228件中 121 - 130件表示
  • 酒井法子

    酒井法子から見た宣伝

    CD・カセットテープでのみ発売。有線・ラジオのプロモーション用のものを除き、EPレコードは制作発売されていない。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見た慰謝料

    2010年6月には離婚調停を経て夫との離婚が成立、慰謝料はなく、長男(当時11歳)の親権は酒井が得た。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見た花のお江戸の釣りバカ日誌

    花のお江戸の釣りバカ日誌(1998年12月23日) - 浜崎美津役酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見たタレントショップ

    アイドル時代、酒井の活動は多岐に渡り、芸能活動のほかにイラストレーター・漫画家(ペンネームは平仮名の“さかい のりこ”)としても活動し、少女漫画雑誌『週刊少女コミック』に漫画の連載を持ったこともある。中学生の頃に自ら生み出したというキャラクター『のりピーちゃん』は、日本自動車工業会の交通安全ポスターにも使われた。また、そのキャラクターグッズも自身のショップ 「NORI-P HOUSE」で販売されて人気を博し、当時のタレントショップブームの一翼を担った。1988年7月、富士山の8合目(標高3300m)の山小屋にグッズ店「のりピーちゃんハウス」を開店。「日本一標高の高いタレントショップ」として話題となった。1991年には5合目の山小屋に富士山2号店がオープンしている。同年「のりピーハウスレーシングチーム」というチーム名でN1耐久レース(現在のスーパー耐久)にも参加し、チーム監督として酒井が着任していた。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見たBSジャパン

    黒い報告書 女と男の事件ファイルIII「誤解」(2013年7月6日、BSジャパン) - 上條理佐役酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見たアイドル

    1986年(昭和61年)にアイドルとしてデビュー後、自らを「のりピー」と名乗っていた。同時に「ヤッピー」「いただきマンモス」「うれピー」といった独特の言葉の「のりピー語」も流行させた。デビュー当時のキャッチフレーズは、「おキャンなレディ」。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見た控訴

    酒井は同年10月26日に東京地方裁判所で始まった刑事裁判で起訴事実を認め、「夫と離婚して覚醒剤を断ち切りたい」、「芸能界を引退し、介護の仕事をやりたい」などと述べた。ただし、謹慎中も約束した介護の仕事をすることはなかった。この公判は世間の関心を集め、裁判傍聴の抽選には20席の傍聴席に対して6,615人が参加するなど、330倍の倍率は日本の刑事裁判史上最高となった。その後、酒井は懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を受け、検察側・弁護側とも控訴せず刑が確定した。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見たまるまるちびまる子ちゃん

    まるまるちびまる子ちゃん(2007年4月19日 - 2008年2月28日、フジテレビ) - お母さん さくらすみれ役酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見た報道特別番組

    この事件では、テレビ局が報道特別番組を放送、警察庁長官が事件に言及するなど、世間の注目を大いに集めた。また、酒井は事件前、同年に始まった「裁判員制度」紹介のための広報映画『審理』(最高裁判所制作)に主演()するなど していた。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見た帰ってきちゃった

    帰ってきちゃった(1993年11月15日 - 12月9日、NHK ドラマ新銀河) - 村田かおり役酒井法子 フレッシュアイペディアより)

228件中 121 - 130件表示

「酒井法子」のニューストピックワード