92件中 41 - 50件表示
  • 醸造

    醸造から見た酒税酒税

    醸造業は西洋経済の大きな部分を占めている。また酒税は近代国家にとって大きな税収入源であったため、歴史の中には醸造関連を巡る様々な事件も見られ、こと醸造が酵母と発酵させる作物があり、また発酵に適した条件さえ整えてやれば誰でも醸造が可能であったことから密造酒を作る者は後を絶たず、この酒と酒税にまつわる攻防も近代史の中で注目すべき事件・事象をしばしば発生させている。またこの中から微生物に関する研究も始まっており、こと後年の微生物学の発達では、産業としての醸造が与えた影響も大きい(→雑菌)。醸造 フレッシュアイペディアより)

  • シャウプ勧告

    シャウプ勧告から見た酒税酒税

    間接税は、酒税、関税等を除き、かなりを廃止する。シャウプ勧告 フレッシュアイペディアより)

  • バッチフラワー

    バッチフラワーから見た酒税酒税

    ホメオパシーの「療剤」(レメディー)と同様に、高度希釈されているため原成分は残らず、中身はほぼ完全に溶剤のみとなる。チンキ剤は腐りやすいので保存しにくく、ブドウアルコールまたは他のアルコール溶剤(通常、水を加えたブランデーまたはコニャック)を防腐剤として混ぜる。また、酒税が設けられている国では、防腐剤としてビネガーを使用したものを輸入している。バッチフラワー フレッシュアイペディアより)

  • 本庄村 (兵庫県武庫郡)

    本庄村 (兵庫県武庫郡)から見た酒造税酒税

    更に酒税の増加と価格の下落、防腐剤や唐辛子を使用したり水を加えて石高を増加させるなどで販売不振を招き、青木では廃業が続発した。1896年の酒造税の改則により止めをさされ、1900年頃には青木の酒造は全廃した。それに対し、深江では酒造が続けられた。本庄村 (兵庫県武庫郡) フレッシュアイペディアより)

  • 消費税法

    消費税法から見た酒税酒税

    内税表示をすること自体への批判に対しては、酒税やたばこ税のような他の間接税も内税表示であり消費税の内税表示のみを批判することはおかしいとの反論もある。また、基本的に従来の方式は事業者の益税を生み出すものであり、総額表示へ移行することで、この益税を抹消させ、課税の負担の公平を図る意味もある。消費税法 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の消費税議論

    日本の消費税議論から見た酒税酒税

    酒税、たばこ税、揮発油税、石油石炭税、石油ガス税などが該当する。個別消費税相当額についても狭義の消費税が課されるため、消費者から見れば一方の税率が変動すると乗法的に負担が変動することとなる。日本の消費税議論 フレッシュアイペディアより)

  • 南洋諸島

    南洋諸島から見た酒造税酒税

    当時の日本では、酒類や砂糖については、それぞれ酒造税・砂糖消費税という間接税が課せられていた。そこで南洋庁では、酒類や砂糖を内地に持ち出す際に、予めこれらの税と同額の税を課した。一旦、出港税を課した物品については、内地で再度課税されることはない。南洋諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 地租

    地租から見た酒造税酒税

    だが、こうしたなし崩し的な恒久税化に対する批判が強まり、1910年3月25日に減税規定が公布されて田畑4.7%(宅地は2.5%・その他5.5%)とされ、1914年には田畑は再度4.5%に引き下げられた。この頃より、地租が国税に占める割合が急速に低下して酒造税、続いて所得税(当時は法人税と未分化)が地租に替わって歳入の主要を占めるようになる。また、地方財政の拡大によって地租付加税が地租本税よりも高いという逆転現象が各地で発生していた。このため、地租を地方税に移す両税委譲が議論の俎上に上るようになった。この時には地方税化はされなかったが、1931年3月31日地租法(昭和6年法律第28号)が公布され、翌4月1日より施行した。地租 フレッシュアイペディアより)

  • 粉末酒

    粉末酒から見た酒税酒税

    規定量の水に溶解した場合のアルコール度数、規定が困難な場合は粉末酒の重量に0.73(1キログラム当たりのリットル数)を乗じた値によって酒税が適用される(酒税法施行令第十八条の二)。粉末酒 フレッシュアイペディアより)

  • 徳川家宣

    徳川家宣から見た酒税酒税

    宝永6年(1709年)、綱吉が亡くなり、48歳で第6代将軍に就任すると、宝永通宝の流通と酒税 とを廃止。生類憐れみの令も一部を残し順次廃止させた。ほか、柳沢吉保の辞職により側用人に間部詮房、学者として新井白石らを登用して、綱吉時代から始まった文治政治を推進し、琉球や李氏朝鮮との外交や宝永令の発布、新井白石による正徳金銀の発行などの財政改革を試みた。しかし在職3年後の正徳2年10月14日(1712年11月12日)に死去。享年51(満50歳没)。家綱・綱吉と同様に家宣も後継者に恵まれず将軍職を継いだのは3歳の徳川家継で、政治は引き続き新井白石らに依存した。徳川家宣 フレッシュアイペディアより)

92件中 41 - 50件表示

「酒税」のニューストピックワード