119件中 51 - 60件表示
  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た自動列車停止装置

    浅草線:C-ATS(デジタル伝送を利用し、ATS-Pに匹敵する機能を持つ。2007年3月16日までは全区間で1号型ATSで、京成・新京成・北総・京急・芝山と同じだった。直通各社も芝山を除きC-ATSに更新)。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た狭軌

    鉄道の仕様が各路線で異なり、浅草線が標準軌、三田線が狭軌、新宿線が変則軌間、大江戸線が標準軌ベースのリニア方式が用いられている。これは建設当時、浅草線は京浜急行電鉄・京成電鉄と、三田線は東武鉄道(のちに計画段階で中止)・東京急行電鉄(および将来は相模鉄道との相互直通運転も検討中)と、新宿線は京王電鉄との相互直通運転を考慮し、各路線とも直通先の方式を採用したからである。また大江戸線は、建設費削減のためミニ地下鉄方式を採用したことによって電化方式が独特だが、標準軌であるため電気機関車の牽引により浅草線へ回送入線が可能である。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た都営地下鉄浅草線

    東京都特別区及びその周辺地域に浅草線、三田線、新宿線、大江戸線の4路線がある。2000年10月14日から2008年3月14日まで利用可能だったパスネットの符丁はTO。パスネット対応カードをTカードの名称で取り扱っていた。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た三田駅 (東京都)

    このほか計画路線として、浅草線の分岐線が日本橋駅 - 東京駅 - 東銀座駅で計画されており、東京駅接着ともいわれる。それと同時に、同線の蔵前駅の改築と待避線の設置も計画されている(これとは別に宝町駅と三田駅にも待避線設置が可能との調査結果が出ている)。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た小川町駅 (東京都)

    東京地下鉄と共同で、案内サインシステムの更新を行っている。以前は小川町駅などで見られるタイプへの更新がされていた。しかし2007年末から、東京地下鉄のものにやや似た、新宿三丁目駅などで見られるタイプのサインへの更新が行われている。東京地下鉄に似たタイプのサインから、ローマ字のマクロンが省略されるようになった(「東京地下鉄」も参照)。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た成田空港駅

    都営地下鉄各駅(泉岳寺駅をのぞく)と泉岳寺駅連絡京急線羽田空港国際線ターミナル駅もしくは羽田空港国内線ターミナル駅との発着、または都営地下鉄各駅(押上駅をのぞく)と押上駅連絡京成線成田空港駅、もしくは空港第2ビル駅との発着となる連絡普通運賃は、2社局の併算額から大人60円、小児30円を割り引く(ただし、上記の東京地下鉄線との連絡特殊割引が適用される場合をのぞく)。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見たTカード

    東京都特別区及びその周辺地域に浅草線、三田線、新宿線、大江戸線の4路線がある。2000年10月14日から2008年3月14日まで利用可能だったパスネットの符丁はTO。パスネット対応カードをTカードの名称で取り扱っていた。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た東京都交通局E5000形電気機関車

    浅草線 - 5300形、E5000形(電気機関車)都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た東銀座駅

    このほか計画路線として、浅草線の分岐線が日本橋駅 - 東京駅 - 東銀座駅で計画されており、東京駅接着ともいわれる。それと同時に、同線の蔵前駅の改築と待避線の設置も計画されている(これとは別に宝町駅と三田駅にも待避線設置が可能との調査結果が出ている)。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た東京都副知事

    2010年6月19日に行われた東京地下鉄株主総会では東京都副知事(当時)の猪瀬直樹が出席し、両者の統合に関して協議を続けるように主張した。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

119件中 51 - 60件表示

「都営地下鉄」のニューストピックワード