成田空港線)成田空港問題の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    東京都交通局日暮里・舎人ライナーから見た都営地下鉄都営地下鉄

    本路線と同様に東京都交通局が運営する都営地下鉄各線のような、東京メトロ(千代田線西日暮里連絡)との間での連絡割引運賃は設定されていない。東京都交通局日暮里・舎人ライナー フレッシュアイペディアより)

  • 山手線

    山手線から見た都営地下鉄都営地下鉄

    こうした新都心を相互に連結する山手線は、東京の交通網の基本路線として機能しており、戦後、私鉄が営団地下鉄(現在の東京地下鉄〈東京メトロ〉)や都営地下鉄と相互直通運転を開始し、郊外から電車が直接都心に乗り入れるようになっても、依然東京山手の副都心間を結ぶ路線等として機能している。一方で、地下鉄網の発達や並行する山手貨物線の旅客化、山手線自身の6ドア車導入による11両化により、以前よりも混雑が緩和されている(田端 - 品川間で並走する京浜東北線も最近混雑が緩和されている)。2006年度の山手線の最混雑区間は外回りの上野駅 - 御徒町駅間で、混雑率は216%だったが、2015年に開業した上野東京ラインにより、混雑率が緩和され、2016年度は200%を下回る159%である(利用状況の節も参照)。山手線 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道史 (昭和後半)

    日本の鉄道史 (昭和後半)から見た都営地下鉄都営地下鉄

    経済の発展につれて大都市への人口流入が続き、通勤客が増えた。1960年には東京地区の通勤電車は乗車率が300%を超える(総武線312%など)路線があった。この混雑解消のために国鉄は「通勤五方面作戦」を作成した。すなわち混雑のひどい「東海道本線」、「中央本線」、「総武本線」、「東北本線」、「常磐線」の5線を複々線化する計画である。地価が暴騰しつつある都市部の増線工事で、各線とも膨大な工事費を使って完成された。東京地区の私鉄と国鉄は、営団地下鉄や都営地下鉄と提携して、地下鉄の路線に郊外からの通勤電車がそのまま乗り入れる「相互直通乗り入れ方式」を策定して乗客の利便性向上とターミナル駅の混雑緩和対策とした。相互乗り入れは1960年に京成電鉄が都営地下鉄に乗り入れたのが最初で、1962年の東武鉄道の地下鉄日比谷線乗り入れ等が続いた。日本の鉄道史 (昭和後半) フレッシュアイペディアより)

  • 男性専用車両

    男性専用車両から見た都営地下鉄都営地下鉄

    2011年9月15日 東京都議会における公営企業委員会にて、都営地下鉄における男性専用車両の導入に関する陳情が出されたが、不採択とされた。男性専用車両 フレッシュアイペディアより)

  • 東武東京メトロパス

    東武東京メトロパスから見たTOKYO探索きっぷ都営地下鉄

    都営地下鉄版である『TOKYO探索きっぷ』も発売している。東武東京メトロパス フレッシュアイペディアより)

  • 東武東京メトロパス

    東武東京メトロパスから見た都営地下鉄都営地下鉄

    都営地下鉄版である『TOKYO探索きっぷ』も発売している。東武東京メトロパス フレッシュアイペディアより)

  • TX東京メトロパス

    TX東京メトロパスから見たTOKYO探索きっぷ都営地下鉄

    都営地下鉄版である『TOKYO探索きっぷ』も存在している。TX東京メトロパス フレッシュアイペディアより)

  • TX東京メトロパス

    TX東京メトロパスから見た都営地下鉄都営地下鉄

    都営地下鉄版である『TOKYO探索きっぷ』も存在している。TX東京メトロパス フレッシュアイペディアより)

573件中 31 - 40件表示

「都営地下鉄」のニューストピックワード