70件中 31 - 40件表示
  • 本庄村 (兵庫県武庫郡)

    本庄村 (兵庫県武庫郡)から見た酒造税酒税

    近世には灘五郷のうち上灘東郷(魚崎郷)に属し、最盛期には青木・深江の醸造高は二万石に及んだ。しかし灘で行われた水車精米はこの地区では行われず、足踏み精米であったために品質がよくなく、東京以外の地方での販売を主とせざるを得なかった。更に酒税の増加と価格の下落、防腐剤や唐辛子を使用したり水を加えて石高を増加させるなどで販売不振を招き、青木では廃業が続発した。明治29年の酒造税の改則により止めをさされ、明治34年 - 35年頃には青木の酒造は全廃した。それに対し、深江では酒造が続けられた。本庄村 (兵庫県武庫郡) フレッシュアイペディアより)

  • おやじ狩り

    おやじ狩りから見た酒税酒税

    2011年7月、時の財務大臣野田佳彦が、たばこ税・酒税の率加算案を、タバコと酒が成人の嗜好品であることから同様に評したことがある。おやじ狩り フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデンにおけるアルコール飲料

    スウェーデンにおけるアルコール飲料から見た酒税酒税

    飲料はアルコール含有率により課税され、その税率は他のほとんどの国々より重い。税額はウォッカ(アルコール含有率 40%)で200.56 SEK(スウェーデン・クローナ)/ L(リットル)、ワイン(アルコール含有率 14%)で22.08 SEK/ L、ビール(アルコール含有率 4.5%)で6.615 SEK/ L(2007年)である。アルコール含有率 2.8%とそれ以下のビールは酒税を免除されている。スウェーデンにおけるアルコール飲料 フレッシュアイペディアより)

  • 消費税法

    消費税法から見た酒税酒税

    内税表示をすること自体への批判に対しては、酒税やたばこ税のような他の間接税も内税表示であり消費税の内税表示のみを批判することはおかしいとの反論もある。また、基本的に従来の方式は事業者の益税を生み出すものであり、総額表示へ移行することで、この益税を抹消させ、課税の負担の公平を図る意味もある。消費税法 フレッシュアイペディアより)

  • 南部杜氏

    南部杜氏から見た酒税酒税

    南部杜氏たちの最初に近代的な組織ができたのは、明治36年(1903年)に設立認可された岩手県酒造組合である。このころ、明治政府は日清・日露戦争などのために国家予算が増大し、当時歳入の3割超を占めていた酒税の増徴によって切り抜けようと、醸造業の近代化を急いでいた。そして、酒造免許税を営業税とし、造石税は1石あたり4円を7円に上げたために、酒造家の抵抗が激しくなった。そのため、政府による酒造家の監督と支配の強化が必要になり、そのための機関として岩手県酒造組合を作らせたのであった。組合長には当時の岩手県知事である北条元利が就任した。南部杜氏 フレッシュアイペディアより)

  • 酒税法

    酒税法から見た酒税酒税

    酒税法(しゅぜいほう、昭和28年2月28日法律第6号)は、酒税の賦課徴収・酒類の製造及び販売業免許等を定めた法律。1940年に制定された旧酒税法(昭和15年法律第35号)を全面改正する形で制定された。アルコール分1度(重量パーセント濃度で1パーセント)以上の飲料が「酒類」として定義される。度数90度以上で産業用に使用するアルコールについてはアルコール事業法で扱われる。酒税法 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺国武

    渡辺国武から見た酒税酒税

    1900年(明治33年)伊藤博文が立憲政友会を結成すると渡辺は政友会創立委員としてこれを助けた。同年第4次伊藤内閣の蔵相に就任する。渡辺は緊縮財政のため、官業中止、事業の延期、酒税、砂糖税増税を実施しようとする。衆議院は大隈重信の憲政本党の賛成で通過するが、貴族院の反対にあい、明治天皇の詔勅で危機を脱した。しかし、明治34年度および明治35年度予算案編成に当たり、緊縮財政を主張して現在行われているものも含めた全ての公債発行事業の停止を提案した。政府・政友会は緊縮予算の必要性については認めていたが、そのために地方から政友会の代議士に寄せられていた陳情を星亨と原敬が必死に押し留めて現在行われている公債発行事業の完成を優先すると言う党内合意を取り付けた直後の提案であった事から、これに対しては旧憲政党系閣僚だけではなく、西園寺公望や金子堅太郎、末松謙澄ら官僚系閣僚からも非難を受けて閣内で孤立した。第4次伊藤内閣は閣内不統一で総辞職することとなった。このとき渡辺は辞表を奉呈を拒否し、伊藤に辞表撤回を求めたが、衆寡敵せず。内閣総辞職後に諭旨免官となった。渡辺国武 フレッシュアイペディアより)

  • 増税問題

    増税問題から見た酒税酒税

    奇しくも、消費増税は全ての国民の精神面や責任感に強い影響を与えることが心配されている。消費税制度の議論が起こった昭和61年と税率が上げられた平成9年を境として、自殺率が増加している。社会保障費の増大に対する抜本的な改善提案はなく、若年者層では国民年金など社会保険料の納付意欲を阻害していくことも懸念される。またタバコ税や酒税などは、嗜好品や贅沢品であるとして増税の対象とされることも多いが、歳出面(生活保護や高齢者の医療費の増大等)の改善も狙って、それらの他にも政府が制限を加えたり一部企業が独占している部門に対する規制の緩和、さらには失業者対策や国策としての労働派遣(有期公務員にする等)も望まれる。増税問題 フレッシュアイペディアより)

  • 国税専門官

    国税専門官から見た酒税酒税

    国税専門官は、所得税、法人税、相続税などの直接中央税(直接国税)及び消費税、酒税などの間接中央税(間接国税)について、(1)納税者から提出された確定申告書などに基づき、申告、納税が適正に行われたか調査する国税調査官、(2)滞納された税金を徴収する国税徴収官、(3)裁判所からの令状に基づき強制的に調査を行い、不正が発見され次第、検察官に脱税犯として告発する国税査察官の3種類からなる。国税専門官 フレッシュアイペディアより)

  • 国税

    国税から見た酒税酒税

    酒税:アルコール度数1%以上の酒類を、酒造製造業者が生産地(工場)から出荷する際に課税される。酒の種類によって課税割合が異なる。ビール、発泡酒、第3のビールは酒税の仕組みを利用したコストダウン方法として知られる。国税 フレッシュアイペディアより)

70件中 31 - 40件表示

「酒税」のニューストピックワード