135件中 51 - 60件表示
  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た東京都交通局日暮里・舎人ライナー

    都営地下鉄・都営バス・都電荒川線・日暮里・舎人ライナーの全線に、1日限りで何回でも乗車できる。大人700円・小児350円。これは、東京地下鉄線およびJR線に比べて地下鉄普通運賃が割高であることや、都営バスの広い路線網から、割安に利用できる機会の多いものである。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た白金高輪駅

    目黒駅 - 白金高輪駅相互間の運賃は、現在は都営地下鉄より低廉な東京地下鉄の運賃を同局も適用する(目黒 - 白金高輪間160円)。同区間の都営線回数券(1,600円)も発売される。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た目黒駅

    目黒駅 - 白金高輪駅相互間の運賃は、現在は都営地下鉄より低廉な東京地下鉄の運賃を同局も適用する(目黒 - 白金高輪間160円)。同区間の都営線回数券(1,600円)も発売される。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た羽田空港国内線ターミナル駅

    都営地下鉄各駅(泉岳寺駅を除く)と泉岳寺駅連絡京急線羽田空港国際線ターミナル駅もしくは羽田空港国内線ターミナル駅との発着、または都営地下鉄各駅(押上駅を除く)と押上駅連絡京成線成田空港駅、もしくは空港第2ビル駅との発着となる連絡普通運賃は、2社局の併算額から大人60円、小児30円を割り引く(ただし、上記の東京地下鉄線との連絡特殊割引が適用される場合を除く)。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た自動列車制御装置

    三田線・大江戸線:CS-ATC(三田線は1999年12月2日まではT型ATS(※注))※注:T型ATS=かつて乗り入れ予定のあった東武鉄道と、共同開発したパターン型ATS都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た押上駅

    都営地下鉄各駅(泉岳寺駅を除く)と泉岳寺駅連絡京急線羽田空港国際線ターミナル駅もしくは羽田空港国内線ターミナル駅との発着、または都営地下鉄各駅(押上駅を除く)と押上駅連絡京成線成田空港駅、もしくは空港第2ビル駅との発着となる連絡普通運賃は、2社局の併算額から大人60円、小児30円を割り引く(ただし、上記の東京地下鉄線との連絡特殊割引が適用される場合を除く)。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た自動列車停止装置

    浅草線:一部区間のみC-ATS(デジタル伝送を利用し、ATS-Pに匹敵する機能を持つ。2007年3月16日までは全区間で1号型ATSで、京成・新京成・北総・京急・芝山と同じだった。直通各社も2010年度までにC-ATSに更新準備中)。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た狭軌

    乗入他者軌間及び構造の都合で、浅草線が標準軌、三田線が狭軌、新宿線が変則軌間、大江戸線が標準軌ベースのリニア方式となっているため、自力走行できるような互換性がない。これは建設当時、浅草線は京浜急行電鉄・京成電鉄と、三田線は東武鉄道(のちに計画段階で中止)・東京急行電鉄と、新宿線は京王電鉄との相互直通運転を考慮し、各路線とも直通先の方式を採用したからである。また大江戸線は、建設費削減のためミニ地下鉄方式を採用したことによって電化方式が独特だが、標準軌であるため浅草線へ回送入線が可能である。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た都営地下鉄浅草線

    東京都特別区及びその周辺地域に浅草線、三田線、新宿線、大江戸線の4路線がある。2000年10月14日から2008年3月14日まで利用可能だったパスネットの符丁はTO。パスネット対応カードをTカードの名称で取り扱っていた。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た三田駅 (東京都)

    この他、京成成田空港線の開業と併せた計画路線として、浅草線の分岐線が日本橋駅 - 東京駅 - 東銀座駅で計画されており、東京駅接着ともいわれる。それと同時に、同線の蔵前駅の改築と待避線の設置も計画されている(これとは別に宝町駅と三田駅にも待避線設置が可能との調査結果が出ている)。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

135件中 51 - 60件表示

「都営地下鉄」のニューストピックワード