42件中 21 - 30件表示
  • 2017年のJ1リーグ

    2017年のJ1リーグから見た鄭大世鄭大世

    一方、J1残留争いでは、第28節終了(残り6試合)の時点で13位清水・14位札幌・15位広島・16位甲府・17位大宮・18位新潟の6チームに絞られており、この中でFWラファエル・シルバやMFレオ・シルバなどの主力選手が抜け、開幕10節でわずか1勝(2分け7敗)しか挙げられず、シーズン早々に招聘したばかりの三浦文丈を解任し呂比須ワグナーを招聘するも第13節から16試合未勝利(4分け12敗)を喫するなどシーズン終盤まで低迷から抜け出せなかった新潟が第32節で他会場の結果により16位以下が決定した一方で、札幌は残留を争う清水を下して16年ぶりのJ1残留が決定(最終的に仙台・FC東京を抜いて11位まで浮上)。翌第33節には、FW佐藤寿人の移籍、MF森崎浩司の引退でチームの大黒柱が抜け、世代交代がうまくいかず森保一の退任もカンフル剤とならなかった広島がFC東京を下してなんとか残留を決め、一方で前年5位ながらもMF家長昭博やMF泉澤仁といった主力選手流出の穴を埋めきれず、シーズン2度の監督解任や夏の補強も実らず、この日残留を争う甲府と引き分けた大宮の17位以下が確定。最終節は大黒柱FW鄭大世の長期離脱などもあり残留争いの直接対決でことごとく星を落として最後まで残留争いから抜け出せなかった15位清水と、吉田達磨を招聘しカウンター重視の戦い方からの脱却を図ったものの、多数補強した外国人選手がなかなかフィットせず、チームとしての決定力不足が著しかった16位甲府の争いとなったが、清水がアウェイで神戸を下し(広島が柏に敗れたため14位に浮上)、甲府がホームで仙台に勝利するも清水に届かず、清水の残留と甲府の16位(降格)が決まった。なお、J1昇格チームが3チーム揃って残留を決める(1年でのJ2再降格無し)のはJ1とJ2の入れ替えチームが3チームになった2005年以降で初めてである。2017年のJ1リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 白崎凌兵

    白崎凌兵から見た鄭大世鄭大世

    2016年、チーム最多のスルーパス、高い技術と豊富な運動量で攻撃に連動性をもたらし鄭大世と大前元紀の得点量産に繋いでJ1復帰に貢献。白崎凌兵 フレッシュアイペディアより)

  • 金明元

    金明元から見た鄭大世鄭大世

    2003年に鴨緑江体育団でキャリアをスタートさせて以降、鴨緑江体育団一筋でプレーするストライカー。2010 FIFAワールドカップのアジア予選では、鄭大世とともに北朝鮮代表のFWとして活躍し、北朝鮮を本大会出場に導いた。金明元 フレッシュアイペディアより)

  • 渡部博文

    渡部博文から見た鄭大世鄭大世

    AFCチャンピオンズリーグ2013グループリーグ第4戦水原三星ブルーウィングス戦で渡部のマークを受けた鄭大世は、試合後「ヘディングの競り合いでほとんど勝てなかった。23番(渡部)、すごい良い選手。すごいヘディングが強い」と脱帽していた。渡部博文 フレッシュアイペディアより)

  • VfLボーフム

    VfLボーフムから見た鄭大世鄭大世

    2008年に小野伸二、2010年に鄭大世、2011年に乾貴士、2012年に田坂祐介が加入、2017年の冬の移籍期間中には齋藤学に関心を示すなど、日本人あるいは日本とゆかりのある選手の獲得にも積極的である。VfLボーフム フレッシュアイペディアより)

  • 黒津勝

    黒津勝から見た鄭大世鄭大世

    2010年7月、エースであった鄭大世がVfLボーフムへ移籍したことにより、先発起用される。この年、自己最多の8得点を記録した。8月24日に長女が誕生したことを発表した。黒津勝 フレッシュアイペディアより)

  • 関塚隆

    関塚隆から見たチョン・テセ鄭大世

    我那覇和樹を日本代表にまで育て上げ、チョン・テセも北朝鮮代表のフォワードとしてワールドカップ出場権を獲得するまでに成長し、川崎はJ1リーグで屈指の攻撃力を持つチームとなった。また攻撃的ミッドフィールダーだった中村憲剛や左サイドバックだった相馬直樹をボランチで起用するなどのコンバートも成功させ、中村は日本代表でも主力選手の一人として重用されるようになった。守備面では伝統的に3バックを採用していた川崎で鹿島と同じ4バックを導入し、センターバックの箕輪義信や寺田周平も日本代表に選ばれた。関塚隆 フレッシュアイペディアより)

  • 関塚隆

    関塚隆から見た鄭大世鄭大世

    2016年、開幕から第8節まで、第2節終了時に一旦10位となったのを除き1桁順位をキープ、第8節終了時でもプレーオフ圏内の6位だったが、第9節レノファ山口戦で敗れ10位に転落して以降、プレーオフ圏内の6位以上に戻す事が出来ず、第11節から第19節まで9試合負けなし(3勝6分)だったものの順位は8位から12位の間を推移、第20節から3連敗、その後1勝1分で迎えた7月24日、第25節対清水戦で、前半27分までに0-2とされた所から84分までに3ゴールを挙げ逆転したものの、試合終了直前からアディショナルタイムの5分間に2ゴールを与え再逆転を許し敗戦、翌7月25日、成績不振のため解任された。清水戦で決勝ゴールを決めたのはかつての愛弟子である鄭大世だったため、鄭大世は自身のTwitterで「関塚監督の解任に目を疑いました。 皮肉にも僕のゴールで引導を渡す形になってしまい胸が痛いです」と率直な心境を明かし、決勝ゴールについては「それなら昨日じゃなくてもよかったけど勝負の世界なので相手を気遣う余裕はなくそれは関塚監督が一番わかってくれてると思います」と語った。関塚隆 フレッシュアイペディアより)

  • 等々力陸上競技場

    等々力陸上競技場から見た鄭大世鄭大世

    茨城県鹿嶋市のカシマスタジアムで行われた第1戦を0-1で落としたフロンターレは、準々決勝敗退が濃厚となった後半ロスタイムの4分にジュニーニョが起死回生の同点弾を挙げ2試合合計1-1にし延長戦に持ち込んだ。その後、延長前半で当時フロンターレに在籍していたレナチーニョ、鄭大世のゴールが決まり、2年ぶりの準決勝に進出した。等々力陸上競技場 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮大学校 (日本)

    朝鮮大学校 (日本)から見た鄭大世鄭大世

    鄭大世(サッカー選手、清水エスパルス、朝鮮民主主義人民共和国代表)朝鮮大学校 (日本) フレッシュアイペディアより)

42件中 21 - 30件表示

「鄭大世」のニューストピックワード