228件中 31 - 40件表示
  • 酒井法子

    酒井法子から見たブランド

    その後、結婚・出産を経た酒井は、子育てと女優活動を両立、2003年(平成15年)には、伊藤忠商事とサンミュージックが設立した洋服ブランド、『ピーピーリコリノ (PP rikorino)』のプロデュースを始める。さらに、日中文化スポーツ交流年(2007年)・文化親善大使となって、様々なイベントに参加し、当時の内閣総理大臣・安倍晋三とも面会、また、最高裁判所制作による、裁判員制度のPR映画『審理』(2009年)に主演するなど、芸能人としてのステータスを高めていた。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見た2009年

    その後、結婚・出産を経た酒井は、子育てと女優活動を両立、2003年(平成15年)には、伊藤忠商事とサンミュージックが設立した洋服ブランド、『ピーピーリコリノ (PP rikorino)』のプロデュースを始める。さらに、日中文化スポーツ交流年(2007年)・文化親善大使となって、様々なイベントに参加し、当時の内閣総理大臣・安倍晋三とも面会、また、最高裁判所制作による、裁判員制度のPR映画『審理』(2009年)に主演するなど、芸能人としてのステータスを高めていた。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見たTBSテレビ

    1986年(昭和61年)4月29日、同誌が開催したイベント「'86 モモコ・パーティー」におけるオーディション、『第2回 ミスモモコクラブ』で「ミスVHD賞」を受賞した酒井は、同年11月21日に VHDソフト 『YUPPIE』を発売し、本格的にデビューを飾った。VHDソフトを用いたアイドルのデビューは世界初であった。またこの作品では、彼女が初めてレコーディングをした『お願いダーリン』が挿入歌として使用されている。テレビでは同時期放送開始のTBS系『モモコクラブ』にレギュラー出演し、番組の中心メンバーとして人気を博す。この時期から酒井は自身を「のりピー」と自称、同時に「のりピー語」を用いるようになった。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見た立花理佐

    翌1987年(昭和62年)2月、『男のコになりたい』でアイドル歌手デビューし、オリコン最高6位と幸先のいいスタートを切る。同年の新人賞レースには数多く参戦し、畠田理恵、立花理佐、BaBe、坂本冬美などと激戦をくり広げた。また、『第18回 日本歌謡大賞』では最優秀放送音楽新人賞を受賞した。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見た岡谷章子岡 寛恵

    ※歌手デビュー前に同じ事務所の水谷麻里、岡谷章子と共に出演。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見た日本放送協会

    NHK『みんなのうた』 2004年4月 - 5月放送曲酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見たワニブックス

    Blue Peare(1989年2月25日、ワニブックス) 撮影: 井ノ元浩二酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見たオフィスニグンニイバ

    酒井 法子(さかい のりこ、1971年2月14日 - )は、日本の女優、歌手。80年代アイドル。サンミュージックプロダクション(1986年 - 2009年夏)を経て、オフィスニグンニイバ(2012年 - )所属。愛称はのりピー。堀越高等学校卒業、創造学園大学ソーシャルワーク学部ソーシャルワーク学科介護福祉コースに在学(2010年 - 2013年)。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見た高台院

    利家とまつ〜加賀百万石物語〜(2002年1月6日 - 12月15日、NHK 大河ドラマ) - おね→北政所酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見たBaBe

    翌1987年(昭和62年)2月、『男のコになりたい』でアイドル歌手デビューし、オリコン最高6位と幸先のいいスタートを切る。同年の新人賞レースには数多く参戦し、畠田理恵、立花理佐、BaBe、坂本冬美などと激戦をくり広げた。また、『第18回 日本歌謡大賞』では最優秀放送音楽新人賞を受賞した。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

228件中 31 - 40件表示

「酒井法子」のニューストピックワード