酢酸エチル ニュース&Wiki etc.

酢酸エチル(さくさんエチル、ethyl acetate)とは、示性式 CH3CO2C2H5 で表される有機化合物である。酢酸とエタノールが脱水縮合したエステル。引火点 −2 ℃の果実臭のする無色の液体で、有機溶媒として用いられる。 (出典:Wikipedia)

「酢酸エチル」Q&A

  • Q&A

    酢酸エチルに、水酸化ナトリウムを加えけん化したあとの液体の匂いってどういう匂いがしま…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月30日 21:41

  • Q&A

    油分、水分除去をする溶剤について。 どちらが、より脱油というのか脱脂?と 脱水できま…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月28日 00:00

  • Q&A

    酢酸1molとエタノール2molを水1molと反応させると、酢酸エチルを何mol生じ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月22日 08:20

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「酢酸エチル」のつながり調べ

  • ペラルゴン酸

    ペラルゴン酸から見た酢酸エチル

    「使い古した食用油に似た不快なにおい」を持つ油状の液体で、水にはほとんど溶けないが、クロロホルムやエーテル、アルコール、酢酸エチルにはよく溶ける。(ペラルゴン酸 フレッシュアイペディアより)

  • ワイン

    ワインから見た酢酸エチル

    マロクティック発酵に由来:リンゴ酸分解物の乳酸、酢酸エチル、アセトイン、ジアセチル、酢酸等(ワイン フレッシュアイペディアより)

「酢酸エチル」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ