61件中 51 - 60件表示
  • 鄭大世

    鄭大世から見た朝鮮大学校 (日本)

    愛知朝鮮第二初級学校(日本の小学校に相当)4年生の時にサッカーを始める。朝鮮大学校体育学部に在籍し、蹴球部所属時には東京都大学サッカーリーグ下部でプレーする傍ら、サッカー代理人契約を結んだ田邊伸明の紹介を受け、プロ入りを目指してJリーグの数チームで練習生として参加。川崎フロンターレの練習に参加した際の、専修大学との練習試合で挙げた5得点などが評価され、卒業後の2006年に川崎に入団した(同大学から直接Jリーグへ進んだのは鄭が初めてである)。鄭大世 フレッシュアイペディアより)

  • 鄭大世

    鄭大世から見たダブルスクール

    Jリーグでは通常の外国人枠とは別に各クラブ1名まで出場することができる準外国籍選手枠(在日枠)を活用して入団。なお、同制度は日本の学校を卒業した者を対象としているため、鄭は朝鮮大学校在学中に通信制のクラーク記念国際高等学校にダブルスクールし、日本の高校を卒業している。鄭の川崎入団に伴い、それまで同クラブの準外国人枠選手だった鄭容臺が期限付き移籍終了により退団した。鄭大世 フレッシュアイペディアより)

  • 鄭大世

    鄭大世から見た日本プロサッカーリーグ

    在日韓国人3世でありながら朝鮮語も非常に堪能ではあるが、母語は日本語であるため日本語訛りは抜けていない。北朝鮮・韓国メディアからの取材には朝鮮語で対応している。日韓リーグオールスター戦ではJリーグ代表として出場し、韓国Kリーグと対戦する心境を「国家の代表としては北朝鮮代表だが、今回は日本代表として出て少し複雑な心境だ」と吐露していた。鄭大世 フレッシュアイペディアより)

  • 鄭大世

    鄭大世から見たクラーク記念国際高等学校

    Jリーグでは通常の外国人枠とは別に各クラブ1名まで出場することができる準外国籍選手枠(在日枠)を活用して入団。なお、同制度は日本の学校を卒業した者を対象としているため、鄭は朝鮮大学校在学中に通信制のクラーク記念国際高等学校にダブルスクールし、日本の高校を卒業している。鄭の川崎入団に伴い、それまで同クラブの準外国人枠選手だった鄭容臺が期限付き移籍終了により退団した。鄭大世 フレッシュアイペディアより)

  • 鄭大世

    鄭大世から見た朝鮮語

    在日韓国人3世でありながら朝鮮語も非常に堪能ではあるが、母語は日本語であるため日本語訛りは抜けていない。北朝鮮・韓国メディアからの取材には朝鮮語で対応している。日韓リーグオールスター戦ではJリーグ代表として出場し、韓国Kリーグと対戦する心境を「国家の代表としては北朝鮮代表だが、今回は日本代表として出て少し複雑な心境だ」と吐露していた。鄭大世 フレッシュアイペディアより)

  • 鄭大世

    鄭大世から見た高等学校通信教育

    Jリーグでは通常の外国人枠とは別に各クラブ1名まで出場することができる準外国籍選手枠(在日枠)を活用して入団。なお、同制度は日本の学校を卒業した者を対象としているため、鄭は朝鮮大学校在学中に通信制のクラーク記念国際高等学校にダブルスクールし、日本の高校を卒業している。鄭の川崎入団に伴い、それまで同クラブの準外国人枠選手だった鄭容臺が期限付き移籍終了により退団した。鄭大世 フレッシュアイペディアより)

  • 鄭大世

    鄭大世から見た山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場

    Jリーグ初出場: 2006年3月18日 J1第3節 対ヴァンフォーレ甲府戦 (小瀬競技場鄭大世 フレッシュアイペディアより)

  • 鄭大世

    鄭大世から見た1.FCケルン

    2012年1月、ブンデスリーガ1部・1\.FCケルンへの移籍が発表された。鄭大世 フレッシュアイペディアより)

  • 鄭大世

    鄭大世から見た外国人枠 (サッカー)

    Jリーグでは通常の外国人枠とは別に各クラブ1名まで出場することができる準外国籍選手枠(在日枠)を活用して入団。なお、同制度は日本の学校を卒業した者を対象としているため、鄭は朝鮮大学校在学中に通信制のクラーク記念国際高等学校にダブルスクールし、日本の高校を卒業している。鄭の川崎入団に伴い、それまで同クラブの準外国人枠選手だった鄭容臺が期限付き移籍終了により退団した。鄭大世 フレッシュアイペディアより)

  • 鄭大世

    鄭大世から見た国際Aマッチ

    国際Aマッチ 初出場: 2007年6月19日 東アジアサッカー選手権2008予選 対モンゴル戦(マカオ)鄭大世 フレッシュアイペディアより)

61件中 51 - 60件表示

「鄭大世」のニューストピックワード

  • 東京コミックコンベンション(東京コミコン) 2016

  • トークイベント

  • 東京コミックコンベンション(東京コミコン)2016