前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示
  • 酢酸

    酢酸から見た酢酸エチル酢酸エチル

    有機化学ではアセチル基 CH3C(=O)− の略号 Ac を用いて文章や化学式中で AcOH または HOAc と略記される。酢酸のエステルや塩は英語ではアセテート(アセタート) acetate と呼ばれる。たとえばエチルエステルの酢酸エチルは ethyl acetate、アンモニウム塩の酢酸アンモニウムは ammonium acetate である。酢酸 フレッシュアイペディアより)

  • 保護基

    保護基から見た酢酸エチル酢酸エチル

    tert-ブチル基 ? トリフルオロ酢酸や、4mol/L 塩酸-酢酸エチル溶液などの強酸性条件下脱保護することができる。保護基 フレッシュアイペディアより)

  • 風船玉

    風船玉から見た酢酸エチル酢酸エチル

    風船玉(ふうせんだま)とは玩具の一種で、酢酸ビニール樹脂をアルコール類(主に酢酸エチル(有害)・局方エタノール(無害)を使用)で溶かしたもの(原液)を金属製チューブに入れたものと、短くて細いプラスチック(PVC)製パイプと一緒に販売しているビニールポリバルーンの事を指す。風船玉 フレッシュアイペディアより)

  • アセトアルデヒド

    アセトアルデヒドから見た酢酸エチル酢酸エチル

    アセトアルデヒド(acetaldehyde)は、アルデヒドの一種で、示性式は CH3CHO。IUPAC命名法では エタナール(ethanal)ともいい、他に酢酸アルデヒド、エチルアルデヒドなどの別名がある。自然界では植物の正常な代謝過程で産生され、とくに果実などに多く含まれている。また人体ではエタノールの酸化によって生成し、一般に二日酔いの原因だと見なされている。産業的にも大規模に製造され、その多くが酢酸エチルの製造原料として使われている。アセトアルデヒド フレッシュアイペディアより)

  • 溶媒

    溶媒から見た酢酸エチル酢酸エチル

    一般的に溶媒として扱われる物質は常温常圧では無色の液体であり、独特の臭気を持つものも多い。有機溶媒は一般用途としてドライクリーニング(テトラクロロエチレン)、シンナー(トルエン、テルピン油)、マニキュア除去液や接着剤(アセトン、酢酸メチル、酢酸エチル)、染み抜き(ヘキサン、石油エーテル)、合成洗剤(オレンジオイル)、香水(エタノール)あるいは化学合成や樹脂製品の加工に使用される。溶媒 フレッシュアイペディアより)

  • クワガタムシ

    クワガタムシから見た酢酸エチル酢酸エチル

    脚(または肢)は、前胸・中胸・後胸に各一対生え、根元から基節(きせつ)・転節(てんせつ)・腿節(たいせつ)・脛節(けいせつ)・跗節(ふせつ)に分けられる。腿節の根元の体との接続部分を転節、転節のついている一番根元の関節を基節という。飼育下ではフ節がよくとれるため、慌てる飼育初心者も多いが、出血の恐れもなく、また脚が6本もあるので1本くらい取れただけでは支障はないが、転倒した際に起き上がることが困難になるので、全く支障がないとは言い切れない。ただ標本としての価値が下がるため、標本収集を目的とする者は採集したものを、フ節が取れるのを恐れて、持ち帰って飼育せずそのまま酢酸エチルで殺すことも多い。生体でも通常より値段は下がるため、主に累代飼育を目的とするものは種親の欠陥を気にせず購入するが、欠陥箇所によっては交尾や産卵に支障をきたす場合があるため、注意が必要である。クワガタムシ フレッシュアイペディアより)

  • キャッサバ

    キャッサバから見た酢酸エチル酢酸エチル

    東南アジア(タイが主要国)などで栽培されたキャッサバは乾燥工程を経てキャッサバチップとして中国などに輸出される。その後中国では発酵工程を経てエタノール(バイオエタノール)となる。そのエタノールを原料に氷酢酸とエステル化した酢酸エチルが大量に生産されている(約80万MT/年)。中国で生産された酢酸エチルは年間約30万MT程度海外に輸出されており、有機化学分野では貴重な外貨獲得手段となっている。キャッサバ フレッシュアイペディアより)

  • 電気化学的二元論

    電気化学的二元論から見た酢酸エチル酢酸エチル

    この結果をデュマは、エタノール内の水の水素が塩素と反応して塩化水素として脱離し、エテリンの酸化物(デュマの説によれば酢酸エチル)が生成した後、エテリンの水素3つが塩素に置換された物質となったと解釈した。電気化学的二元論 フレッシュアイペディアより)

  • 原子移動ラジカル重合

    原子移動ラジカル重合から見た酢酸エチル酢酸エチル

    トルエン、酢酸エチル、アセトン、DMF、アルコール、水など、様々な溶媒が使用可能。溶媒を使用しない塊状重合や、乳化重合・懸濁重合も可能。原子移動ラジカル重合 フレッシュアイペディアより)

  • tert-ブチル基

    tert-ブチル基から見た酢酸エチル酢酸エチル

    トリフルオロ酢酸または4規定塩酸-酢酸エチル溶液などを作用させる。副生成物はイソブテンのみであるため、単に溶媒を留去するだけで収率よく脱保護体が得られる。ただしスルフィド基などが存在すると tert-ブチルカルボカチオンが硫黄原子に付加するので、tert-ブチル基のスカベンジャー(捕捉剤)を脱保護の際に必要とする場合もある。tert-ブチル基 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示