1 2 3 4 5 6 7 次へ
64件中 61 - 64件表示
  • 日本合成化学工業

    日本合成化学工業から見た酢酸エチル酢酸エチル

    酢酸、酢酸ビニルモノマー、酢酸エチル、イミダゾール類、医薬品原薬、医薬・農薬中間体など日本合成化学工業 フレッシュアイペディアより)

  • ワイン

    ワインから見た酢酸エチル酢酸エチル

    マロラクティック発酵に由来:リンゴ酸分解物の乳酸、酢酸エチル、アセトイン、ジアセチル、酢酸等ワイン フレッシュアイペディアより)

  • カラムクロマトグラフィー

    カラムクロマトグラフィーから見た酢酸エチル酢酸エチル

    一種類の溶媒のみを使うこともあるが、一般にはいくつかの溶媒を混合して適切な Rf 値を達成するように極性を調整する。よく用いられる溶媒系はヘキサン-酢酸エチル、ヘキサン-ジクロロメタン、クロロホルム-メタノールなど。また、途中で混合溶媒の比率を変える(無修飾シリカカラムなどの順相カラムの場合は極性を上げる)ことで Rf 値の小さなものも流れてくるようになる。これを俗にグラジエントをかけるといい、目的物が拡散してしまう前に流出させて、分解能を保つ効果も期待できる。極性が同程度であっても用いる溶媒によってRf値は変わるので、分かれにくい時は別の溶媒系も試してみるとうまくいくかもしれない。カラムクロマトグラフィー フレッシュアイペディアより)

  • 高速液体クロマトグラフィー

    高速液体クロマトグラフィーから見た酢酸エチル酢酸エチル

    順相クロマトグラフィーは高速液体クロマトグラフィーにおいて最初に使われた。固定相に高極性のもの(シリカゲル)を、移動相に低極性のもの(例えばヘキサン、酢酸エチル、クロロホルムなどの有機溶媒)を用いる。分析物はより極性の高いほどより強く固定相と相互作用して溶出が遅くなる。また極性の高い物質の割合が多い移動相ほど溶出が早くなる。順相タイプは近年の逆相タイプの発展とともに使われることが少なくなったが、順相タイプは逆相タイプをはじめとする他の分離モードとは異なった特性を持つため、目的によっては非常に有効なものとなる。例えば、逆相タイプでは分離が困難なトコフェロールの異性体や保持の困難な糖類を容易に相互分析することができ、また主に水を含まない移動相を用いるので、水に難溶の脂溶性ビタミンや加水分解されやすい酸無水物などの化合物の分離に好適である。高速液体クロマトグラフィー フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
64件中 61 - 64件表示