64件中 31 - 40件表示
  • フルオロスルホン酸

    フルオロスルホン酸から見た酢酸エチル酢酸エチル

    粘性の低い無色の液体である。極性の高い有機溶媒(ニトロベンゼン、ジエチルエーテル、酢酸、酢酸エチルなど)に可溶だが、アルカンなど非極性溶媒には溶けない。高い酸性度を持ち、ほとんど全ての有機化合物を溶解するが、これには弱いブレンステッド酸さえも含まれる。ゆっくりと加水分解されてフッ化水素と硫酸になる。一方、類似の構造を持つ化合物であるトリフルオロメタンスルホン酸 CF3SO3H はフルオロスルホン酸と同様に強酸であり、水に対して安定である。フルオロスルホン酸 フレッシュアイペディアより)

  • 塩化アセチル

    塩化アセチルから見た酢酸エチル酢酸エチル

    塩化アセチルは、有機合成において、アセチル化反応に用いられる。エタノールのアセチル化による酢酸エチルの合成、ベンゼンのフリーデル・クラフツのアセチル化反応によるアセトフェノンの合成を例として示す。塩化アセチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸メチル

    酢酸メチルから見た酢酸エチル酢酸エチル

    酢酸メチル(さくさんメチル、Methyl acetate)、エタン酸メチルもしくは酢酸メチルエステルは、接着剤やマニキュアリムーバーの不快ではない臭いとして知られている、独特な臭いをもつ無色可燃性液体の有機化合物である。酢酸メチルの性質は酢酸エチルとよく似ており、酢酸エチルの置換え品として利用される。酢酸メチルは接着剤やマニキュアリムーバーの溶剤として利用される他、化学実験の反応溶媒や抽出溶媒、フルーツ・洋酒・ナッツの香料としても使用される。酢酸メチルは疎水性(親油性)と弱い極性(親水性)とを併せ持った非プロトン溶媒である。室温下、酢酸メチルは水に対して25%の溶解性を持ち、温度を上昇させると水との混和性が増大する。酢酸メチルは強い酸性または塩基性水溶液中では安定ではない。酢酸メチル フレッシュアイペディアより)

  • シンナー

    シンナーから見た酢酸エチル酢酸エチル

    日本では、シンナー蒸気吸引が1967年(昭和42年)頃から青少年の間に「シンナー遊び」として流行して社会問題化したことをきっかけに毒物及び劇物取締法を一部改定し、1972年(昭和47年)8月1日より使用、販売等が規制されている。このことにより日本の法律ではシンナーに含まれる成分であるトルエン・キシレン・メタノール・酢酸エチル・メチルエチルケトンが劇物として指定され、これらを含む製剤の吸引や吸引目的の所持等を禁止するとともに、違反を行った者の取締りが行われるようになった。シンナー フレッシュアイペディアより)

  • ペラルゴン酸

    ペラルゴン酸から見た酢酸エチル酢酸エチル

    「使い古した食用油に似た不快なにおい」を持つ油状の液体で、水にはほとんど溶けないが、クロロホルムやエーテル、アルコール、酢酸エチルにはよく溶ける。消防法に定める第4類危険物 第3石油類に該当する。ペラルゴン酸 フレッシュアイペディアより)

  • ニソルジピン

    ニソルジピンから見た酢酸エチル酢酸エチル

    黄色の結晶状の粉末で、光により徐々に着色する。メタノール、エタノール、酢酸エチル、テトラヒドロフランに溶けるが、水にはほとんど溶けない。融点は149-152℃である。ニソルジピン フレッシュアイペディアより)

  • ペンタメチルシクロペンタジエン

    ペンタメチルシクロペンタジエンから見た酢酸エチル酢酸エチル

    ペンタメチルシクロペンタジエンの最初の合成例ではチグリンアルデヒド (trans-2-メチル-2-ブテナール) から出発し、2,3,4,5-テトラメチル-2-シクロペンテノンを経由してペンタメチルシクロペンタジエンを得ていた。それに変わる手法として、2分子の2-ブテニルリチウムを酢酸エチルに加えて得たアルコールから、酸触媒により脱水環化させる手法が大量合成法として報告された。ペンタメチルシクロペンタジエン フレッシュアイペディアより)

  • ジメチルトリスルフィド

    ジメチルトリスルフィドから見た酢酸エチル酢酸エチル

    中国北京市で作られている、豆腐にケカビを付け、塩漬けして発酵させた「青腐乳」(別名「臭豆腐」、「青方」)にはインドール、フェノール、ジメチルジスルフィド、酢酸エチル、トリメチルヒドラジンなどと共に含まれており、独特の風味を出す臭気成分のひとつとして作用している。ジメチルトリスルフィド フレッシュアイペディアより)

  • 博愛新開源製薬

    博愛新開源製薬から見た酢酸エチル酢酸エチル

    2-ピロリドン(または2-ピロリジノン、γ-ブチロラクタム)は、5員環ラクタム構造を持つ有機化合物。水、エタノール、酢酸エチル、ジエチルエーテル、クロロホルム、二硫化炭素、ベンゼンなど多くの溶媒と互いに混合し、工業用溶媒として用いられる。またポリビニルピロリドンなど高分子化合物の中間体として用いられる。博愛新開源製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 危険物

    危険物から見た酢酸エチル酢酸エチル

    アセトン、ガソリン、ベンゼン、トルエン、ピリジン、臭化エチル、ギ酸エチル、酢酸エチル、メチルエチルケトン、トリエチルアミン、アクロレイン、アクリロニトリル、エチレンイミン、アセトニトリル。危険物 フレッシュアイペディアより)

64件中 31 - 40件表示