64件中 21 - 30件表示
  • 無水酢酸

    無水酢酸から見た酢酸エチル酢酸エチル

    エタノールに易溶だが、徐々に反応して酢酸エチルとなる。また、エーテル・ベンゼン・ニトロベンゼンなどにも溶ける。水には約2.7%溶けて、徐々に反応して酢酸となる。この反応は酸の存在により促進される。強塩基と反応させると酢酸塩となる。無水酢酸 フレッシュアイペディアより)

  • インダン

    インダンから見た酢酸エチル酢酸エチル

    1-メチル-インダン、2-メチル-インダン(メチル基は五員環に結合)、4-メチル-インダン、5-メチル-インダン(メチル基はベンゼン環に結合)ほか様々なジメチルインダンが、医薬品原料などとして利用される。その他の誘導体も、例えば金属ナトリウムとエタノールを触媒としてフタル酸ジエチルと酢酸エチルを反応させることにより、間接的に得ることができる。インダン フレッシュアイペディアより)

  • ジメチルジスルフィド

    ジメチルジスルフィドから見た酢酸エチル酢酸エチル

    中国北京市で作られている、豆腐にケカビを付け、塩漬けして発酵させた「青腐乳」(別名「臭豆腐」、「青方」)にはインドール、フェノール、ジメチルトリスルフィド、酢酸エチル、トリメチルヒドラジンなどと共に含まれており、刺激性ある臭気成分が独特の風味として作用している。ジメチルジスルフィド フレッシュアイペディアより)

  • アセト酢酸エチル

    アセト酢酸エチルから見た酢酸エチル酢酸エチル

    アセト酢酸エチルは、酢酸エチルに、金属ナトリウムあるいはナトリウムエトキシド (C2H5ONa) を加えて縮合させると得られる。この反応はクライゼン縮合の一例である。アセト酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 芳香化合物

    芳香化合物から見た酢酸エチル酢酸エチル

    酢酸エチル(果物の香り)芳香化合物 フレッシュアイペディアより)

  • 水溶液

    水溶液から見た酢酸エチル酢酸エチル

    分子結晶の結晶エネルギーは分子間力のうち、ファンデルワールス力、双極子相互作用および水素結合に起因する。これらの結晶の結合力はイオン結晶に比べると格段に弱いものの、分子量が増大するほど結晶エネルギーは(すなわち融点も)大きくなる。極性分子結晶のうち分子量の小さいもの、あるいは多数の水素結合を有するものは水に溶けやすい。分子量の小さいものは水和する表面が相対的に広い場合に水に溶解する。酢酸エチルはアセトンよりも極性の絶対値は大きいが分子量が大きく水和しない領域が大である。そのため水和の寄与がほとんどなく、水に溶解しない。糖などある程度の分子量以上では、極性分子結晶は水素結合の存在が多い場合に水に溶解する。水溶液 フレッシュアイペディアより)

  • 水素化アルミニウムリチウム

    水素化アルミニウムリチウムから見た酢酸エチル酢酸エチル

    0 ºCに冷却した上で飽和塩化アンモニウム水溶液を加えて反応を停止させる。この灰色のエマルジョンにトリエチルアミン/メタノール/酢酸エチル3:10:87の混液(反応溶媒のTHFに対して2.5倍量)を加え、セライトなどを用いて濾過する。濾液を通常通り分液処理し、目的物を得る。水素化アルミニウムリチウム フレッシュアイペディアより)

  • アルケン

    アルケンから見た酢酸エチル酢酸エチル

    水素の付加によってC-C二重結合を飽和させ単結合とする反応。C-C二重結合を水素化するには触媒が必要である。水素は二重結合の炭素にsyn付加する。立体障害が少ない面が選択される。触媒は不均一系または均一系のいずれかである。溶媒によく用いられるのはメタノール、エタノール、酢酸、酢酸エチルなど。アルケン フレッシュアイペディアより)

  • JR貨物UT10C形コンテナ

    JR貨物UT10C形コンテナから見た酢酸エチル酢酸エチル

    徳山石油化学所有、酢酸エチル専用。後に昭和電工所有に変更。JR貨物UT10C形コンテナ フレッシュアイペディアより)

  • 硝酸ベリリウム

    硝酸ベリリウムから見た酢酸エチル酢酸エチル

    酢酸エチルを溶媒として塩化ベリリウムを四酸化二窒素と反応させると、硝酸ベリリウムの四酸化二窒素付加物が得られ、これを50℃に加熱すると分解して無水物が生成する。硝酸ベリリウム フレッシュアイペディアより)

64件中 21 - 30件表示