51件中 11 - 20件表示
  • 酢酸メチル

    酢酸メチルから見た酢酸エチル酢酸エチル

    酢酸メチル(さくさんメチル、Methyl acetate)、エタン酸メチルもしくは酢酸メチルエステルは、接着剤やマニキュアリムーバーの不快ではない臭いとして知られている、独特な臭いをもつ無色可燃性液体の有機化合物である。酢酸メチルの性質は酢酸エチルとよく似ており、酢酸エチルの置換え品として利用される。酢酸メチルは接着剤やマニキュアリムーバーの溶剤として利用される他、化学実験の反応溶媒や抽出溶媒、フルーツ・洋酒・ナッツの香料としても使用される。酢酸メチルは疎水性(親油性)と弱い極性(親水性)とを併せ持った非プロトン溶媒である。室温下、酢酸メチルは水に対して25%の溶解性を持ち、温度を上昇させると水との混和性が増大する。酢酸メチルは強い酸性または塩基性水溶液中では安定ではない。酢酸メチル フレッシュアイペディアより)

  • Tert-ブトキシカルボニル基

    Tert-ブトキシカルボニル基から見た酢酸エチル酢酸エチル

    室温下、トリフルオロ酢酸または4規定塩酸-酢酸エチル溶液などの強酸を作用させることで脱保護される。多くの場合、単に溶媒を留去するだけでほぼ定量的に脱保護体が得られる。Tert-ブトキシカルボニル基 フレッシュアイペディアより)

  • インダン

    インダンから見た酢酸エチル酢酸エチル

    1-メチル-インダン、2-メチル-インダン(メチル基は五員環に結合)、4-メチル-インダン、5-メチル-インダン(メチル基はベンゼン環に結合)ほか様々なジメチルインダンが、医薬品原料などとして利用される。その他の誘導体も、例えば金属ナトリウムとエタノールを触媒としてフタル酸ジエチルと酢酸エチルを反応させることにより、間接的に得ることができる。インダン フレッシュアイペディアより)

  • テトラメチルベンジジン

    テトラメチルベンジジンから見た酢酸エチル酢酸エチル

    3,3',5,5'-テトラメチルベンジジン(単に テトラメチルベンジジン とも。3,3',5,5'-tetramethylbenzidine、TMB)とは、免疫組織を可視化するための化学染色(免疫染色)に用いられる有機化合物で、ベンジジンの誘導体。テトラメチルベンジジン法、ELISA試験で利用される。結晶状のときは無色で、酢酸エチルの溶液状とすると弱い青緑色を呈する。テトラメチルベンジジン フレッシュアイペディアより)

  • ポリグリコール酸

    ポリグリコール酸から見た酢酸エチル酢酸エチル

    PGAのガラス転移点は35—40℃であり、融点は220—230℃であると報告されている。PGAは60℃以上で結晶化により透明さを失う。ポリエステルの溶解性は特徴があり、分子量(平均分子量)が大きくなると大抵の有機溶媒(アセトン、ジクロロメタン、クロロホルム、酢酸エチル、テトラヒドロフランなど)には解けなくなる。低分子であるオリゴマーではまったく物性は異なりDMSOなどの有機溶媒に可溶である。一方、PGAは高分子でもヘキサフルオロ2-プロパノール(HFIP)やペルフルオロアセトンの様なフッ素系の溶媒には溶解するので、高分子ポリマーの溶液にして溶融紡績したりフィルム状にすることができる。 PGA繊維は強靭性を示し、ヤング率は(7 GPa)で、剛直である。そのため、吸収性縫合糸に用いられる際は、細い糸を束ねたマルチフィラメントで使われている。ポリグリコール酸 フレッシュアイペディアより)

  • 水素化アルミニウムリチウム

    水素化アルミニウムリチウムから見た酢酸エチル酢酸エチル

    0度に冷却した上で飽和塩化アンモニウム水溶液を加えて反応を停止する。この灰色のエマルジョンにトリエチルアミン/メタノール/酢酸エチル3:10:87の混合溶液(反応溶媒のTHFに対して2.5倍量)を加え、セライトなどを用いて濾過する。濾液を通常の分液処理し、目的物を得る。水素化アルミニウムリチウム フレッシュアイペディアより)

  • 日本合成化学工業

    日本合成化学工業から見た酢酸エチル酢酸エチル

    酢酸、酢酸ビニルモノマー、酢酸エチル、イミダゾール類、医薬品原薬、医薬・農薬中間体など日本合成化学工業 フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸塩

    酢酸塩から見た酢酸エチル酢酸エチル

    酢酸塩には酢酸銅や酢酸ナトリウムなど、酢酸エステルには酢酸エチルなどがある。酢酸塩 フレッシュアイペディアより)

  • ティシチェンコ反応

    ティシチェンコ反応から見た酢酸エチル酢酸エチル

    上式のように、ベンズアルデヒドを基質とすると安息香酸ベンジルが、アセトアルデヒドからは酢酸エチルが得られる。触媒としては、アルミニウムアルコキシド、またはナトリウムアルコキシドが用いられる。ティシチェンコ反応 フレッシュアイペディアより)

  • フルオロスルホン酸

    フルオロスルホン酸から見た酢酸エチル酢酸エチル

    粘性の低い無色の液体である。極性の高い有機溶媒(ニトロベンゼン、ジエチルエーテル、酢酸、酢酸エチルなど)に可溶だが、アルカンなど非極性溶媒には溶けない。高い酸性度を持ち、ほとんど全ての有機化合物を溶解するが、これには弱いブレンステッド酸さえも含まれる。ゆっくりと加水分解されてフッ化水素と硫酸になる。一方、類似の構造を持つ化合物であるトリフルオロメタンスルホン酸 CF3SO3H はフルオロスルホン酸と同様に強酸であり、水に対して安定である。フルオロスルホン酸 フレッシュアイペディアより)

51件中 11 - 20件表示