前へ 1 2 3 4 5 6 7
64件中 1 - 10件表示
  • 酢酸

    酢酸から見た酢酸エチル酢酸エチル

    有機化学ではアセチル基 CH3C(=O)− の略号 Ac を用いて文章や化学式中で AcOH または HOAc と略記される。酢酸のエステルや塩は英語ではアセテート(アセタート) acetate と呼ばれる。たとえばエチルエステルの酢酸エチルは ethyl acetate、アンモニウム塩の酢酸アンモニウムは ammonium acetate である。酢酸 フレッシュアイペディアより)

  • 保護基

    保護基から見た酢酸エチル酢酸エチル

    tert-ブチル基 ? トリフルオロ酢酸や、4mol/L 塩酸-酢酸エチル溶液などの強酸性条件下脱保護することができる。保護基 フレッシュアイペディアより)

  • エステル

    エステルから見た酢酸エチル酢酸エチル

    有機エステルの化学式は慣例的に RCOOR'(RとR'はそれぞれカルボン酸とアルコール由来の炭化水素基)と記される。例えば、エタノールと酢酸から誘導される酢酸エチルは CH3COOCH2CH3 と記される。この他、炭化水素基の略号を用いて EtOAc と書かれたり、CH3CO2C2H5 と書かれたりすることもある。エステル フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫採集

    昆虫採集から見た酢酸エチル酢酸エチル

    毒瓶、毒壺に用いる薬品は、今日では酢酸エチルを用いることが多い。かつてはシアン化カリウム(いわゆる青酸カリ)を少量の酢酸や木屑(木材はギ酸や酢酸を微量に発生する)とともに瓶の底に仕込んで石膏で封じ、石膏の壁を通じて徐々に微量のシアン化水素ガスが発生するようにしたものもよく用いられた。酢酸エチルの入手は成年で、身分証明や印鑑などが必要である為に未成年や出来るだけ昆虫採集に費用をかけたくない者は100円均一ショップなどで販売されている酢酸エチルを含むマニキュア除光液を使用している。必要微小な小蛾類にはアンモニアも用いられる。酢酸エチルは毒瓶の壁に結露しやすいため、微毛や剛毛が同定形質として重要なハチやハエに用いる場合には体表が濡れて毛が損傷しやすいので不適切な側面がある。先述のシアン化カリウムを用いる方法はこの手の昆虫に最適であったのであるが、今日では一般の入手が困難になったため、大学などの公的研究機関以外では稀にしか用いられていない。これらに酢酸エチルを使う場合には、死んだらすぐに瓶から取り出す、結露した酢酸エチルをこまめに拭うなどの工夫を要する。また、1990年代以降、二亜硫酸ナトリウムとクエン酸を混合して亜硫酸ガスを生じさせる方法が使われるようになってきており、ハチやハエの採集に有効である他、体脂肪の多いオサムシやゲンゴロウに用いたときに油の滲み出しを防止する効果があるため、次第に普及してきている。ホルマリンは殺した昆虫が硬化し、下記のような展足ができなくなるからほとんど用いられないが、トンボやキリギリス類の色止めに用いられることもある。昆虫採集 フレッシュアイペディアより)

  • 風船玉

    風船玉から見た酢酸エチル酢酸エチル

    風船玉(ふうせんだま)とは玩具の一種で、酢酸ビニール樹脂をアルコール類(主に酢酸エチル(有害)・局方エタノール(無害)を使用)で溶かしたもの(原液)を金属製チューブに入れたものと、短くて細いプラスチック(PVC)製パイプと一緒に販売しているビニールポリバルーンの事を指す。風船玉 フレッシュアイペディアより)

  • アセトアルデヒド

    アセトアルデヒドから見た酢酸エチル酢酸エチル

    アセトアルデヒド (acetaldehyde) は、アルデヒドの一種。IUPAC命名法では エタナール (ethanal) ともいい、他に酢酸アルデヒド、エチルアルデヒドなどの別名がある。自然界では植物の正常な代謝過程で産生され、特に果実などに多く含まれている。また人体ではエタノールの酸化によって生成されて発がん性を持ち、一般に二日酔いの原因と見なされている。またたばこの依存性を高めている。産業的にも大規模に製造され、その多くが酢酸エチルの製造原料として使われている。示性式は CH3CHOアセトアルデヒド フレッシュアイペディアより)

  • クワガタムシ

    クワガタムシから見た酢酸エチル酢酸エチル

    脚(または肢)は、前胸・中胸・後胸に各一対生え、根元から基節(きせつ)・転節(てんせつ)・腿節(たいせつ)・脛節(けいせつ)・跗節(ふせつ)に分けられる。腿節の根元の体との接続部分を転節、転節のついている一番根元の関節を基節という。飼育下では跗節がよくとれるため、慌てる飼育初心者も多いが、出血の恐れもなく、また脚が6本もあるので1本くらい取れただけでは大きな支障はないが、転倒した際に起き上がることが困難になるので、全く支障がないとは言い切れない。ただ標本としての価値が下がるため、標本収集を目的とする者は採集したものを、跗節が取れるのを嫌い、持ち帰って飼育せずそのまま酢酸エチルで殺すことも多い。生体でも通常より値段は下がるため、主に累代飼育を目的とするものは種親の欠陥を気にせず購入するが、欠陥箇所によっては交尾や産卵に支障をきたす場合があるため、注意が必要である。クワガタムシ フレッシュアイペディアより)

  • 電気化学的二元論

    電気化学的二元論から見た酢酸エチル酢酸エチル

    この結果をデュマは、エタノール内の水の水素が塩素と反応して塩化水素として脱離し、エテリンの酸化物(デュマの説によれば酢酸エチル)が生成した後、エテリンの水素3つが塩素に置換された物質となったと解釈した。電気化学的二元論 フレッシュアイペディアより)

  • Tert-ブトキシカルボニル基

    Tert-ブトキシカルボニル基から見た酢酸エチル酢酸エチル

    室温下、トリフルオロ酢酸または4規定塩酸-酢酸エチル溶液などの強酸を作用させることで脱保護される。多くの場合、単に溶媒を留去するだけでほぼ定量的に脱保護体が得られる。Tert-ブトキシカルボニル基 フレッシュアイペディアより)

  • エチル基

    エチル基から見た酢酸エチル酢酸エチル

    エチル基(エチルき、ethyl group)とは、有機化学において -CH2CH3 と表される1価の置換基のこと。構造式上では Et と略される。エタンから水素を1個除去した構造に相当し、エチルアルコール(エタノール)、ジエチルエーテル、酢酸エチルなど、多くの有機化合物に現れる構造。疎水性である。エチル基 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
64件中 1 - 10件表示