119件中 91 - 100件表示
  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た地方公営企業

    都営地下鉄(とえいちかてつ)は、東京都地下高速電車条例(1960年11月26日東京都条例第94号)に基づき東京都が経営する地下鉄である。モノレール・軌道・バス事業とともに地方公営企業管理者の権限下で東京都交通局が事務を行っている。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た民営化

    都営地下鉄には、過去に何度か民営化構想や帝都高速度交通営団(現・東京地下鉄)との統合構想、他社への売却構想などが出たことがある。2013年12月まで、東京都交通局の最高責任者であった当時の東京都知事の猪瀬直樹は、2012年東京都知事選挙直後に開かれた記者会見で、猪瀬の前の都知事である石原慎太郎が手がけてきた地下鉄一元化を引き続き推進していく方針を表明している。その後2013年2月20日に行われた施政方針演説の中で、猪瀬は東京地下鉄の株式を東京都が保有する形での一元化を具体的な方法論として示し、演説の時点で進められていたサービス一体化への取り組み(九段下駅ホームの改良工事や乗り継ぎ割引適用の拡大など。いずれも同年3月16日に完成または運用開始)を「経営一元化への一里塚」と位置づけた。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た東京都交通局10-300R形電車

    新宿線 - 10-000形、10-300R形都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た北総鉄道北総線

    都営地下鉄各駅(押上駅をのぞく)と押上、京成高砂連絡で北総線区間各駅との発着となる普通運賃は、3社局の併算額から大人30円、小児20円を割り引く。また、都営地下鉄各駅(同前)と北総線区間のうち大町駅 - 印旛日本医大駅間各駅との発着となる大人普通運賃については、40円を割り引く(上記の東京地下鉄線との乗り継ぎ割引が適用される場合を除く)。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た回数乗車券

    都営地下鉄では終日利用可能な普通回数券のみ発売しており、時差回数券・土日回数券・東京地下鉄や相互乗り入れ先との連絡回数券は発売していない。金額式回数券を導入しており、券面に記載された運賃の区間ならどの区間でも利用可能で、乗り越しは券面の金額と普通運賃との差額を精算する形をとっている。東京都交通局が運営する日暮里・舎人ライナーも同様の形式で回数券を発売しているが、運賃体系が異なるため都営地下鉄各線との相互利用はできない。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た標準軌

    鉄道の仕様が各路線で異なり、浅草線が標準軌、三田線が狭軌、新宿線が変則軌間、大江戸線が標準軌ベースのリニア方式が用いられている。これは建設当時、浅草線は京浜急行電鉄・京成電鉄と、三田線は東武鉄道(のちに計画段階で中止)・東京急行電鉄(および将来は相模鉄道との相互直通運転も検討中)と、新宿線は京王電鉄との相互直通運転を考慮し、各路線とも直通先の方式を採用したからである。また大江戸線は、建設費削減のためミニ地下鉄方式を採用したことによって電化方式が独特だが、標準軌であるため電気機関車の牽引により浅草線へ回送入線が可能である。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た防犯カメラ

    2017年8月以降、車両更新に合わせて順次全車両の車内に防犯カメラを設置するとしている。なお、東京メトロにおいても2018年度より、順次全車両の車内に防犯カメラを設置する予定である。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た定期乗車券

    都営地下鉄では、通勤・通学定期券のほかに全線を対象にした全線定期券も発売されている。有効期間はいずれも1か月・3か月・6か月の3種類がある。また、以下のような場合に割引が適用されている。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た泉岳寺駅

    都営地下鉄各駅(泉岳寺駅をのぞく)と泉岳寺駅連絡京急線羽田空港国際線ターミナル駅もしくは羽田空港国内線ターミナル駅との発着、または都営地下鉄各駅(押上駅をのぞく)と押上駅連絡京成線成田空港駅、もしくは空港第2ビル駅との発着となる連絡普通運賃は、2社局の併算額から大人60円、小児30円を割り引く(ただし、上記の東京地下鉄線との連絡特殊割引が適用される場合をのぞく)。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た日比谷駅

    日比谷駅及び神保町駅にエレベーターの増設やトイレの改修と同時に駅構内に商業施設を開業させるための大規模工事を実施。資産の有効活用による経営安定化がねらい。2015年度に開業予定。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

119件中 91 - 100件表示

「都営地下鉄」のニューストピックワード