酢酸エチル ニュース&Wiki etc.

酢酸エチル(さくさんエチル、ethyl acetate)とは、示性式 CH3CO2C2H5 で表される有機化合物である。酢酸とエタノールが脱水縮合したエステル。引火点 −2 ℃の果実臭のする無色の液体で、有機溶媒として用いられる。 (出典:Wikipedia)

「酢酸エチル」Q&A

  • Q&A

    このボトルは、酢酸エチルやアセトンなどの保存に使えますか? https://www.…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年2月20日 18:16

  • Q&A

    写真のように、2分子の酢酸が縮合して無水酢酸となる場合、酢酸エチルになるのはなぜでし…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年2月19日 14:01

  • Q&A

    化学に関する質問です。 酢酸エチルを合成する際、抽出段階における炭酸ナトリウムと塩…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年2月10日 00:44

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「酢酸エチル」のつながり調べ

  • ペラルゴン酸

    ペラルゴン酸から見た酢酸エチル

    「使い古した食用油に似た不快なにおい」を持つ油状の液体で、水にはほとんど溶けないが、クロロホルムやエーテル、アルコール、酢酸エチルにはよく溶ける。(ペラルゴン酸 フレッシュアイペディアより)

  • ワイン

    ワインから見た酢酸エチル

    マロクティック発酵に由来:リンゴ酸分解物の乳酸、酢酸エチル、アセトイン、ジアセチル、酢酸等(ワイン フレッシュアイペディアより)

「酢酸エチル」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ