酢酸エチル ニュース&Wiki etc.

酢酸エチル(さくさんエチル、ethyl acetate)とは、示性式 CH3COOCH2CH3 で表される有機化合物である。酢酸とエタノールが脱水縮合したエステル。引火点 −2 ℃の、パイナップルに似た果実臭のする無色で揮発性の液体で、有機溶媒として用いられる。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「酢酸エチル」のつながり調べ

  • 電気化学的二元論

    電気化学的二元論から見た酢酸エチル

    この結果をデュマは、エタノール内の水の水素が塩素と反応して塩化水素として脱離し、エテリンの酸化物(デュマの説によれば酢酸エチル)が生成した後、エテリンの水素3つが塩素に置換された物質となったと解釈した。(電気化学的二元論 フレッシュアイペディアより)

  • モモルデノール

    モモルデノールから見た酢酸エチル

    酢酸エチル及びメタノールに溶けるが、純粋なクロロホルムやガソリンには溶けない。160-161℃で融解する細かい針状に結晶化する。1997年にS. Begumにより単離された。(モモルデノール フレッシュアイペディアより)

「酢酸エチル」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ