61件中 11 - 20件表示
  • 鄭大世

    鄭大世から見た李彰剛

    母校の愛知朝鮮中高級学校を度々訪れ蹴球部の指導をしている。またファジアーノ岡山の李彰剛とは初級学校から高級学校までチームメイトであり親交が深い。2歳上の兄はゴールキーパーであり、韓国のナショナルリーグに所属している。鄭大世 フレッシュアイペディアより)

  • 鄭大世

    鄭大世から見た鄭容臺

    Jリーグでは通常の外国人枠とは別に各クラブ1名まで出場することができる準外国籍選手枠(在日枠)を活用して入団。なお、同制度は日本の学校を卒業した者を対象としているため、鄭は朝鮮大学校在学中に通信制のクラーク記念国際高等学校にダブルスクールし、日本の高校を卒業している。鄭の川崎入団に伴い、それまで同クラブの準外国人枠選手だった鄭容臺が期限付き移籍終了により退団した。鄭大世 フレッシュアイペディアより)

  • 鄭大世

    鄭大世から見たフランシスマール・カリオカ・デ・オリベイラ

    Jリーグの試合や日本サッカー協会が主催する天皇杯全日本サッカー選手権では、他の外国人とは別扱いで参加できたが、2007年のAFCチャンピオンズリーグでは同僚のブラジル人選手達との登録枠争いが生じた。結果としては負傷で苦しむフランシスマールが外れ、鄭が出場可能となった。2009年シーズンからはAFCチャンピオンズリーグ等でアジア・クウォータ制が採用され、Jリーグとの差は解消された。鄭大世 フレッシュアイペディアより)

  • 鄭大世

    鄭大世から見た川崎フロンターレ

    愛知朝鮮第二初級学校(日本の小学校に相当)4年生の時にサッカーを始める。朝鮮大学校体育学部に在籍し、蹴球部所属時には東京都大学サッカーリーグ下部でプレーする傍ら、サッカー代理人契約を結んだ田邊伸明の紹介を受け、プロ入りを目指してJリーグの数チームで練習生として参加。川崎フロンターレの練習に参加した際の、専修大学との練習試合で挙げた5得点などが評価され、卒業後の2006年に川崎に入団した(同大学から直接Jリーグへ進んだのは鄭が初めてである)。鄭大世 フレッシュアイペディアより)

  • 鄭大世

    鄭大世から見た国際サッカー連盟

    鄭大世は父親の国籍と同じく韓国籍だが、朝鮮学校で教育を受けたため心の祖国は北朝鮮であり、かねてから「ずっと祖国(北朝鮮)の代表になりたかった」と語っていた。そのため韓国籍を放棄して朝鮮籍を取得しようとしたが、韓国政府は北朝鮮を国家として承認していないため拒否され、在日本朝鮮人蹴球協会の助けを得て、韓国籍のまま北朝鮮のパスポートを取得し、FIFA(国際サッカー連盟)に北朝鮮代表としての出場を認めさせている。スポーツライターの慎武宏は、韓国籍ながら北朝鮮代表として出場する鄭大世の人生について「歴史が生んだ矛盾」だと語っている。鄭大世 フレッシュアイペディアより)

  • 鄭大世

    鄭大世から見た名古屋市

    鄭 大世(チョン・テセ、、1984年3月2日 - )は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表のサッカー選手。ポジションはフォワード (FW) 。Kリーグクラシック(Kリーグ1部)・水原三星ブルーウィングス所属。韓国籍、愛知県名古屋市生まれの在日コリアン(3世)。鄭大世 フレッシュアイペディアより)

  • 鄭大世

    鄭大世から見たファジアーノ岡山

    母校の愛知朝鮮中高級学校を度々訪れ蹴球部の指導をしている。またファジアーノ岡山の李彰剛とは初級学校から高級学校までチームメイトであり親交が深い。2歳上の兄はゴールキーパーであり、韓国のナショナルリーグに所属している。鄭大世 フレッシュアイペディアより)

  • 鄭大世

    鄭大世から見たVfLボーフム

    2010年6月ワールドカップのグループリーグ第1戦にて、FIFAランキング1位で優勝候補に挙げられたブラジルと対戦。ブラジルの圧倒的有利が予想されたが、0-2のビハインドから北朝鮮のゴールをヘディングでアシストするも、試合は1-2で敗れた。ワールドカップ後にドイツ・ブンデスリーガ2部のボーフムへ2年契約(1年間の延長オプション付き)で移籍が決定した。鄭大世 フレッシュアイペディアより)

  • 鄭大世

    鄭大世から見たFIFAランキング

    2010年6月ワールドカップのグループリーグ第1戦にて、FIFAランキング1位で優勝候補に挙げられたブラジルと対戦。ブラジルの圧倒的有利が予想されたが、0-2のビハインドから北朝鮮のゴールをヘディングでアシストするも、試合は1-2で敗れた。ワールドカップ後にドイツ・ブンデスリーガ2部のボーフムへ2年契約(1年間の延長オプション付き)で移籍が決定した。鄭大世 フレッシュアイペディアより)

  • 鄭大世

    鄭大世から見た天皇杯全日本サッカー選手権大会

    Jリーグの試合や日本サッカー協会が主催する天皇杯全日本サッカー選手権では、他の外国人とは別扱いで参加できたが、2007年のAFCチャンピオンズリーグでは同僚のブラジル人選手達との登録枠争いが生じた。結果としては負傷で苦しむフランシスマールが外れ、鄭が出場可能となった。2009年シーズンからはAFCチャンピオンズリーグ等でアジア・クウォータ制が採用され、Jリーグとの差は解消された。鄭大世 フレッシュアイペディアより)

61件中 11 - 20件表示

「鄭大世」のニューストピックワード

  • 東京コミックコンベンション(東京コミコン) 2016

  • トークイベント

  • 東京コミックコンベンション(東京コミコン)2016