前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示
  • 鴨志田穣

    鴨志田穣から見た西原理恵子

    1996年、勝谷誠彦の紹介により、タイを取材中の漫画家、西原理恵子と出会う。同年9月、西原と勝谷のアマゾン川取材企画にCSテレビのビデオカメラマンとして同行。過酷なジャングルロケを敢行する。取材後、帰りの飛行機の中で西原にプロポーズ。9年ぶりに日本に帰国し、西原と結婚。一男一女をもうける。西原の著書には「鴨ちゃん」(タイでの初登場時のみ「鴨くん」)、「鴨」として登場。西原が毎日新聞にて連載している『毎日かあさん』では「アブナイお父さん」として描かれた。鴨志田穣 フレッシュアイペディアより)

  • 鴨志田穣

    鴨志田穣から見た勝谷誠彦

    1996年、勝谷誠彦の紹介により、タイを取材中の漫画家、西原理恵子と出会う。同年9月、西原と勝谷のアマゾン川取材企画にCSテレビのビデオカメラマンとして同行。過酷なジャングルロケを敢行する。取材後、帰りの飛行機の中で西原にプロポーズ。9年ぶりに日本に帰国し、西原と結婚。一男一女をもうける。西原の著書には「鴨ちゃん」(タイでの初登場時のみ「鴨くん」)、「鴨」として登場。西原が毎日新聞にて連載している『毎日かあさん』では「アブナイお父さん」として描かれた。鴨志田穣 フレッシュアイペディアより)

  • 鴨志田穣

    鴨志田穣から見た角川書店

    『鳥頭紀行 くりくり編 - どこへ行っても三歩で忘れる』(2001年、角川書店鴨志田穣 フレッシュアイペディアより)

  • 鴨志田穣

    鴨志田穣から見た講談社

    『アジアパー伝』(2000年、講談社鴨志田穣 フレッシュアイペディアより)

  • 鴨志田穣

    鴨志田穣から見たアルコール依存症

    その後も世界の紛争地帯を取材し続け、目の前で人が死んで行く様、自分にも向けられる銃口、必死に銃を持つ子供たちなど、数えきれない現実の場面を目の当たりにし、極限のストレスから重度のアルコール依存症となる。アルコール断ちのため仏門に入り僧侶となる(ミャンマーのビザが取得しやすくなるとの理由もあった)。出家名はタイ語で"聡明なる者"を意味する「ピーニャソーダ」。鴨志田穣 フレッシュアイペディアより)

  • 鴨志田穣

    鴨志田穣から見た戦場カメラマン

    神奈川県川崎市出身。北海道札幌市で育つ。北海道教育大学附属札幌小学校、北海道教育大学附属札幌中学校を経て東海大学付属第四高等学校を卒業し、予備校に2年通った後に大学進学を諦め、上京。新宿の焼鳥屋で働きながら戦場カメラマンへの憧れを募らせる。鴨志田穣 フレッシュアイペディアより)

  • 鴨志田穣

    鴨志田穣から見た東陽一

    『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』(2006年、スターツ出版) - 東陽一監督作品として映画化鴨志田穣 フレッシュアイペディアより)

  • 鴨志田穣

    鴨志田穣から見た橋田信介

    アルバイトで貯めた金でカメラを買い、23歳で単身タイに渡り、アジア各国を放浪。ジャーナリストの橋田信介に出会い弟子入り。戦場カメラマンとして世界中の紛争地帯での取材活動を行う。クメール・ルージュの捕虜となり新聞に載り、この事件で初めてフリーライターとして世間に名前が出る。鴨志田穣 フレッシュアイペディアより)

  • 鴨志田穣

    鴨志田穣から見た札幌市

    神奈川県川崎市出身。北海道札幌市で育つ。北海道教育大学附属札幌小学校、北海道教育大学附属札幌中学校を経て東海大学付属第四高等学校を卒業し、予備校に2年通った後に大学進学を諦め、上京。新宿の焼鳥屋で働きながら戦場カメラマンへの憧れを募らせる。鴨志田穣 フレッシュアイペディアより)

  • 鴨志田穣

    鴨志田穣から見た捕虜

    アルバイトで貯めた金でカメラを買い、23歳で単身タイに渡り、アジア各国を放浪。ジャーナリストの橋田信介に出会い弟子入り。戦場カメラマンとして世界中の紛争地帯での取材活動を行う。クメール・ルージュの捕虜となり新聞に載り、この事件で初めてフリーライターとして世間に名前が出る。鴨志田穣 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示

「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」のニューストピックワード