64件中 41 - 50件表示
  • 国鉄タサ4300形貨車

    国鉄タサ4300形貨車から見た酢酸エチル酢酸エチル

    本形式の他に酢酸エチルを専用種別とする形式には、タ3600形(6両)、タム3800形(3両)、タム3850形(2両)、タキ7700形(4両)の4形式があった。国鉄タサ4300形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • オリンピセン

    オリンピセンから見た酢酸エチル酢酸エチル

    オリンピセンの合成は、ピレンカルボキシアルデヒドのウィッティヒ反応を用いて開始する。必要なイリドを得るために、まずトリフェニルホスフィンをブロモ酢酸エチルと反応させてホスホニウム塩を形成する。?この塩を穏やかな塩基で処理した後、トルエン中でイリドをアルデヒドと反応させる。?酢酸エチル中、水素とパラジウムを用いて、α,β不飽和カルボニル化合物を水素化した後、エステルを水酸化カリウム、酸、次いで塩化チオニルを用いて酸塩化物に変換する。?ジクロロメタン中、塩化アルミニウムを用いてフリーデル・クラフツ反応させ、ケトンを形成する。このケトンを水素化アルミニウムリチウムを用いて還元すると、アルコールの3,4-ジヒドロ-5H-ベンゾ1ピレン-5-オールが得られ、その化合物を酸性のイオン交換樹脂で処理して、最終生成物のオリンピセンを得る。オリンピセン フレッシュアイペディアより)

  • ケカビ

    ケカビから見た酢酸エチル酢酸エチル

    利用例としては、中国北京市で作られている、圧縮して水分を減らした豆腐にMucor sufu(中国語:腐乳毛黴)、Mucor rouxanus(魯氏毛黴)、Mucor wutungkiao(五通橋毛黴)、Mucor racemosus(総状毛黴)など(実際にはシャジクケカビ属、クモノスカビ属も混じる)を付けて菌糸を発育させ、一度菌糸を拭い取ってから、塩漬けして発酵させた「青腐乳」(別名「臭豆腐」、「青方」)という加工食品、調味料がある。塩辛いので粥に少量乗せて食べたり、しゃぶしゃぶのたれの薬味にしたりする。塩水中で発酵することで、大豆タンパクが分解しされてインドール、フェノール、硫化メチル、酢酸エチル、トリメチルヒドラジンなどの刺激性の臭気成分が出て独特の風味となる。ケカビ フレッシュアイペディアより)

  • 合成香料

    合成香料から見た酢酸エチル酢酸エチル

    食品用に用いられる香料では毒物及び劇物取締法の規制を受ける例は少ないが、酢酸エチルは劇物に指定されている。合成香料 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タム100形貨車 (2代)

    国鉄タム100形貨車 (2代)から見た酢酸エチル酢酸エチル

    タ3600形は酢酸エチル専用の9t積二軸貨車である。国鉄タム100形貨車 (2代) フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸塩

    酢酸塩から見た酢酸エチル酢酸エチル

    なお、英語の Acetate および ethanoate は酢酸エステルのことも指すが、酢酸エステルは酢酸イオンを含まない点で酢酸塩と異なる。酢酸エステルには酢酸エチルなどがある。酢酸塩 フレッシュアイペディアより)

  • シクロヘキサノール

    シクロヘキサノールから見た酢酸エチル酢酸エチル

    シクロヘキサノールは特徴的な芳香を有する無色の液体である。25で融解し、161で沸騰する。エタノール、酢酸エチル、および芳香性炭化水素化合物などに対し高い溶解性を示す。水に対する溶解性は3.60 g/100mL。引火点はおよそ 68 ℃ で発火点は290。密度は0.941g/cm3であり、水より低密度である。融点が25であるため、室温では多くの場合ネバネバした液体状となっている。シクロヘキサノール フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タキ7700形貨車

    国鉄タキ7700形貨車から見た酢酸エチル酢酸エチル

    本形式の他に酢酸エチルを専用種別とする形式には、タ3600形(6両)、タム3800形(3両)、タム3850形(2両)、タサ4300形(5両)の4形式があった。国鉄タキ7700形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • ポリグリコール酸

    ポリグリコール酸から見た酢酸エチル酢酸エチル

    PGAのガラス転移点は35—40℃であり、融点は220—230℃であると報告されている。PGAは60℃以上で結晶化により透明さを失う。ポリエステルの溶解性は特徴があり、分子量(平均分子量)が大きくなると大抵の有機溶媒(アセトン、ジクロロメタン、クロロホルム、酢酸エチル、テトラヒドロフランなど)には解けなくなる。低分子であるオリゴマーではまったく物性は異なりDMSOなどの有機溶媒に可溶である。一方、PGAは高分子でもヘキサフルオロ2-プロパノール(HFIP)やペルフルオロアセトンの様なフッ素系の溶媒には溶解するので、高分子ポリマーの溶液にして溶融紡糸したりフィルム状にすることができる。 PGA繊維は強靭性を示し、ヤング率は(7 GPa)で、剛直である。そのため、吸収性縫合糸に用いられる際は、細い糸を束ねたマルチフィラメントで使われている。ポリグリコール酸 フレッシュアイペディアより)

  • カルモア

    カルモアから見た酢酸エチル酢酸エチル

    主力商品であるにおいセンサー「KALMOR-Σ」は、マイクロエアポンプによる自動吸引式(500mL/分)、高感度金属酸化物熱線型半導体式ガスセンサ方式で、メチルメルカプタン、硫化水素、トリメチルアミン、アセトアルデヒド、酢酸エチル、トルエン、スチレンに対する測定感度が試験されている。カルモア フレッシュアイペディアより)

64件中 41 - 50件表示