前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示
  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た鄭大世鄭大世

    2004年以来11年ぶりの2ステージ制となった本年では、1stステージ3勝4分10敗の勝ち点13の最下位とクラブ史上最低の成績となり、2ndステージ第5戦目後に成績不振を理由に大榎克己が監督を辞任。後任に大分監督退任後にヘッドコーチに就任していた田坂和昭が就任。8月に鄭大世が完全移籍で、角田誠が期限付き移籍で加入したが、10月17日のセカンドステージ第14節仙台戦に敗れ、15位新潟がその日の夜の試合に勝利したことから年間順位16位以下が確定、クラブ史上初のJ2降格が決定した。2ndステージ第13節から、シーズン4度目の年間通算最下位となっていたが、同16節、同じくJ2降格が決定していた山形に勝利、2ndステージ2勝目を挙げると同時に年間通算勝点で山形に並び、最終節甲府戦で引き分け、同節で山形が敗れたことにより、年間最終順位で山形を抜き17位に終わった。シーズン終了をもって田坂が監督を辞任。清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た鄭大世鄭大世

    名古屋から獲得したGK川島永嗣は全34試合フル出場を果たし、我那覇に代わり先発で起用されたプロ2年目の鄭大世は12得点と飛躍、22得点のジュニーニョは2004年のJ2に続きJ1でも得点王に輝き、リーグ2位の計66得点を挙げた一方、失点はリーグ11位の48失点に上り、前年を下回る5位でシーズンを終了した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 2016年J2第41節・最終節

    2016年J2第41節・最終節から見た鄭大世鄭大世

    そのまま9月まで首位を続けていた札幌だったが、10月に入るとシーズン初の連敗を含む1勝2分2敗と失速。第40節が終わった時点でも自動昇格が決定しておらず、FW高崎寛之・MFパウリーニョの加入などで後半16戦無敗(9勝7分)の松本が札幌と勝ち点差なしの2位、エースFW大前元紀が大怪我から復帰、J2得点ランク1位の鄭大世との2トップを中心に得点を量産し7連勝で猛追する清水が札幌と勝ち点差3の3位まで迫ってきた。2016年J2第41節・最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 李彰剛

    李彰剛から見た鄭大世鄭大世

    愛知朝鮮第二初級学校 時代に従兄弟1人、弟2人と共に蹴球部に所属。初級部時代は身長は高くなかったが、指導者の勧めでゴールキーパーとしてプレーし始めた。当時のチームメイトに鄭大世がおり、初級学校から高級学校まで共にプレーした。李が同校史上3人目のJリーガー。1人目は鄭容臺(元横浜FCなど)で2人目が鄭大世。李彰剛 フレッシュアイペディアより)

  • チョンテセ

    チョンテセから見た鄭大世鄭大世

    チョンテセ フレッシュアイペディアより)

  • チョン・テセ

    チョン・テセから見た鄭大世鄭大世

    チョン・テセ フレッシュアイペディアより)

  • 金功榛

    金功榛から見た鄭大世鄭大世

    元VfLボーフムの鄭大世らと並び、UEFA圏でのプレー経験がある数少ない北朝鮮国籍の選手であり、同国代表の車正赫とはFCヴィル1900でチームメイトだった。金功榛 フレッシュアイペディアより)

  • NHK出版新書

    NHK出版新書から見た鄭大世鄭大世

    ザイニチ魂! 三つのルーツを感じて生きる(鄭大世NHK出版新書 フレッシュアイペディアより)

  • 東春朝鮮初級学校

    東春朝鮮初級学校から見た鄭大世鄭大世

    鄭大世(サッカー選手)東春朝鮮初級学校 フレッシュアイペディアより)

  • 高畠勉

    高畠勉から見た鄭大世鄭大世

    2009年には体調が回復した関塚の監督復帰に伴い、一度はヘッドコーチ職に復帰。シーズン終了後、タイトルを逃した事を理由に契約更新を断って辞任した関塚に代わり、2010年シーズンから再度川崎の監督に就任した。しかし、シーズン途中に川島永嗣、鄭大世、レナチーニョらの主力が相次いで海外移籍した影響もあって苦戦。タイトルは獲得できず、リーグ戦順位も5位に終わってAFCチャンピオンズリーグ出場権を逃し、同年限りで退任した。高畠勉 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示

「鄭大世」のニューストピックワード