228件中 61 - 70件表示
  • 酒井法子

    酒井法子から見た芸能人

    その後、結婚・出産を経た酒井は、子育てと女優活動を両立、2003年(平成15年)には、伊藤忠商事とサンミュージックが設立した洋服ブランド、『ピーピーリコリノ (PP rikorino)』のプロデュースを始める。さらに、日中文化スポーツ交流年(2007年)・文化親善大使となって、様々なイベントに参加し、当時の内閣総理大臣・安倍晋三とも面会、また、最高裁判所制作による、裁判員制度のPR映画『審理』(2009年)に主演するなど、芸能人としてのステータスを高めていた。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見たラジオ

    CD・カセットテープでのみ発売。有線・ラジオのプロモーション用のものを除き、EPレコードは制作発売されていない。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見た福岡市

    1971年(昭和46年)、福岡県福岡市生まれ。その後、埼玉県狭山市の叔母の家で小学校低学年まで育てられ、実父の再婚に伴い福岡へ戻り、福岡市立大名小学校を卒業。父はその後再々婚。福岡市立舞鶴中学校時代にはソフトボール部に所属し、中学校3年生時の1985年夏には、9番右翼手で福岡県大会に出場し、準優勝している。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見たNHK紅白歌合戦

    1993年、脚本家の野島伸司に引き立てられ、主演したドラマ 『ひとつ屋根の下』(フジテレビ)、続いて1995年に『星の金貨』(日本テレビ)が立て続けにヒットする。同ドラマの主題歌となったシングルCD『碧いうさぎ』は自身初のミリオンセラーとなり、デビュー9年目にして初めて 『第46回NHK紅白歌合戦』(1995年)に出場した。ドラマでの役柄に合わせて、酒井はこの楽曲を、NHK紅白歌合戦史上初めて、日本手話を交えて歌った。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見たミリオンセラー

    1993年、脚本家の野島伸司に引き立てられ、主演したドラマ 『ひとつ屋根の下』(フジテレビ)、続いて1995年に『星の金貨』(日本テレビ)が立て続けにヒットする。同ドラマの主題歌となったシングルCD『碧いうさぎ』は自身初のミリオンセラーとなり、デビュー9年目にして初めて 『第46回NHK紅白歌合戦』(1995年)に出場した。ドラマでの役柄に合わせて、酒井はこの楽曲を、NHK紅白歌合戦史上初めて、日本手話を交えて歌った。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見た連続テレビ小説

    ファイト(2005年3月29日 - 10月1日、NHK 連続テレビ小説) - 木戸亜沙子役酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見た恋のから騒ぎ

    恋のから騒ぎドラマスペシャル episode 1「三十路の女」(2004年9月25日、日本テレビ) - 掛布貴子役酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見た愛称

    デビュー当時、酒井のニックネームは、中学校時代からの渾名と同じ、「のりっぺ」だったが、程なくして「のりピー」と自称、同時に「のりピー語」なる独特の言葉遣いを用いるようになった。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見た高橋明日香

    2014年、今井雅之の舞台『手をつないでかえろうよ〜シャングリラの向こうで〜』に出演予定だったが、所属事務所オフィスニグンニイバが直前の1月16日になって辞退を申し入れる。代役は高橋明日香酒井法子 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井法子

    酒井法子から見た妊娠

    1998年(平成10年)12月、当時プロサーファーであった高相祐一と結婚した。同時に妊娠3ヶ月であることも公表され、酒井は翌年7月11日に長男を出産した。酒井法子 フレッシュアイペディアより)

228件中 61 - 70件表示

「酒井法子」のニューストピックワード