70件中 51 - 60件表示
  • 酒

    から見た酒税酒税

    日本の酒税法では、アルコール分を1%以上含む飲料と定義され、酒税の課税対象となっている。そのためアルコールを10%以上含み江戸時代には酒であったみりん(本みりん)は、調味料として使用される場合でも酒税の課税対象となっており、酒税法では「混成酒類」に分類されている。ただしアルコールを含んでいても食塩や酢の添加により不可飲処置が施された料理酒などは酒税の課税対象から外れるとともに、酒類販売免許を持たない商店でも販売できるようになっている。 フレッシュアイペディアより)

  • 租税

    租税から見た酒税酒税

    もう一つは、納税者と納税義務者が一致しないことを想定している間接税である。これは、納税者が直接納めず、納税義務者たる事業者などを通じて納める租税で、消費税、酒税等がこれに該当する。租税 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒

    日本酒から見た酒税酒税

    日本では酒類に酒税を課すため、酒税法が酒類に関する包括的な法律となっている。同法において「清酒」とは、次の要件を満たした酒類で、アルコール分が22度未満のものをいう(酒税法3条7号)。日本酒 フレッシュアイペディアより)

  • みりん

    みりんから見た酒税酒税

    みりんには、ビールやウイスキーなど一般に飲用に供されるアルコール飲料と同じく、酒税法により酒税がかけられる。また、製造・販売免許が必要である。みりん フレッシュアイペディアより)

  • 徳川家宣

    徳川家宣から見た酒税酒税

    宝永6年(1709年)、綱吉が亡くなり、48歳で第6代将軍に就任すると、悪評の高かった生類憐れみの令や酒税を廃止するなど気概を示したため、庶民からの人気と期待は高かった。柳沢吉保を免職し、甲府徳川家旧臣である間部詮房・新井白石らを登用して文治政治を推進し、荻原重秀に命じて財政改革を試みたが、在職3年後の正徳2年10月14日(1712年11月12日)に死去した。享年51(満50歳没)。跡を子の家継が継いだ。徳川家宣 フレッシュアイペディアより)

  • 所得税

    所得税から見た酒造税酒税

    この新税導入の動機としては、清に対抗して海軍の増強・整備が急がれたこと、地租や酒造税などにかたよった租税負担のあり方が自由民権運動によって反政府側から批判されたこと、大日本帝国憲法によって設置が予定されていた帝国議会の衆議院に納税額による制限選挙が導入されたために大規模土地所有者(地租の納税義務者)以外の資本家に対しても選挙権を保障して政治参加を認めるための環境整備のためなどが挙げられている。3年後の1890年(明治23年)に行われた日本最初の国政選挙である第1回衆議院議員総選挙においては満25歳以上の男性で直接国税15円以上を納めている者に選挙権が付与された。所得税 フレッシュアイペディアより)

  • メタノール

    メタノールから見た酒税酒税

    戦前の1933年にメタノールで嵩増しした粕取り焼酎の飲用から30名以上の死者が出たほか、第二次世界大戦後の混乱期には安価な変性アルコールを用いた密造酒によるメタノール中毒もしばしば起きた。エタノールは(醸造用に供されることから)酒税の課税対象となるが、メタノールなどを加えて変性アルコールにしてしまうと非課税となったことから、(メタノールがエタノールより沸点が低いことを利用して)変性アルコールを加熱してメタノールを分離したものを密造酒として供することが横行したのである。しかし加熱中の吸入事故や処理の不手際・目減りを惜しんでの不十分な加熱からメタノールが分離し切れず、これが中毒の原因となった。そればかりか、メタノールを水で希釈しただけのカストリ酒も広く出回り、中毒事故が多発した。メタノール フレッシュアイペディアより)

  • スーパーホップス

    スーパーホップスから見た酒税酒税

    1994年、サントリーは新商品『ホップス』を発売した。麦芽使用率は65%未満に抑えられており、発売時点の酒税法上の区分は麦芽使用率25%以上67%未満の発泡酒1に区分される。1リットル当たりの酒税はビール220円に対し、発泡酒1は152.7円であったことから、ビール350ml缶の小売価格225円に対し、『ホップス』の希望小売価格は180円とした。当時の市場環境はバブル崩壊後で消費者の低価格志向が強く、円高を生かしてダイエーが1993年からベルギー産『バーゲンブロー』330ml缶を128円で販売するなど価格競争が進行していた。本品はこのジャンルの先駆けであり、発売当初は「発泡酒」の名称が浸透しておらず、ビールと呼ぶこともできなかったため、酒販関係者は「ホップス」と呼ぶしかなかった。原料のうち麦芽を減らして米やコーンスターチに置き換えたため窒素分が少なく、その結果コクやうま味が少ない代わりに飲みやすい製品となった。発売後1年足らずで月間販売数量100万ケースを越えるヒット商品となったが、翌1995年にはサッポロビールが競合商品『ドラフティー』を販売開始。麦芽使用率25%未満で発泡酒2に該当し、1リットル当たりの酒税は83.3円、350ml缶の希望小売価格は150円であった。競合商品の登場に加え、酒税法改正が追い打ちをかける。1996年秋、大蔵省は発泡酒のうち麦芽使用率50%以上67%未満の製品の酒税をビールと同額とした。麦芽使用率25%未満は105円となり、『ドラフティー』も影響を受けた。1996年5月28日、酒税法改正を前に、サントリーは麦芽使用率を25%未満とした『スーパーホップス』350mlレギュラー缶・500mlロング缶・業務用10l樽詰の発売を開始する。大瓶は翌年3月6日、1000mlのジャンボ缶は同7月9日、250mlのミニ缶は同10月15日に発売開始した。1998年にはガスト全店で樽詰生ビールから樽詰『スーパーホップス』に変更されるなど、飲食店向けへの販売も伸ばした。1997年12月には、350ml換算の累計販売数量が10億本を突破。1999年6月には、スーパーホップスシリーズよりドライタイプの商品『スーパーホップス〔マグナムドライ〕』、2001年10月には糖質・プリン体・カロリーを抑えた発泡酒『ダイエット生』を発売した。『スーパーホップス〔マグナムドライ〕』は、2000年に食品ヒット大賞のヒット賞を受賞している。スーパーホップス フレッシュアイペディアより)

  • 発泡酒

    発泡酒から見た酒税酒税

    発泡酒市場は1994年以降の市場形成以来2000年代前半までシェア拡大したことで、ビールの売り上げが減少傾向となり、アルコール飲料の売れ筋商品となっていたが、2度の酒税改正や第三のビールの登場による割安感の低下、ビール会社の事業方針変化などの要因により、2000年代後半以降の市場は縮小化している。発泡酒 フレッシュアイペディアより)

  • チューハイ

    チューハイから見た酒税酒税

    缶系チューハイは、1983年に東洋醸造(のちに旭化成に吸収合併され、現在はアサヒビールが事業継承)が発売した瓶入り「ハイリッキー」(現: ハイリキ)が商品化第一号だといわれている。その翌年には、宝酒造と旭化成が缶入りチューハイを発売。サントリー、メルシャンなど大手酒造メーカーが参入した。特に、1999年にサントリーが販売した低価格の「スーパーチューハイ」は市場を席巻した。1990年代後半以降に主流となった低価格路線の商品が継続して人気を維持している事、酒税が安いこと、若年層のビール離れ、低アルコール飲料が好まれる流れにも乗って市場は拡大している。チューハイ フレッシュアイペディアより)

70件中 51 - 60件表示

「酒税」のニューストピックワード

  • 味が好きだから本当はビールを飲みたいのだが、家計を考慮し安い第3のビールを買っている

  • 与党税制改正大綱

  • 缶当たり54.25円