70件中 11 - 20件表示
  • 酒株

    酒株から見た酒税酒税

    明治8年(1875年)、明治政府は、江戸幕府が定め複雑に入り組んだ酒株に関する規制を一挙に撤廃し、酒類の税則を醸造税と営業税の二本立てに簡略化して、醸造技術と資本のある者ならば誰でも自由に酒造りができるように法令を発した。このためわずか一年のあいだに大小含め30,000を超える酒蔵がいっきに誕生した。しかし江戸幕府が永年の工夫をこらして改良してきた酒株制度は、それほど侮れるものではなかった。(「酒税」の項を参照のこと。)明治政府はやがて酒税の確保に血眼になり、酒屋たちの抵抗も表面化し、大阪酒屋会議事件などさまざまな社会事件に発展した。酒株 フレッシュアイペディアより)

  • 地租

    地租から見た酒造税酒税

    だが、こうしたなし崩し的な恒久税化に対する批判が強まり、1910年3月25日に減税規定が公布されて田畑4.7%(宅地は2.5%・その他5.5%)とされ、1914年には田畑は再度4.5%に引き下げられた。この頃より、地租が国税に占める割合が急速に低下して酒造税、続いて所得税(当時は法人税と未分化)が地租に替わって歳入の主要を占めるようになる。また、地方財政の拡大によって地租付加税が地租本税よりも高いという逆転現象が各地で発生していた。このため、地租を地方税に移す両税委譲が議論の俎上に上るようになった。この時には地方税化はされなかったが、1931年3月31日地租法(法律26条)が公布され、翌4月1日より施行した。地租 フレッシュアイペディアより)

  • 酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律

    酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律から見た酒税酒税

    酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律(しゅぜいのほぜんおよびさけるいぎょうくみあいとうにかんするほうりつ、昭和28年2月28日法律第7号)は、酒税が国税収入のうちにおいて占める地位にかんがみ、酒税の保全及び酒類業界の安定のため、酒類業者が組合を設立して酒税の保全に協力し、及び共同の利益を増進する事業を行うことができることとするとともに、政府が酒類業者等に対して必要な措置を講ずることができるようにし、もって酒税の確保及び酒類の取引の安定を図ることを目的として制定された法律である。酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • シャウプ勧告

    シャウプ勧告から見た酒税酒税

    間接税は、酒税、関税等を除き、かなりを廃止する。シャウプ勧告 フレッシュアイペディアより)

  • 従量税

    従量税から見た酒税酒税

    日本では現在自動車重量税、酒税、揮発油税および関税の一部で採用される課税方式である。価格を課税標準とする従価税にくらべて税額を容易に算定できるなどのメリットがある反面、為替相場の変動に左右されず、また、物価の変動に際して税負担の不均衡を生ずる場合があるなどのデメリットがある。従量税 フレッシュアイペディアより)

  • 料理酒

    料理酒から見た酒税酒税

    日本で市販されている料理酒の多くには、食塩や酢の添加により不可飲処置が施されている。これは、不可飲処置を施すことで酒税法上の酒類に該当しなくなり、酒税の課税対象から外れるので安価になるとともに、酒類販売免許を持たない商店などでの販売も可能になるためである。料理酒 フレッシュアイペディアより)

  • 造り酒屋

    造り酒屋から見た造酒税酒税

    江戸幕府の酒造統制や明治政府の造酒税増税に翻弄され、衰滅したり、再生したり、新しいものが生まれたりした。造り酒屋 フレッシュアイペディアより)

  • 売店

    売店から見た酒税酒税

    売店と呼ばれる店舗では、売店の置かれる施設利用者が必要とされる商品に特化して、狭い空間に陳列し販売する。特にそのほとんどの売店では、昼食等に利用してもらうために食料品や飲料が売られている。加えて、施設内で唯一金銭の授受をする場所である理由から、納入窓口としての役割を持つこともある。なお、福利厚生目的の構内売店の場合、市価より安く販売されている場合が多い。軍事基地内にあるPXは、消費税(付加価値税)や酒税などが免税となっている。売店 フレッシュアイペディアより)

  • 酒屋会議

    酒屋会議から見た造酒税酒税

    酒屋会議(さかやかいぎ)は、明治時代前期に造酒税の引き上げに対する抗議として酒造業者が起こした日本全国的な運動。自由民権運動とも深く結びついていた。酒屋会議 フレッシュアイペディアより)

  • 醸造

    醸造から見た酒税酒税

    醸造業は西洋経済の大きな部分を占めている。また酒税は近代国家にとって大きな税収入源であったため、歴史の中には醸造関連を巡る様々な事件も見られ、こと醸造が酵母と発酵させる作物があり、また発酵に適した条件さえ整えてやれば誰でも醸造が可能であったことから密造酒を作る者は後を絶たず、この酒と酒税にまつわる攻防も近代史の中で注目すべき事件・事象をしばしば発生させている。またこの中から微生物に関する研究も始まっており、こと後年の微生物学の発達では、産業としての醸造が与えた影響も大きい(→雑菌)。醸造 フレッシュアイペディアより)

70件中 11 - 20件表示

「酒税」のニューストピックワード

  • わが国を新たな成長軌道に乗せるために必要な政策だ。

  • 映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

  • 映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生