前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示
  • 西原理恵子

    西原理恵子から見た鴨志田穣鴨志田穣

    西原 理恵子(さいばら りえこ、1964年11月1日 - )は、日本の漫画家。ギャンブルや、旅行体験レポートなど、実体験に基づいた大人向けギャグ漫画作品が多い。前夫はカメラマンの鴨志田穣。代表作は『ぼくんち』、『毎日かあさん』など。一般財団法人高須克弥記念財団理事長。西原理恵子 フレッシュアイペディアより)

  • 橋田信介

    橋田信介から見た鴨志田穣鴨志田穣

    鴨志田穣、西原理恵子『アジアパー伝』にキャラクター「ハシダさん」として登場。橋田信介 フレッシュアイペディアより)

  • 酔いがさめたら、うちに帰ろう。

    酔いがさめたら、うちに帰ろう。から見た鴨志田穣鴨志田穣

    『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』(よいがさめたら、うちにかえろう。)は、戦場カメラマン・鴨志田穣の自伝的小説。2006年11月にスターツ出版から出版された。2010年12月には浅野忠信・永作博美主演で映画化された。酔いがさめたら、うちに帰ろう。 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道教育大学附属札幌小学校

    北海道教育大学附属札幌小学校から見た鴨志田穣鴨志田穣

    鴨志田穣(ジャーナリスト)北海道教育大学附属札幌小学校 フレッシュアイペディアより)

  • この世でいちばん大事な「カネ」の話

    この世でいちばん大事な「カネ」の話から見た鴨志田穣鴨志田穣

    希望荘の絵里子の隣人。元戦場カメラマンで、『週刊秘宝』の契約カメラマン。中学生の時に戦場カメラマンのドキュメンタリーを見て感動し、バイトして金を貯めて、23歳の時に初めて戦地に赴く。だが、爆撃音と死んでいく人々に怯えながら、放浪しているうちに被災地にたどり着き、子供たちと交流する中で生きている人間を撮りたいと思うようになる。5年前に“奇跡の一枚”といわれる写真「戦火の下で」でフォトジャーナリスト大賞を受賞したが、実際は鴨田でなく、被災地の子供にカメラを貸した時に偶然撮れた写真である。そのため、大賞受賞後は期待されればされるほど、後ろめたさとプレッシャーで戦場カメラマンを続けられなくなった。“奇跡の一枚”のことを忘れようとして、真実を話さないことを正宗に責められ、『週刊秘宝』の存続と自分が前に進むために、自身をネタに漫画に描くよう、これまで撮ってきた写真や戦地での日記を絵里子に託した後、アパートにあった家財道具を売り払って旅費を作り、撮りたい写真を撮るために旅に出る。戻ってきた後、絵里子にプロポーズし結婚するが、6年後、愛媛で撮影していた農家の老夫婦の孫が道路に飛び出したのを庇ってトラックに撥ねられ事故死した。両親は生まれてすぐに亡くなっている。西原の元夫であった鴨志田穣のポジションにあたり、絵里子の東京での初めての友達として、金角(現ゲッツ板谷)のポジションも兼ねる。この世でいちばん大事な「カネ」の話 フレッシュアイペディアより)

  • 東海大学付属第四高等学校・中等部

    東海大学付属第四高等学校・中等部から見た鴨志田穣鴨志田穣

    鴨志田穣 -カメラマン・ジャーナリスト・エッセイスト東海大学付属第四高等学校・中等部 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道教育大学附属札幌中学校

    北海道教育大学附属札幌中学校から見た鴨志田穣鴨志田穣

    鴨志田穣(フリージャーナリスト、カメラマン、エッセイスト)北海道教育大学附属札幌中学校 フレッシュアイペディアより)

  • ゲッツ板谷

    ゲッツ板谷から見た鴨志田穣鴨志田穣

    その他に西原理恵子の元夫鴨志田穣らとのアジア旅行を描いた『怪人紀行』シリーズや、自伝をもとにした小説『ワルボロ』、対談本『わらしべ偉人伝』などが刊行されている。ゲッツ板谷 フレッシュアイペディアより)

  • 勝谷誠彦

    勝谷誠彦から見た鴨志田穣鴨志田穣

    鴨志田穣 - 鴨志田がタイ在住時、勝谷の紹介により西原理恵子と出会い、後に結婚。勝谷誠彦 フレッシュアイペディアより)

  • 1964年

    1964年から見た鴨志田穣鴨志田穣

    7月2日 - 鴨志田穣、フリージャーナリスト・カメラマン・エッセイスト(+ 2007年)1964年 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示

「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」のニューストピックワード