前へ 1 2 3
25件中 1 - 10件表示
  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た鄭大世鄭大世

    名古屋から獲得したGK川島永嗣は全34試合フル出場を果たし、我那覇に代わり先発で起用されたプロ2年目の鄭大世は12得点と飛躍、22得点のジュニーニョは2004年のJ2に続きJ1でも得点王に輝き、リーグ2位の計66得点を挙げた一方、失点はリーグ11位の48失点に上り、前年を下回る5位でシーズンを終了した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 李彰剛

    李彰剛から見た鄭大世鄭大世

    愛知朝鮮第二初級学校時代に従兄弟1人、弟2人と共に蹴球部に所属。初級部時代は身長は高くなかったが、指導者の勧めでゴールキーパーとしてプレーし始めた。当時のチームメイトにFCケルンの鄭大世がおり、初級学校から高級学校まで共にプレーした。李が同校史上3人目のJリーガー。1人目は鄭容臺(元横浜FCなど)で2人目が鄭大世。李彰剛 フレッシュアイペディアより)

  • チョンテセ

    チョンテセから見た鄭大世鄭大世

    チョンテセ フレッシュアイペディアより)

  • チョン・テセ

    チョン・テセから見た鄭大世鄭大世

    チョン・テセ フレッシュアイペディアより)

  • 剃毛

    剃毛から見たチョン・テセ鄭大世

    テレビ朝日系列のサッカー番組、『やべっちFC』(2010年12月12日OA)でMCの矢部浩之と日本代表の香川真司が対談した際、香川が「下の毛は剃るじゃないですか」と発言し、矢部と前田有紀アナウンサーを驚かせた。同番組では、北朝鮮代表のチョン・テセ選手も、陰毛を剃毛していることを公言した。剃毛 フレッシュアイペディアより)

  • 吉原慎也

    吉原慎也から見た鄭大世鄭大世

    朝鮮語会話を得意とし、吉原本人は鄭大世とはいつも朝鮮語で会話をしていたと、自身のブログで明らかにしている。吉原の「恩恵を受けた」韓国人選手もおり、例えば李根鎬はジュビロ磐田在籍中、吉原のおかげでチームに速く馴染む事ができたとインタビューで語っている。また柏レイソル在籍中、入院のため試合に帯同できなくなった朴東赫の通訳の代理を務めたこともある。吉原慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 1984年のスポーツ

    1984年のスポーツから見た鄭大世鄭大世

    3月2日 - 鄭大世(愛知県、サッカー)1984年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 関塚隆

    関塚隆から見たチョン・テセ鄭大世

    我那覇和樹を日本代表にまで育て上げ、チョン・テセも北朝鮮代表のフォワードとしてワールドカップ出場権を獲得するまでに成長し、川崎はJ1リーグで屈指の攻撃力を持つチームとなった。また攻撃的ミッドフィールダーだった中村憲剛や左サイドバックだった相馬直樹をボランチで起用するなどのコンバートも成功させ、中村は日本代表でも主力選手の一人として重用されるようになった。守備面では伝統的に3バックを採用していた川崎で鹿島と同じ4バックを導入し、センターバックの箕輪義信や寺田周平も日本代表に選ばれた。関塚隆 フレッシュアイペディアより)

  • 多摩川クラシコ

    多摩川クラシコから見た鄭大世鄭大世

    多摩川クラシコでのハットトリックは、2000年7月8日の対戦(第6回)でFC東京のFWアマラオ、2007年10月28日の対戦(第12回)で川崎のFW鄭大世がそれぞれ記録している。なお、アマラオはクラシコに含まれない旧JFLの1997年第21節(9月29日)に延長でのVゴールを含む4得点を記録し、最終順位で東京ガスが川崎フロンターレを抑え2位に入る結果に大きく貢献した。これ以来、アマラオは「キング・オブ・トーキョー」の愛称でも呼ばれるようになった。多摩川クラシコ フレッシュアイペディアより)

  • 黒津勝

    黒津勝から見た鄭大世鄭大世

    2010年7月、エースであった鄭大世がVfLボーフムへ移籍したことにより、先発として起用されるようになる。8月7日放送の『スーパーサッカー』で「鄭大世の穴を埋める存在」として紹介された。8月24日に長女が誕生したことを発表した。黒津勝 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
25件中 1 - 10件表示

「鄭大世」のニューストピックワード