92件中 11 - 20件表示
  • 国税庁所定分析法

    国税庁所定分析法から見た酒税酒税

    国税庁所定分析法(こくぜいちょうしょていぶんせきほう、昭和36年国税庁訓令第1号)は財務省の外局の国税庁の訓令で、酒税を滞りなく徴収するために、酒類の成分の測定方法を標準化する工業規格である。国税庁所定分析法 フレッシュアイペディアより)

  • 紙幣整理

    紙幣整理から見た酒造税酒税

    まず、1882年(明治15年)から3年間、前年度(1881年/明治14年)の歳出額で据え置くこと、その一方で煙草税・酒造税などの増税を行い、そこから生み出された歳入の余剰分を2分割して半分を紙幣消却に、もう半分を正貨形式で保有して、然るべき兌換紙幣への切替時の準備金とすることとした。だが、緊縮財政によるデフレーションは租税収入の減少を招くという悪循環に悩まされる(松方デフレ)。また、甲申政変の発生やコレラの発生などの臨時出費もあり、緊縮予算の維持も困難を極めた。それでも松方は、新税の設置などで歳入を確保することで当初の計画を出来るだけ維持することに努めた。また、1882年に日本銀行条例を制定して中央銀行構想を確立し、翌1883年には国立銀行条例を改正して国立銀行発行紙幣を整理・廃止する方針を打ち出した。更に横浜正金銀行に直輸出荷為替資金を供給してこれによって獲得した輸出代金を日本国外で正貨形式受け取らせて日本国内に導入させることで少ない正貨の準備金を運用してこれを増加させた。紙幣整理 フレッシュアイペディアより)

  • 両税委譲

    両税委譲から見た酒造税酒税

    1920年、内務省の諮問機関であった臨時財政経済調査会は、ドイツのミーケルによる地方税制委譲政策をモデルとして当時酒造税と並んで国税の代表的な存在であった地租と営業税を地方に委譲するように提言をまとめたのである。だが、財産税創設を危惧する財界の反対や第1次世界大戦後の戦後不況の影響で棚上げとされた。両税委譲 フレッシュアイペディアより)

  • 酒株

    酒株から見た酒税酒税

    明治8年(1875年)、明治政府は、江戸幕府が定め複雑に入り組んだ酒株に関する規制を一挙に撤廃し、酒類の税則を醸造税と営業税の二本立てに簡略化して、醸造技術と資本のある者ならば誰でも自由に酒造りができるように法令を発した。このためわずか一年のあいだに大小含め30,000を超える酒蔵がいっきに誕生した。しかし江戸幕府が永年の工夫をこらして改良してきた酒株制度は、それほど侮れるものではなかった。(「酒税」の項を参照のこと。)明治政府はやがて酒税の確保に血眼になり、酒屋たちの抵抗も表面化し、大阪酒屋会議事件などさまざまな社会事件に発展した。酒株 フレッシュアイペディアより)

  • どぶろく裁判

    どぶろく裁判から見た酒税酒税

    最高裁判所平成元年[1989年]12月14日判決により、被告人の上告は棄却された。その主旨は「酒税法の右各規定は、自己消費を目的とする酒類製造であっても、これを放任するときは酒税収入の減少など酒税の徴収確保に支障を生じる事態が予想されるところから、国の重要な財政収入である酒税の徴収を確保するため、製造目的のいかんを問わず、酒類製造を一律に免許の対象とした上、免許を受けないで酒類を製造した者を処罰することとしたものであり、これにより自己消費目的の酒類製造の自由が制約されるとしても、そのような規制が立法府の裁量権を逸脱し、著しく不合理であることが明白であるとはいえず、憲法31条、13条に違反するものでない」というものだった。どぶろく裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 酒類小売業者の経営の改善等に関する緊急措置法

    酒類小売業者の経営の改善等に関する緊急措置法から見た酒税酒税

    酒税の確実な賦課徴収を担保するため、酒税法によって酒類の小売販売には管轄の税務署長から付与される酒類小売業免許が必要とされる。かつては免許付与の基準を厳格なものすることによって、新規参入を抑制し既存の小売業者を保護していたのだが、1998年に閣議決定された規制緩和推進3カ年計画に基づき、酒類販売の事実上の「自由化」が既定路線となった。酒類小売業者の経営の改善等に関する緊急措置法 フレッシュアイペディアより)

  • 全国新酒鑑評会

    全国新酒鑑評会から見た酒税酒税

    いっぽう明治政府にとっては、酒税は重要な国庫の財源であったため、これを確保するためにも国立醸造試験所の設立をはじめとして醸造業を後押しした。やがて1907年(明治40年)に日本醸造協会が主催する全国清酒品評会が開かれ、さらに1911年(明治44年)に第1回全国新酒鑑評会が開かれるにいたった。全国新酒鑑評会 フレッシュアイペディアより)

  • 非常特別税

    非常特別税から見た酒造税酒税

    1904年4月1日(第1次)と1905年1月1日(第2次)の2度にわたって行われ、地租・営業税・所得税・酒造税・各種消費税を引き上げた他、新設の税として、第1次で毛織物消費税・石油消費税と煙草の専売を、第2次で相続税・通行税・織物消費税・塩の専売を開始した。非常特別税 フレッシュアイペディアより)

  • 臨時財政対策債

    臨時財政対策債から見た酒税酒税

    地方交付税の財源には、所得税や酒税などの一定割合が充てられることが、あらかじめ地方交付税法で定められている。臨時財政対策債 フレッシュアイペディアより)

  • 合成清酒

    合成清酒から見た酒税酒税

    合成清酒(ごうせいせいしゅ)とは、アルコールに糖類、有機酸、アミノ酸などを加えて、清酒のような風味にしたアルコール飲料である。清酒に比べて酒税の税率が低く、価格が安いことから、清酒の代用として普及しており、料理酒としてもよく使われている。風味付けのために、醸造された日本酒の成分を数%添加した製品が多い。合成清酒 フレッシュアイペディアより)

92件中 11 - 20件表示

「酒税」のニューストピックワード