92件中 21 - 30件表示
  • 沖縄の観光戻税制度

    沖縄の観光戻税制度から見た酒税酒税

    復帰後、それらの税率は日本と同等とされ、外国製品は増税となり、大幅に値上げされたが、増税の代替措置及び観光産業振興支援策として、観光客が購入した製品を未使用のまま沖縄県外に持ち出すことが条件に、物品税(のち消費税)や酒税を戻す、観光戻税制度が導入された。沖縄の観光戻税制度 フレッシュアイペディアより)

  • 空港型免税店

    空港型免税店から見た酒税酒税

    空港型免税店(くうこうがためんぜいてん)とは、日本における免税店の一種で、市中にありながら、空港等の出国審査後に通る制限区域に設けられている免税店と同様に消費税のみならず輸入関税や酒税、たばこ税などが免除される免税店のことである。空港型免税店 フレッシュアイペディアより)

  • 南部杜氏

    南部杜氏から見た酒税酒税

    南部杜氏たちの最初に近代的な組織ができたのは、明治36年(1903年)に設立認可された岩手県酒造組合である。このころ、明治政府は日清・日露戦争などのために国家予算が増大し、当時歳入の3割超を占めていた酒税の増徴によって切り抜けようと、醸造業の近代化を急いでいた。そして、酒造免許税を営業税とし、造石税は1石あたり4円を7円に上げたために、酒造家の抵抗が激しくなった。そのため、政府による酒造家の監督と支配の強化が必要になり、そのための機関として岩手県酒造組合を作らせたのであった。組合長には当時の岩手県知事である北条元利が就任した。南部杜氏 フレッシュアイペディアより)

  • 租税法律主義

    租税法律主義から見た酒税酒税

    憲法制定以前に勅令・大政官布告で定められていた租税(所得税・酒税など)は63条で事後的に承認された。日本の租税法律主義は日本国憲法第84条に引き継がれている。租税法律主義 フレッシュアイペディアより)

  • 小山正武

    小山正武から見た酒税酒税

    酒豪として知られた。妻に禁酒を命じられ、禁酒会に入会するも、酒屋の樽拾いに毎朝門前に徳利を持参させ、二階の書斎から綱で釣り上げ、隠し持った。外出中妻に発見されたが、酒税で国に奉公しているのだと弁解したという。小山正武 フレッシュアイペディアより)

  • 国税

    国税から見た酒税酒税

    酒税:アルコール度数1%以上の酒類を、酒造製造業者が生産地(工場)から出荷する際に課税される。酒の種類によって課税割合が異なる。ビール、発泡酒、第3のビールは酒税の仕組みを利用したコストダウン方法として知られる。国税 フレッシュアイペディアより)

  • ココ・ファーム・ワイナリー

    ココ・ファーム・ワイナリーから見た酒税酒税

    隣接する障害者支援施設こころみ学園(社会福祉法人こころみる会が運営)から原材料のブドウや椎茸を仕入れ、ワインなどに加工して販売している。当初は、こころみ学園で酒造免許を取得するつもりであったが、補助金をもらう立場のこころみ学園が酒税を納めることになるのは問題があるという指摘があり、ココ・ファーム・ワイナリーが酒造免許を取得した。ココ・ファーム・ワイナリー フレッシュアイペディアより)

  • スーパーホップス

    スーパーホップスから見た酒税酒税

    1994年、サントリーは新商品『ホップス』を発売した。麦芽使用率は65%未満に抑えられており、発売時点の酒税法上の区分は麦芽使用率25%以上67%未満の発泡酒1に区分される。1リットル当たりの酒税はビール220円に対し、発泡酒1は152.7円であったことから、ビール350ml缶の小売価格225円に対し、『ホップス』の希望小売価格は180円とした。当時の市場環境はバブル崩壊後で消費者の低価格志向が強く、円高を生かしてダイエーが1993年からベルギー産『バーゲンブロー』330ml缶を128円で販売するなど価格競争が進行していた。本品はこのジャンルの先駆けであり、発売当初は「発泡酒」の名称が浸透しておらず、ビールと呼ぶこともできなかったため、酒販関係者は「ホップス」と呼ぶしかなかった。原料のうち麦芽を減らして米やコーン、スターチ等の副原料に置き換えたため窒素分が少なく、その結果コクやうま味が少ない代わりに飲みやすい製品となった。発売後1年足らずで月間販売数量100万ケースを越えるヒット商品となったが、翌1995年にはサッポロビールが競合商品『ドラフティー』を販売開始。麦芽使用率25%未満で発泡酒2に該当し、1リットル当たりの酒税は83.3円、350ml缶の希望小売価格は150円であった。競合商品の登場に加え、酒税法改正が追い打ちをかける。1996年秋、大蔵省は発泡酒のうち麦芽使用率50%以上67%未満の製品の酒税をビールと同額とした。麦芽使用率25%未満は105円となり、『ドラフティー』も影響を受けた。1996年5月28日、酒税法改正を前に、サントリーは麦芽使用率を25%未満とした『スーパーホップス』350mlレギュラー缶・500mlロング缶・業務用10l樽詰の発売を開始する。大瓶は翌年3月6日、1000mlのジャンボ缶は同7月9日、250mlのミニ缶は同10月15日に発売開始した。1998年にはガスト全店で樽詰生ビールから樽詰『スーパーホップス』に変更されるなど、飲食店向けへの販売も伸ばした。1997年12月には、350ml換算の累計販売数量が10億本を突破。1999年6月には、スーパーホップスシリーズよりドライタイプの商品『スーパーホップス〔マグナムドライ〕』、2001年10月には糖質・プリン体・カロリーを抑えた発泡酒『ダイエット生』を発売した。『スーパーホップス〔マグナムドライ〕』は、2000年に食品ヒット大賞のヒット賞を受賞している。スーパーホップス フレッシュアイペディアより)

  • おやじ狩り

    おやじ狩りから見た酒税酒税

    2011年7月16日、菅内閣の野田佳彦財務大臣は、横浜市で行われた震災復興についての公開討論で、たばこ税・酒税の率加算案について、タバコと酒が成人の嗜好品で、主な課税対象者が庶民であることから、「税制を通じたおやじ狩りみたいなところがある」と述べ、増税に否定的姿勢を示した。この野田の発言は、2005年1月25日、小泉内閣が第三のビールの増税案を第162回国会に上程したことについて、当時野党議員だった野田が、衆議院本会議の代表質問で小泉純一郎に対して「税制のおやじ狩り」と述べた政治姿勢と同じで、一貫したものであった。おやじ狩り フレッシュアイペディアより)

  • 従量税

    従量税から見た酒税酒税

    日本では現在自動車重量税、酒税、揮発油税および関税の一部で採用される課税方式である。価格を課税標準とする従価税にくらべて税額を容易に算定できるなどのメリットがある反面、為替相場の変動に左右されず、また、物価の変動に際して税負担の不均衡を生ずる場合があるなどのデメリットがある。従量税 フレッシュアイペディアより)

92件中 21 - 30件表示

「酒税」のニューストピックワード