57件中 11 - 20件表示
  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見たエタノール

    酢酸エチル(さくさんエチル、ethyl acetate)とは、示性式 CH3CO2C2H5 で表される有機化合物である。酢酸とエタノールが脱水縮合したエステル。引火点 −2 ℃の果実臭のする無色の液体で、有機溶媒として用いられる。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見たシンナー

    酢酸エチルはシンナー・ラッカーなど塗料の溶剤として利用される。マニキュアの除光液として、アセトンなどと並び多用されている。また、パイナップル・バナナ等天然の果実油の中にも広く含まれる果実臭成分の一つであり、エッセンスなど食品添加物の成分としても利用される。日本酒にも香気成分として含まれ、セメダイン臭として否定的なとらえ方をされる場合がある。一方でワインに含まれる酢酸エチルは味を落とす原因と言われている。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見たヘキサン

    極性が高く、最大で 3重量% ほど酢酸エチルに水が溶解する。逆に水に対しては 10体積%(25℃)ほど溶解し温度が低いほど増大する。また、エタノール、エーテル、ベンゼン、ヘキサンなどのほとんどの有機溶媒と任意の割合で混ざり合う。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見たMEK

    日本国内の市場規模は22?26万tと言われている。脱トルエン(脱BTX)(脱トル)の影響でトルエンから代替が進めばその市場規模はさらに拡大すると予想される。また2011年3月に発生した東日本大震災の影響により日本国内のMEKの供給能力が低下したことにともない、MEKから酢酸エチルへの代替も進んでいる。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見た酢酸

    酢酸エチル(さくさんエチル、ethyl acetate)とは、示性式 CH3CO2C2H5 で表される有機化合物である。酢酸とエタノールが脱水縮合したエステル。引火点 −2 ℃の果実臭のする無色の液体で、有機溶媒として用いられる。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見たエチレン

    最近、昭和電工により、シリカ担持ヘテロポリ酸触媒によるエチレンと酢酸からの合成法が開発された。本プロセスでは、原料価格に応じて、エチレンの代わりにエタノールを用いることもできる。56回日本化学会化学技術賞を受賞した。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見たケテン

    無水酢酸、塩化アセチル、ケテンなどとエタノールが反応しても酢酸エチルを与えるが、合成法としての価値はない(下図)。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見た有機物

    極性が高く、最大で 3重量% ほど酢酸エチルに水が溶解する。逆に水に対しては 10体積%(25℃)ほど溶解し温度が低いほど増大する。また、エタノール、エーテル、ベンゼン、ヘキサンなどのほとんどの有機溶媒と任意の割合で混ざり合う。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見た溶剤

    酢酸エチルはシンナー・ラッカーなど塗料の溶剤として利用される。マニキュアの除光液として、アセトンなどと並び多用されている。また、パイナップル・バナナ等天然の果実油の中にも広く含まれる果実臭成分の一つであり、エッセンスなど食品添加物の成分としても利用される。日本酒にも香気成分として含まれ、セメダイン臭として否定的なとらえ方をされる場合がある。一方でワインに含まれる酢酸エチルは味を落とす原因と言われている。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見た加水分解

    湿気(水分)を含むものは徐々に加水分解し、酸が存在すると加速する。アルカリ水溶液中ではけん化により加水分解する。酸触媒の場合は平衡反応であるため可逆であるが、アルカリ触媒の場合は加水分解のみが進行する。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

57件中 11 - 20件表示