119件中 81 - 90件表示
  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た都営地下鉄三田線

    東京都特別区及びその周辺地域に浅草線、三田線、新宿線、大江戸線の4路線がある。2000年10月14日から2008年3月14日まで利用可能だったパスネットの符丁はTO。パスネット対応カードをTカードの名称で取り扱っていた。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た急行列車

    通常、駅を通過するのは回送列車・試運転列車のほかに、営業運転では浅草線のエアポート快特と新宿線の急行のみ。それ以外はすべて各駅に停車する。浅草線と新宿線では列車が通過する際に警報音をホームで鳴打する。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た日本の地下鉄

    鉄道の仕様が各路線で異なり、浅草線が標準軌、三田線が狭軌、新宿線が変則軌間、大江戸線が標準軌ベースのリニア方式が用いられている。これは建設当時、浅草線は京浜急行電鉄・京成電鉄と、三田線は東武鉄道(のちに計画段階で中止)・東京急行電鉄(および将来は相模鉄道との相互直通運転も検討中)と、新宿線は京王電鉄との相互直通運転を考慮し、各路線とも直通先の方式を採用したからである。また大江戸線は、建設費削減のためミニ地下鉄方式を採用したことによって電化方式が独特だが、標準軌であるため電気機関車の牽引により浅草線へ回送入線が可能である。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た印旛日本医大駅

    都営地下鉄各駅(押上駅をのぞく)と押上、京成高砂連絡で北総線区間各駅との発着となる普通運賃は、3社局の併算額から大人30円、小児20円を割り引く。また、都営地下鉄各駅(同前)と北総線区間のうち大町駅 - 印旛日本医大駅間各駅との発着となる大人普通運賃については、40円を割り引く(上記の東京地下鉄線との乗り継ぎ割引が適用される場合を除く)。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見たサービス

    車内や駅のコンコース、ホームでAMラジオ放送が聴取可能である(東京地下鉄やJR・私鉄の地下部分は不可。また三田線の白金高輪 - 目黒間は東京地下鉄が施設を管理する区間のため不可)。このサービスは、1993年9月に浅草線の一部区間で試験を行い、翌1994年11月より全線で本格実施となった。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た硬貨

    前売り券は、他社管理の押上駅・目黒駅・白金台駅・白金高輪駅・新宿線新宿駅をのぞく各駅の窓口・定期券発売所、都電・都バス営業所・支所・分駐所で購入できる。購入日から、6か月以内の1日に限り使用できる。前売り券はスクラッチ式になっており、乗車する日付の部分を硬貨などで削って使用する。また、非磁気券のため自動改札機は通れず、改札口の駅係員に日付を見せて利用することになる。以前は大人・小児別々の券を発行していたが、現在は大人・小児同一の券を発行している。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た日本橋駅 (東京都)

    このほか計画路線として、浅草線の分岐線が日本橋駅 - 東京駅 - 東銀座駅で計画されており、東京駅接着ともいわれる。それと同時に、同線の蔵前駅の改築と待避線の設置も計画されている(これとは別に宝町駅と三田駅にも待避線設置が可能との調査結果が出ている)。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た上下分離方式

    一連の統合議論の発端となったのが、2009年6月26日のJNN(TBS系列)のニュースで、東京都交通局が東京地下鉄との統合交渉を行い、東京地下鉄の株式上場を条件に上下分離方式(東京地下鉄が第二種鉄道事業者で東京都交通局が第三種事業者にする方式が有力)で統合する覚書に合意したと報じられた。2009年度に計画されている東京地下鉄の株式上場が統合の条件で、株価の動向次第では先送りされる可能性があるとも報じられている。JNNのカメラ取材に対し、当時の都知事であった石原は「覚書は交わしたんだけど、それ(統合)は時期の問題、タイミングの問題でしょう。ユーザーのためには絶対そう(統合)すべきだと思います」とコメントしている。さらに、6月29日には続報として、株式上場後も最終的な割合で国23%、東京都20%の出資を維持することで調整を進めていると伝えた。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た赤字

    経営状況は、2004年(平成16年)度は約134億7,000万円の赤字、2005年度で約38億7300万円の赤字と、長年赤字に苦しんでいた。しかし近年に赤字幅が大幅に減少し、地下鉄事業を始めてから47年目である2006年度に25億2800万円の初の純利益を計上しし、黒字に転換した。以来毎年、黒字を継続しており、莫大な累積欠損金を少しずつ削減している。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 都営地下鉄

    都営地下鉄から見た九段下駅

    都営地下鉄には、過去に何度か民営化構想や帝都高速度交通営団(現・東京地下鉄)との統合構想、他社への売却構想などが出たことがある。2013年12月まで、東京都交通局の最高責任者であった当時の東京都知事の猪瀬直樹は、2012年東京都知事選挙直後に開かれた記者会見で、猪瀬の前の都知事である石原慎太郎が手がけてきた地下鉄一元化を引き続き推進していく方針を表明している。その後2013年2月20日に行われた施政方針演説の中で、猪瀬は東京地下鉄の株式を東京都が保有する形での一元化を具体的な方法論として示し、演説の時点で進められていたサービス一体化への取り組み(九段下駅ホームの改良工事や乗り継ぎ割引適用の拡大など。いずれも同年3月16日に完成または運用開始)を「経営一元化への一里塚」と位置づけた。都営地下鉄 フレッシュアイペディアより)

119件中 81 - 90件表示

「都営地下鉄」のニューストピックワード