92件中 31 - 40件表示
  • タイ・ビバレッジ

    タイ・ビバレッジから見た酒税酒税

    2005年9月7日よりタイ政府は、国民の健康増進を目的に、酒税の賦課基準をアルコール度別に改正し施行した。ビア・チャーンはビア・シンに比べてアルコール度が高いため、税負担が増加している。タイ・ビバレッジ社は2006年に低価格の銘柄「アーチャー(馬の意味)」を市場に投入。5%程度の低めのアルコールかつ高価なビール銘柄の発売も予定している。タイ・ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • 売店

    売店から見た酒税酒税

    売店と呼ばれる店舗では、売店の置かれる施設利用者が必要とされる商品に特化して、狭い空間に陳列し販売する。特にそのほとんどの売店では、昼食等に利用してもらうために食料品や飲料が売られている。加えて、施設内で唯一金銭の授受をする場所である理由から、納入窓口としての役割を持つこともある。なお、福利厚生目的の構内売店の場合、市価より安く販売されている場合が多い。軍事基地内にあるPXは、消費税(付加価値税)や酒税などが免税となっている。売店 フレッシュアイペディアより)

  • 酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律

    酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律から見た酒税酒税

    酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律(しゅぜいのほぜんおよびさけるいぎょうくみあいとうにかんするほうりつ、昭和28年2月28日法律第7号)は、酒税が国税収入のうちにおいて占める地位にかんがみ、酒税の保全及び酒類業界の安定のため、酒類業者が組合を設立して酒税の保全に協力し、及び共同の利益を増進する事業を行うことができることとするとともに、政府が酒類業者等に対して必要な措置を講ずることができるようにし、もって酒税の確保及び酒類の取引の安定を図ることを目的として制定された法律である。酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 造り酒屋

    造り酒屋から見た造酒税酒税

    江戸幕府の酒造統制や明治政府の造酒税増税に翻弄され、衰滅したり、再生したり、新しいものが生まれたりした。造り酒屋 フレッシュアイペディアより)

  • ブルワリー

    ブルワリーから見た酒税酒税

    日本では酒税の徴収等の都合から、長らく大規模な醸造所 (ビール工場) しか事実上は認められておらず、大手4メーカーとオリオンビールの醸造所しか存在し得なかった。しかし、規制緩和の流れから、1994年4月に年間最低製造数量が2000klから60klに緩和された。そのため、いわゆる地ビールを醸造する数多くのマイクロブルワリー(:en:microbrewery)が誕生することとなった。ブルワリー フレッシュアイペディアより)

  • ラク

    ラクから見た酒税酒税

    トルコでは酒税が高率であることから、しばしばメタノールなどで増量した粗悪な密造酒が横行し問題となっている。密造酒の被害は地元住民ばかりではなく、2011年にはロシア人観光客にも及んだことから、当局はメルスィンにある密造酒製造所を摘発。密造業者や関係者22人を逮捕、さらにイスタンブール、アンタルヤでも摘発を行なった。ラク フレッシュアイペディアより)

  • 所得税法

    所得税法から見た酒税酒税

    日本の所得税法は1887年に導入された。導入の当初は、所得金額300円以上の高額所得者のみを納税義務者としていたことから、名誉税とも呼ばれた。税率は最大3%であり、税収に占める割合は僅かなものであった。しかし、酒税と地租以外有力な税収を持たない明治政府にとって、将来的には公平な負担をもたらす有力な税収となるとして期待されていた。帝国議会制定前に制定されたので、大日本帝国憲法制定後は、大日本帝国憲法第63条が適用された。1899年、法人所得を第一種所得として課税するようになった。所得税法 フレッシュアイペディアより)

  • ビール酒造組合

    ビール酒造組合から見た酒税酒税

    1953年に「酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律」が成立。それにより酒類製造業者・販売業者が組合を作ることが可能になり、同年にビール酒造組合は設立された。おもにビール業界の発展と酒税の減税運動など行う。そのほかにも、正しい飲酒の推進や、空き缶の回収など環境保全活動も行っている。特に酒税については、ビール酒税減税要望キャンペーンを行って署名活動をしていたことがある。ビール酒造組合 フレッシュアイペディアより)

  • 地租改正

    地租改正から見た酒造税酒税

    更に、法令などにおいて、政府自身が実は3%が高率であることを認めている部分がある。条文中に現在の税率は印紙税・物品税などの商工業などからの収入が一定の軌道に乗るまでの暫定的な税率で、将来はそこからの歳入と財政支出の抑制によって地租依存度を減少させて最終的には1%にまで引き下げると説明しているからである(地租改正条例第6条、地租条例で廃止)。だが、現実にはなかなか引き下げられなかった。ところが、後に地租改正条例に代わって制定された地租条例ではこの規定が削除されてしまった。このことが自由民権運動や初期帝国議会における激しい政府批判を招き、また地租に替わる財源として酒造税の相次ぐ増税の一因となった。地租改正 フレッシュアイペディアより)

  • 料理酒

    料理酒から見た酒税酒税

    日本で市販されている料理酒の多くには、食塩や酢の添加により不可飲処置が施されている。これは、不可飲処置を施すことで酒税法上の酒類に該当しなくなり、酒税の課税対象から外れるので安価になるとともに、酒類販売免許を持たない商店などでの販売も可能になるためである。また、製造者の記載義務もない。料理酒 フレッシュアイペディアより)

92件中 31 - 40件表示

「酒税」のニューストピックワード