1 2 3 4 5 6 7 次へ
70件中 61 - 70件表示
  • 青ヶ島村

    青ヶ島村から見た酒税酒税

    ひんぎゃの塩及び青酎は先述の商店や八丈島の土産物店等で購入する事ができるが、実は、青酎に関しては一部の民宿でも自家製が宿泊客に振る舞われている。1984年に青ヶ島酒造合資会社が設立される前は、島内では密造酒のような形で各家庭が勝手に焼酎を作って消費していた。これは、交通の便が非常に悪いことから税務職員も行きたがらない上、赴かせるにしてもその事で得られるであろう酒税の税収額に対して徴税費(税収を得る為の経費)や各種手間が大きすぎることから、酒税が課されない状態が黙認されていたためである。現在でも、自家消費分に関しては事実上黙認状態であり、一般販売されている青酎も、外見は全く同じでもその中身を実際に作った生産者の違いによって各ボトル毎に味が微妙に異なる。青ヶ島村 フレッシュアイペディアより)

  • 地租改正

    地租改正から見た酒造税酒税

    更に、法令などにおいて、政府自身が実は3%が高率であることを認めている部分がある。現在の税率は印紙税・物品税などの商工業などからの収入が一定の軌道に乗るまでの暫定的な税率で、将来はそこからの歳入と財政支出の抑制によって地租依存度を減少させて最終的には1%にまで引き下げると説明しているからである(地租改正条例第6条、地租条例で廃止)。だが、現実にはなかなか引き下げられなかった。ところが、後に地租改正条例に代わって制定された地租条例ではこの規定が削除されてしまった。このことが自由民権運動や初期帝国議会における激しい政府批判を招き、また地租に替わる財源として酒造税の相次ぐ増税の一因となった。地租改正 フレッシュアイペディアより)

  • バッチフラワー

    バッチフラワーから見た酒税酒税

    レメディーは人工防腐剤または添加物を含まない。ホメオパシーの「療剤」と同様に、高度希釈されているため原成分は残らず、中身はほぼ完全に溶剤のみとなる。チンキ剤は腐りやすいので保存しにくく、ブドウアルコールまたは他のアルコール溶剤(通常、水を加えたブランデーまたはコニャック)を防腐剤として混ぜる。また、酒税が設けられている国では、防腐剤としてビネガーを使用したものを輸入している。バッチフラワー フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見た酒税酒税

    出国審査(東京入国管理局成田空港支局)後は搭乗客や航空会社、店舗の関係者などしか入れない制限エリアである。2005年以降の改装により、第1、第2ターミナルともにさながら街中のショッピングモールのような国内外のファッションブランドのブティックや、DFSなどによる免税店街が広がっている。日本の租税が課される酒(酒税)・煙草(たばこ税)が出発の制限エリアでは免税されるため、大勢の買い物客で賑わっている。また、化粧室や有料のリフレッシュルーム(仮眠室・シャワールーム)、キッズルーム(第2ターミナルのみ)といった各種サービス施設も置かれている。搭乗口付近には各航空会社のラウンジが置かれている。また、他の国内空港と同様にキヨスク風の小型売店とイートインスタンドを兼ね備えたゲートラウンジ店舗(BLUE SKYやANA FESTAなど)もあり、搭乗直前まで利用ができる。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た酒税酒税

    酒税の軽減措置がある(→泡盛、オリオンビール参照)。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 密造酒

    密造酒から見た酒税酒税

    密造酒(みつぞうしゅ)とは、政府等の公的機関の許可を得ないで製造されたアルコール飲料の総称である。本来、酒税の課税対象であるアルコール飲料を無許可で製造するため、大抵の近代国家では、税制度への依存度が高まるにつれ、これら密造酒製造には厳罰が科せられる傾向が強い。密造酒 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィルヘルム・フォン・フンボルト

    ヴィルヘルム・フォン・フンボルトから見た酒税酒税

    これは酒や、タバコの注意書きや、それと類似に経済学的に意味がある酒税や、タバコ税の意味についても同じことがいえることになる。もし注意すべきではないということになれば警察国家となるであろうし、一方リバタリアンのように経済的なことのみに注意すべきであるということも可能であろうし、またスウェーデンのような福祉国家論を主張することも可能であるということになる。ヴィルヘルム・フォン・フンボルト フレッシュアイペディアより)

  • タイ・ビバレッジ

    タイ・ビバレッジから見た酒税酒税

    2005年9月7日よりタイ政府は、国民の健康増進を目的に、酒税の賦課基準をアルコール度別に改正し施行した。ビア・チャーンはビア・シンに比べてアルコール度が高いため、税負担が増加している。タイ・ビバレッジ社は2006年に低価格の銘柄「アーチャー(馬の意味)」を市場に投入。5%程度の低めのアルコールかつ高価なビール銘柄の発売も予定している。タイ・ビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒の歴史

    日本酒の歴史から見た酒造税酒税

    1875年(明治8年)、明治政府は、江戸幕府が定めた複雑に入り組んだ酒株に関する規制を一挙に撤廃し、酒類の税則を酒造税と営業税の二本立てに簡略化して、醸造技術と資本のある者ならば誰でも自由に酒造りができるように法令を発した。このためわずか一年のあいだに大小含め30000場を超える酒蔵がいっきに誕生した。のちに禁じられる自家製酒(どぶろく)も、製造量は1年につき1石までという規制はあったものの、どの家庭でも自由に造ることができた。1882年(明治15年)には、自家製酒を造る者は製造免許鑑札を申請し、鑑札料金80銭を納めることが義務づけられたが、販売を目的としないかぎり、ちゃんとした清酒であっても1886年(明治19年)まで自家醸造は自由であった。日本酒の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酒の歴史

    日本酒の歴史から見た酒税酒税

    一方では、輸出先に対して関税自主権を持てなかった明治政府は、外国からめったに輸入されないため関税について頭を悩ませる必要がなく、しかも国内消費が大きかった日本酒から徴収する酒税に、主たる歳入としての目星をつけた。こうして政府は、酒蔵への課税をどんどん重くするようになり、明治政府は国家歳入のじつに3割前後を酒税に頼るにいたった。こうした重税化の動きに対し酒蔵側は、1881年(明治14年)に高知県の酒造業者が、同県出身の自由民権運動の指導者植木枝盛の助力を得て、酒造税引き下げの嘆願書を政府に提出したのを皮切りに、各地で抵抗に立ち上がった。政府側は嘆願書に署名した蔵元を処罰するなどして鎮静化を図ったが、酒造税をめぐる酒蔵たちと明治政府のあいだの攻防は収まる気配をみせず、以後三十年近くにも及ぶことになる。なかでも代表的な事件が1882年(明治15年)の大阪酒屋会議事件である。日本酒の歴史 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
70件中 61 - 70件表示

「酒税」のニューストピックワード