92件中 61 - 70件表示
  • 松方デフレ

    松方デフレから見た酒造税酒税

    松方は不換紙幣を回収・消却し、1882年に日本銀行条例を公布して日本銀行を設立する。国内的に余裕があった銀貨に基づいた銀本位制の導入をめざして、「緊縮財政」を実施した。また、これに要する政府資金調達のために、政商への官営模範工場の払い下げ、煙草税や酒造税などの増徴による歳入増加策、軍事費を除く政府予算の縮小等により紙幣発行量を縮小していった。松方デフレ フレッシュアイペディアより)

  • 酒屋会議

    酒屋会議から見た造酒税酒税

    酒屋会議(さかやかいぎ)は、明治時代前期に造酒税の引き上げに対する抗議として酒造業者が起こした日本全国的な運動。自由民権運動とも深く結びついていた。酒屋会議 フレッシュアイペディアより)

  • 税務署

    税務署から見た酒税酒税

    税金のうち、国税(中央税)である所得税、法人税、消費税、相続税、贈与税、登録免許税、印紙税、酒税、揮発油税(ガソリン税)、地方道路税、航空機燃料税、電源開発促進税、自動車重量税、石油ガス税、石油石炭税、たばこ税などに関する業務を行なっており、確定申告の時期には多くの人が訪れ、確定申告や帳簿に関する相談などを受け付けている。税務署 フレッシュアイペディアより)

  • 三津の酒

    三津の酒から見た酒税酒税

    この間、政府は1875年(明治8年)酒類税則を定め酒税の徴収を始める。県内の有力酒造家はその対応を協議するため1876年(明治9年)尾道浄土寺で会合を開いた。これに三津からは本田泰三と日下賣左衛門が出席している。三津の酒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の租税

    日本の租税から見た酒造税酒税

    明治時代初期には、税収に占める地租の割合が圧倒的であった。その後、1899年(明治32年)には、酒造税が税収に占める割合がトップに立った(28%)。また、消費税や課税等を合せた広義の消費税は、1907年には過半数を占めるまでになった。すなわち、明治年間を通じた税収の変化としては、地租優位から間接税優位の時代への移行が見られたといえる。日本の租税 フレッシュアイペディアより)

  • 奄美黒糖焼酎

    奄美黒糖焼酎から見た酒税酒税

    1947年には大島中央農業会が名瀬の蘇鉄味噌工場で焼酎の製造を開始し、一般販売された。他にも西平酒造など、専門の蔵元が製造を開始し、同年の奄美群島の焼酎生産量は1000石(18万リットル)程度になり、食用にしにくいソテツでんぷんや屑芋だけで作るように呼びかけられることもあったが、自家用酒から得られる酒税は政庁の最大の税収となっていた。奄美黒糖焼酎 フレッシュアイペディアより)

  • メタノール

    メタノールから見た酒税酒税

    エタノールは酒税の課税対象となるが、エタノールにメタノールなどを加えた変性アルコールは非課税であり、これらは安価であった。このエタノールにメタノールが混入された変性アルコールを蒸留して、すなわち、"メタノールとエタノールの沸点は異なるので、適切な温度で蒸留したら分離できるだろう"という目論見で、変性アルコールを加熱・蒸留してエタノールを分離しようとしたものを密造酒として供することが横行した。しかし、メタノール-エタノール混合溶液は共沸混合物であり、メタノールとエタノールの沸点が異なっていても、混合溶液となったものを単純に加熱してメタノールを取り除くことは不可能で(共沸)、この結果、メタノールを除去できていない変性アルコールがカストリ酒となって広く出回り、中毒事故が多発した。メタノール フレッシュアイペディアより)

  • 第193回国会

    第193回国会から見た酒税酒税

    2016年度(平成28年度)分の地方交付税について、国税の所得税、法人税、酒税、消費税と地方法人税の税収が落ち込み地方交付税が減少したため、一般会計から減額分を加算すること・加算した分を2017年度(平成29年度)から2021年度(平成33年度)までの地方交付税から減額することなどについて定める改正地方交付税法・特別会計法が成立。第193回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 二重課税

    二重課税から見た酒税酒税

    酒やタバコ、ガソリンには、酒税やたばこ税、ガソリン税といった物品税がそれぞれかけられている。それらの税額を含んだ小売価格に対して消費税が課されている。二重課税 フレッシュアイペディアより)

  • 松方正義

    松方正義から見た酒造税酒税

    松方は財政家として、政府紙幣の全廃と兌換紙幣である日本銀行券の発行による紙幣整理、煙草税や酒造税や醤油税などの増税や政府予算の圧縮策などの財政政策、官営模範工場の払い下げなどによって財政収支を大幅に改善させ、インフレーションも押さえ込んだ。ただ、これらの政策は深刻なデフレーションを招いたために「松方デフレ」と呼ばれて世論の反感を買うことになった。松方正義 フレッシュアイペディアより)

92件中 61 - 70件表示