酢酸エチル ニュース&Wiki etc.

酢酸エチル(さくさんエチル、ethyl acetate)とは、示性式 CH3CO2C2H5 で表される有機化合物である。酢酸とエタノールが脱水縮合したエステル。引火点 −2 ℃の果実臭のする無色の液体で、有機溶媒として用いられる。 (出典:Wikipedia)

「酢酸エチル」Q&A

  • Q&A

    化学の平衡の問題です 至急お願いします! CH3COOH + C2H5OH → CH…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年1月7日 13:57

  • Q&A

    化合物A~Dは、シクロヘキサンの構造を含む分子式C₈H₁₆Oの化合物で、 酸素原子を…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年1月7日 12:06

  • Q&A

    有機の水層、エーテル層について 酢酸エチルの分子量は88 水の分子量は18なのにどう…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年1月6日 13:18

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「酢酸エチル」のつながり調べ

  • ペラルゴン酸

    ペラルゴン酸から見た酢酸エチル

    「使い古した食用油に似た不快なにおい」を持つ油状の液体で、水にはほとんど溶けないが、クロロホルムやエーテル、アルコール、酢酸エチルにはよく溶ける。(ペラルゴン酸 フレッシュアイペディアより)

  • ワイン

    ワインから見た酢酸エチル

    マロクティック発酵に由来:リンゴ酸分解物の乳酸、酢酸エチル、アセトイン、ジアセチル、酢酸等(ワイン フレッシュアイペディアより)

「酢酸エチル」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ