25件中 11 - 20件表示
  • 高畠勉

    高畠勉から見た鄭大世鄭大世

    2009年には体調が回復した関塚の監督復帰に伴い、一度はヘッドコーチ職に復帰。シーズン終了後、タイトルを逃した事を理由に契約更新を断って辞任した関塚に代わり、2010年シーズンから再度川崎の監督に就任した。しかし、シーズン途中に川島永嗣、鄭大世、レナチーニョらの主力が相次いで海外移籍した影響もあって苦戦。タイトルは獲得できず、リーグ戦順位も5位に終わってAFCチャンピオンズリーグ出場権を逃し、同年限りで退任した。高畠勉 フレッシュアイペディアより)

  • 烏川耕一

    烏川耕一から見た鄭大世鄭大世

    2010年12月11日放送分では、烏川はヤクザ役を演じていて、缶太郎役の辻本茂雄から「金正日さま」といじられ、「総書記ちゃう」と言ってツッコミを入れた。その後、北朝鮮関係のネタの幅が広がり、2011年2月12日はすっちーから「金正男」といじられる。それに呼応して、内場勝則は朝鮮人民軍の兵隊の行進を真似し、未知やすえはアナウンサーの物真似をする。その上更に、「チョン・テセ役で映画に出る」といじられる。ほかにも、2011年3月19日の放送では、「金正恩」といじられる。本人もこれを受け、2度目に登場する時は「アンニョンハセヨ?(朝鮮語で“こんにちは”の意)」と挨拶して共演者をずっこけさせる。同年7月30日の放送では、中田はじめに予定を聞かれた時、「この後は平壌で首脳会談」と答えている。同年11月5日の放送では、中川貴志からサングラスを渡され、「マンセー(朝鮮語で“万歳”の意)」と中川に言われ、内場、中川らに金正日の拍手の真似をされ、「金正日をすな」、「上から下を切るな」とツッコミを入れた。金正日の死後、一時期この類のネタは使われなかったが、最近また復活している。2013年2月2日の放送では、舞台が客船であった上に烏川自身が乗組員(に化けた刑事)だった為、すっちーから「私ら何時の間に万景峰号乗ってたんやったっけ?」と弄られた。烏川耕一 フレッシュアイペディアより)

  • 東春朝鮮初級学校

    東春朝鮮初級学校から見た鄭大世鄭大世

    鄭大世(サッカー選手)東春朝鮮初級学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中村憲剛

    中村憲剛から見た鄭大世鄭大世

    2008年9月25日に長男が誕生した。直後の柏レイソル戦でゴールを決め「ゆりかごダンス」を披露した。これが中村自身のFKからのゴールを含め3回(試合は5-2で勝利)にも及んだことでチームメートの鄭大世に「一体、何人生まれたんだ?」と突っ込まれた。2010年4月8日に長女が誕生した。子煩悩であり、2010年8月には月刊誌『すてきな奥さん』(主婦と生活社)の取材を受けた。中村憲剛 フレッシュアイペディアより)

  • 谷尾昂也

    谷尾昂也から見た鄭大世鄭大世

    米子北高2年時の高校総体では6得点をあげ得点王に輝く。2011年、川崎フロンターレに入団。クラブ幹部からはドイツ・ブンデスリーガ2部のボーフムに移籍した鄭大世の代わりになる選手として期待される。谷尾昂也 フレッシュアイペディアより)

  • 川島永嗣

    川島永嗣から見た鄭大世鄭大世

    2008年2月17日、東アジアサッカー選手権・対北朝鮮戦でA代表デビューを果たした。しかし、川崎のチームメイト(当時)である鄭大世にゴールを決められる複雑なデビューとなった。川島永嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 梁勇基

    梁勇基から見た鄭大世鄭大世

    2009年に北朝鮮代表が東アジア選手権予選で敗退した際、出場していた同じ在日朝鮮人の鄭大世が梁を待望するコメントを出している。北朝鮮代表が44年ぶりのW杯に挑む2010年、いわゆるBチームではあるが代表に2年ぶりに招集され、AFCチャレンジカップ2010優勝に大きく貢献。大会得点王及びMVPを獲得した。梁勇基 フレッシュアイペディアより)

  • 金功榛

    金功榛から見た鄭大世鄭大世

    元VfLボーフムの鄭大世らと並び、UEFA圏でのプレー経験がある数少ない北朝鮮国籍の選手であり、同国代表の車正赫とはFCヴィル1900でチームメイトだった。金功榛 フレッシュアイペディアより)

  • 金明元

    金明元から見た鄭大世鄭大世

    2003年に鴨緑江体育団でキャリアをスタートさせて以降、鴨緑江体育団一筋でプレーするストライカー。2010 FIFAワールドカップのアジア予選では、鄭大世とともに北朝鮮代表のFWとして活躍し、北朝鮮を本大会出場に導いた。金明元 フレッシュアイペディアより)

  • 飯倉大樹

    飯倉大樹から見た鄭大世鄭大世

    9月6日、ヤマザキナビスコカップ準決勝2ndlegの川崎フロンターレ戦で、川崎のジュニーニョの遅延行為(直前に鄭大世のファウルにより、ホイッスルが鳴っているにもかかわらず、プレーを続けようとしていたこと)に対して激高。ジュニーニョを後ろから突き飛ばし退場処分を受けた。その後も執拗に抗議して、主審の胸を両手で押した。さらには交代枠が無くなったために水沼宏太が急遽GKを務めたが、そのジュニーニョに同点ゴールを決められ敗退するきっかけを作ってしまった。このプレーに対して9月11日、Jリーグは公式戦6試合の出場停止処分(J1リーグ戦5試合+天皇杯全日本選手権2回戦+サテライトリーグ1試合)を科した。飯倉大樹 フレッシュアイペディアより)

25件中 11 - 20件表示

「鄭大世」のニューストピックワード