酒税 ニュース&Wiki etc.

酒税(しゅぜい)は、酒税法(昭和28年2月28日法律第6号)に基づき、酒類に対して課される国税である。消費税と同様に、間接税、流通税に分類されるものである。 (出典:Wikipedia)

「酒税」Q&A

  • Q&A

    漫才をかきました A「金正恩が核ミサイルを撃うらしいね」 B「こわいね」 A「しか…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2017年4月16日 16:26

  • Q&A

    働いたら罰金 →所得税 買ったら罰金 →消費税 持ったら罰金 →固定資産税 住…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年4月16日 15:03

  • Q&A

    今、社会のワークを解いています そこで質問です 消費税や酒税などのように、税金を…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年4月9日 17:04

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「酒税」のつながり調べ

  • 日本酒の歴史

    日本酒の歴史から見た酒税

    一方では、輸出先に対して関税自主権を持てなかった明治政府は、外国からめったに輸入されないため関税について頭を悩ませる必要がなく、しかも国内消費が大きかった日本酒から徴収する酒税に、主たる歳入としての目星をつけた。こうして政府は、酒蔵への課税をどんどん重くするようになり、明治政府は国家歳入のじつに3割前後を酒税に頼るにいたった。こうした重税化の動きに対し酒蔵側は、1881年(明治14年)に高知県の酒造業者が、同県出身の自由民権運動の指導者植木枝盛の助力を得て、酒造税引き下げの嘆願書を政府に提出したのを皮切りに、各地で抵抗に立ち上がった。政府側は嘆願書に署名した蔵元を処罰するなどして鎮静化を図ったが、酒造税をめぐる酒蔵たちと明治政府のあいだの攻防は収まる気配をみせず、以後三十年近くにも及ぶことになる。なかでも代表的な事件が1882年(明治15年)の大阪酒屋会議事件である。(日本酒の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺国武

    渡辺国武から見た酒税

    1900年(明治33年)伊藤博文が立憲政友会を結成すると渡辺は政友会創立委員としてこれを助けた。同年第4次伊藤内閣の蔵相に就任する。渡辺は緊縮財政のため、官業中止、事業の延期、酒税、砂糖税増税を実施しようとする。衆議院は大隈重信の憲政本党の賛成で通過するが、貴族院の反対にあい、明治天皇の詔勅で危機を脱した。しかし、明治34年度および明治35年度予算案編成に当たり、緊縮財政を主張して現在行われているものも含めた全ての公債発行事業の停止を提案した。政府・政友会は緊縮予算の必要性については認めていたが、そのために地方から政友会の代議士に寄せられていた陳情を星亨と原敬が必死に押し留めて現在行われている公債発行事業の完成を優先すると言う党内合意を取り付けた直後の提案であった事から、これに対しては旧憲政党系閣僚だけではなく、西園寺公望や金子堅太郎、末松謙澄ら官僚系閣僚からも非難を受けて閣内で孤立した。第4次伊藤内閣は閣内不統一で総辞職することとなった。このとき渡辺は辞表を奉呈を拒否し、伊藤に辞表撤回を求めたが、衆寡敵せず。内閣総辞職後に諭旨免官となった。(渡辺国武 フレッシュアイペディアより)

「酒税」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「酒税」のニューストピックワード