64件中 51 - 60件表示
  • 二酸化硫黄

    二酸化硫黄から見た酢酸エチル酢酸エチル

    昆虫の標本を作る際、酢酸エチルを使うと体毛がぬれたり体色が変化したり油が染みでたりすることのある昆虫の殺虫剤として用いられている。二酸化硫黄 フレッシュアイペディアより)

  • 溶媒

    溶媒から見た酢酸エチル酢酸エチル

    一般的に溶媒として扱われる物質は常温常圧では無色の液体であり、独特の臭気を持つものも多い。有機溶媒は一般用途としてドライクリーニング(テトラクロロエチレン)、シンナー(トルエン、テルピン油)、マニキュア除去液や接着剤(アセトン、酢酸メチル、酢酸エチル)、染み抜き(ヘキサン、石油エーテル)、合成洗剤(オレンジオイル)、香水(エタノール)あるいは化学合成や樹脂製品の加工に使用される。溶媒 フレッシュアイペディアより)

  • 白酒 (中国酒)

    白酒 (中国酒)から見た酢酸エチル酢酸エチル

    白酒は「薫り高い」と表現されることが多い。たしかに芳香が強い酒であり、数十種類の香り成分を含んでいる。香りのもとは、酢酸エチル、カプロン酸エチル、乳酸エチルなどを主体とするエステルである。含有量は少ないが白酒独特の香りを発するエステルとして、酪酸エチル、酢酸イソアミル、吉草酸エチルなどがある。エステル以外に、香りと味の重要な要素として、エステルと分子構造の近いカルボン酸(有機酸)を含み、主なものは、酢酸、酪酸、カプロン酸、乳酸である。白酒 (中国酒) フレッシュアイペディアより)

  • キャッサバ

    キャッサバから見た酢酸エチル酢酸エチル

    東南アジア(タイが主要国)などで栽培されたキャッサバは乾燥工程を経て「キャッサバチップ」へ加工され、中国などに輸出される。その後、中国では発酵工程を経てエタノール(バイオマスエタノール)となる。それを原料に氷酢酸とエステル化した酢酸エチルが、大量に生産されている(約80万MT/年)。中国で生産された酢酸エチルは年間約30万MT程度海外に輸出されており、有機化学分野では貴重な外貨獲得手段となっている。キャッサバ フレッシュアイペディアより)

  • トレチノイントコフェリル

    トレチノイントコフェリルから見た酢酸エチル酢酸エチル

    ヒトは、トレチノイントコフェリルを口にしても味を感じない。その構造からも明らかなように脂溶性(疎水性)の物質であり、また吸湿性もほとんどない。トレチノイントコフェリル1gを溶かすために、酢酸エチルやクロロホルムやトルエンやベンゼンならば1mLあれば充分だが、エタノールなら約60mLが必要で、メタノールなら約5L必要で、水に至っては10L以上を必要とする。なお、トレチノイントコフェリルはやや黄色味を帯びている。黄色に見えるということは可視光の一部の波長域を吸収することは明らかであるわけだが、トレチノイントコフェリルは、紫外可視吸光スペクトルにおいては、波長363nmから波長367nmの紫外線領域に極大吸収帯を持っている。また、その構造から明らかなように、カルボニル基に特徴的な赤外線吸収も見られる。ちなみに、太陽光に対してトレチノイントコフェリルは、やや不安定である。トレチノイントコフェリル フレッシュアイペディアより)

  • 原子移動ラジカル重合

    原子移動ラジカル重合から見た酢酸エチル酢酸エチル

    トルエン、酢酸エチル、アセトン、DMF、アルコール、水など、様々な溶媒が使用可能。溶媒を使用しない塊状重合や、乳化重合・懸濁重合も可能。原子移動ラジカル重合 フレッシュアイペディアより)

  • アセチルアセトン

    アセチルアセトンから見た酢酸エチル酢酸エチル

    ふたつめは、アセトンと酢酸エチルとのアルカリ触媒による縮合、続くプロトン化により生成するというものである。アセチルアセトン フレッシュアイペディアより)

  • ぬれせんべい

    ぬれせんべいから見た酢酸エチル酢酸エチル

    保存中に白い粉状の物質が付着した物を食べて、異臭及び口のしびれが報告されたことがある。これは、酵母菌の一種“Hansenula anomala”が生産した酢酸エチルが付着した物である。ぬれせんべい フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本

    2008年の日本から見た酢酸エチル酢酸エチル

    静岡県磐田市の食品業者が中華人民共和国から輸入したつぶあんを食べ、めまいを訴えた顧客がいたため、静岡県が検査した結果、商品からトルエンと酢酸エチルが検出される。2008年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本県の歴史

    熊本県の歴史から見た酢酸エチル酢酸エチル

    1930年(昭和5年)頃から日窒水俣工場は主製造品を、アセトアルデヒドを原料とする酢酸・酢酸エチルなどに転換した。この原料を製造する過程で、第二硫化水銀触媒を使用する工程で毒性が高いメチル水銀が生成された。日窒は処理を行なわず、排水を水俣湾に放出し続けた。この結果、1941年(昭和16年)に初めて水俣病患者が発生した。戦時中の空襲で工場は破壊されたが、戦後復興し、ふたたび排水放出は始まった。1932年(昭和7年)から1968年(昭和43年)までの間に放出された水銀量は200トンにのぼる。熊本県の歴史 フレッシュアイペディアより)

64件中 51 - 60件表示