92件中 51 - 60件表示
  • 大津屋

    大津屋から見た酒税酒税

    1573年(天正元年)に酒造メーカーとして創業し、その後両替商や酒類販売の事業に参入した。1930年に酒造は「旭酒造有限会社」(後に旭酒造株式会社)に譲渡し、1965年には酒税納付で福井税務署管内で首位を獲得したものの、11年後の1976年に廃業している。一方大津屋は1963年9月27日に株式会社となった。しかしながら酒屋としての将来性に疑問を持ち、1981年に「オレンジBOX」をオープン。その後「オレボキッチン」、「オレボステーション」、「これがうまいんじゃ大津屋」を次々とオープンしている。大津屋 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のビール

    日本のビールから見た酒税酒税

    一方、発泡酒(文字通り「一種の泡立つアルコール」)と呼ばれる低レベルのモルトで製造されたビールテイスト飲料の飲料も、市場を占めている。発泡酒は大幅に税金(酒税)が下がる。日本のビール フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデンにおけるアルコール飲料

    スウェーデンにおけるアルコール飲料から見た酒税酒税

    飲料はアルコール含有率により課税され、その税率は他のほとんどの国々より重い。税額はウォッカ(アルコール含有率 40%)で200.56 SEK(スウェーデン・クローナ)/ L(リットル)、ワイン(アルコール含有率 14%)で22.08 SEK/ L、ビール(アルコール含有率 4.5%)で6.615 SEK/ L(2007年)である。アルコール含有率 2.8%とそれ以下のビールは酒税を免除されている。スウェーデンにおけるアルコール飲料 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺国武

    渡辺国武から見た酒税酒税

    1900年(明治33年)、伊藤博文が立憲政友会を結成すると、渡辺は政友会創立委員としてこれを助けた。同年、第4次伊藤内閣の蔵相に就任する。渡辺は緊縮財政のため、官業中止、事業の延期、酒税、砂糖税増税を実施しようとする。衆議院は大隈重信の憲政本党の賛成で通過するが、貴族院の反対にあい、明治天皇の詔勅で危機を脱した。しかし、明治34年度および明治35年度予算案編成に当たり、緊縮財政を主張して現在行われているものも含めた全ての公債発行事業の停止を提案した。政府・政友会は緊縮予算の必要性については認めていたが、そのために地方から政友会の代議士に寄せられていた陳情を星亨と原敬が必死に押し留めて、当時行われていた公債発行事業の完成を優先するという党内合意を取り付けた直後というタイミングだった。渡辺国武 フレッシュアイペディアより)

  • スウェーデンのビール

    スウェーデンのビールから見た酒税酒税

    アルコール度数2.25%以下。酒税対象外。スウェーデンのビール フレッシュアイペディアより)

  • 富の再分配

    富の再分配から見た酒税酒税

    再分配税の典型は、累進的な所得税と相続税である。税収目的税は酒税や消費税などである。富の再分配 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川税務署員殉職事件

    神奈川税務署員殉職事件から見た酒税酒税

    終戦後の食糧難という時代背景もあり、単に酒税収入の激減のみならず、米が酒用に転用される分、主食用の米が減ってしまうので、飢餓が起こる可能性が高かった。またこれらの酒の品質も劣悪で、中には有害なメチルアルコールを薄めたものまであったため、税務当局は健康上の観点からも厳しく取締りを行った。神奈川税務署員殉職事件 フレッシュアイペディアより)

  • 所得税

    所得税から見た酒造税酒税

    この新税導入の動機としては、清に対抗して海軍の増強・整備が急がれたこと、地租や酒造税などにかたよった租税負担のあり方が自由民権運動によって反政府側から批判されたこと、大日本帝国憲法によって設置が予定されていた帝国議会の衆議院に納税額による制限選挙が導入されたために大規模土地所有者(地租の納税義務者)以外の資本家に対しても選挙権を保障して政治参加を認めるための環境整備のためなどが挙げられている。3年後の1890年(明治23年)に行われた日本最初の国政選挙である第1回衆議院議員総選挙においては満25歳以上の男性で直接国税15円以上を納めている者に選挙権が付与された。所得税 フレッシュアイペディアより)

  • 計量法

    計量法から見た酒税酒税

    国税庁が行う酒税賦課のためのアルコール濃度の計量計量法 フレッシュアイペディアより)

  • 会計年度

    会計年度から見た酒造税酒税

    明治9年(1876年)の秩禄処分により明治政府は財政健全化の道筋をみるが、数々の特権廃止に反発する士族反乱は頂点に達し、明治10年(1877年)に西南戦争が勃発した。政府は多額の戦費を捻出するため不換紙幣を濫発し、インフレーションが発生した。明治14年(1881年)の明治十四年の政変により「積極財政」を敷く大隈重信が政府から追放されると、松方正義により紙幣整理が推し進められた(松方デフレ)。政府も「緊縮財政」を実施するが松方デフレの影響で税収は減少しており、煙草税や酒造税や醤油税などの増税、官営模範工場の払い下げも行った。一方で、明治15年(1882年)の壬午事変により、翌年から大日本帝国海軍の拡充計画が進んだため、財政赤字の穴埋めの必要から明治18年度(1885年度)の酒造税を明治17年度(1884年度)に繰り入れしてしまった。翌年度の税収を繰り入れてしまったこの状況を改善するには、明治19年度(1886年度)より酒造税の納期(第1期が4月)に合わせて年度変更するほかに方法がないことになり、明治17年(1884年)10月に「4月 - 3月制」の導入が決定され、明治19年(1886年)4月から実施された。「4月 - 3月制」は明治22年(1889年)の会計法制定により法制化され、市制および町村制の施行に合わせて同年4月より市町村でも実施され、翌年5月より道府県(後に都も)も実施した。会計年度 フレッシュアイペディアより)

92件中 51 - 60件表示