51件中 21 - 30件表示
  • アセチルアセトン

    アセチルアセトンから見た酢酸エチル酢酸エチル

    ふたつめは、アセトンと酢酸エチルとのアルカリ触媒による縮合、続くプロトン化により生成するというものである。アセチルアセトン フレッシュアイペディアより)

  • ペラルゴン酸

    ペラルゴン酸から見た酢酸エチル酢酸エチル

    「使い古した食用油に似た不快なにおい」を持つ油状の液体で、水にはほとんど溶けないが、クロロホルムやエーテル、アルコール、酢酸エチルにはよく溶ける。ペラルゴン酸 フレッシュアイペディアより)

  • JR貨物UT10C形コンテナ

    JR貨物UT10C形コンテナから見た酢酸エチル酢酸エチル

    徳山石油化学所有、酢酸エチル専用。後に昭和電工所有に変更。JR貨物UT10C形コンテナ フレッシュアイペディアより)

  • 塩化アセチル

    塩化アセチルから見た酢酸エチル酢酸エチル

    塩化アセチルは、有機合成において、アセチル化反応に用いられる。エタノールのアセチル化による酢酸エチルの合成、ベンゼンのフリーデル・クラフツのアセチル化反応によるアセトフェノンの合成を例として示す。塩化アセチル フレッシュアイペディアより)

  • 硝酸ベリリウム

    硝酸ベリリウムから見た酢酸エチル酢酸エチル

    酢酸エチルを溶媒として塩化ベリリウムを四酸化二窒素と反応させると、硝酸ベリリウムの四酸化二窒素付加物が得られ、これを50℃に加熱すると分解して無水物が生成する。硝酸ベリリウム フレッシュアイペディアより)

  • 毒物及び劇物取締法

    毒物及び劇物取締法から見た酢酸エチル酢酸エチル

    1972年、一部改正により、シンナーなどの溶剤として用いられる毒物劇物の乱用を禁止し、また発火性・爆発性の毒物劇物の使用を規制した。これに伴って酢酸エチルやトルエンを劇物に指定。そのほか毒物および劇物の運搬に関する規制が強化され、劇物たる家庭用品が2品目指定された。毒物及び劇物取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 白酒 (中国酒)

    白酒 (中国酒)から見た酢酸エチル酢酸エチル

    白酒は「薫り高い」と表現されることが多い。たしかに芳香が強い酒であり、数十種類の香り成分を含んでいる。香りのもとは、酢酸エチル、カプロン酸エチル、乳酸エチルなどを主体とするエステルである。含有量は少ないが白酒独特の香りを発するエステルとして、酪酸エチル、酢酸イソアミル、吉草酸エチルなどがある。エステル以外に、香りと味の重要な要素として、エステルと分子構造の近いカルボン酸(有機酸)を含み、主なものは、酢酸、酪酸、カプロン酸、乳酸である。白酒 (中国酒) フレッシュアイペディアより)

  • 合成香料

    合成香料から見た酢酸エチル酢酸エチル

    食品用に用いられる香料では毒物及び劇物取締法の規制を受ける例は少ないが、酢酸エチルは劇物に指定されている。合成香料 フレッシュアイペディアより)

  • シンナー

    シンナーから見た酢酸エチル酢酸エチル

    日本では、シンナー蒸気吸引が1967年頃から青少年の間に「シンナー遊び」として流行して社会問題化したことをきっかけに毒物及び劇物取締法を一部改定し、1972年8月1日より使用、販売等が規制されている。このことにより日本の法律ではシンナーに含まれる成分であるトルエン・キシレン・メタノール・酢酸エチル・メチルエチルケトンが劇物として指定され、これらを含む製剤の吸引や吸引目的の所持等を禁止するとともに、違反を行った者の取り締まりが行われるようになった。シンナー フレッシュアイペディアより)

  • ペンタメチルシクロペンタジエン

    ペンタメチルシクロペンタジエンから見た酢酸エチル酢酸エチル

    ペンタメチルシクロペンタジエンの最初の合成例ではチグリンアルデヒド (trans-2-メチル-2-ブテナール) から出発し、2,3,4,5-テトラメチル-2-シクロペンテノンを経由してペンタメチルシクロペンタジエンを得ていた。それに変わる手法として、2分子の2-ブテニルリチウムを酢酸エチルに加えて得たアルコールから、酸触媒により脱水環化させる手法が大量合成法として報告された。ペンタメチルシクロペンタジエン フレッシュアイペディアより)

51件中 21 - 30件表示