57件中 31 - 40件表示
  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見た悪臭防止法

    他に、労働安全衛生法、労働基準法、家内労働法、船舶輸送法、海洋汚染防止法、悪臭防止法、食品衛生法に関連規定がある。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見た抽出

    有機化学実験では、アミン、ヒドリド還元試薬など広く求核試剤(試薬)と反応したりエステル交換反応することがあるので、反応溶媒としての利用は限定的である。したがって実験室での利用は抽出溶媒あるいはクロマトグラフィー法の展開溶媒としての利用が主である。クロマトグラフィーでは、低極性溶媒であるヘキサンとの混合溶媒が最も頻繁に用いられる。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見た蒸留

    酢酸エチルは低沸点であることから、硫酸を酸触媒として酢酸とエタノール(=エチルアルコール)とを加熱して脱水縮合させ、生成する酢酸エチルを連続的に蒸留で取り出すことで効率よく合成することができる。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見た液体

    酢酸エチル(さくさんエチル、ethyl acetate)とは、示性式 CH3CO2C2H5 で表される有機化合物である。酢酸とエタノールが脱水縮合したエステル。引火点 −2 ℃の果実臭のする無色の液体で、有機溶媒として用いられる。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見たクロマトグラフィー

    有機化学実験では、アミン、ヒドリド還元試薬など広く求核試剤(試薬)と反応したりエステル交換反応することがあるので、反応溶媒としての利用は限定的である。したがって実験室での利用は抽出溶媒あるいはクロマトグラフィー法の展開溶媒としての利用が主である。クロマトグラフィーでは、低極性溶媒であるヘキサンとの混合溶媒が最も頻繁に用いられる。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見たエーテル (化学)

    極性が高く、最大で 3重量% ほど酢酸エチルに水が溶解する。逆に水に対しては 10体積%(25℃)ほど溶解し温度が低いほど増大する。また、エタノール、エーテル、ベンゼン、ヘキサンなどのほとんどの有機溶媒と任意の割合で混ざり合う。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見た危険物

    日本では消防法により危険物第4類引火性液体(第一石油類 非水溶性液体)に指定されている。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見たマニキュア

    酢酸エチルはシンナー・ラッカーなど塗料の溶剤として利用される。マニキュアの除光液として、アセトンなどと並び多用されている。また、パイナップル・バナナ等天然の果実油の中にも広く含まれる果実臭成分の一つであり、エッセンスなど食品添加物の成分としても利用される。日本酒にも香気成分として含まれ、セメダイン臭として否定的なとらえ方をされる場合がある。一方でワインに含まれる酢酸エチルは味を落とす原因と言われている。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見た溶媒

    極性が高く、最大で 3重量% ほど酢酸エチルに水が溶解する。逆に水に対しては 10体積%(25℃)ほど溶解し温度が低いほど増大する。また、エタノール、エーテル、ベンゼン、ヘキサンなどのほとんどの有機溶媒と任意の割合で混ざり合う。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見た引火点

    酢酸エチル(さくさんエチル、ethyl acetate)とは、示性式 CH3CO2C2H5 で表される有機化合物である。酢酸とエタノールが脱水縮合したエステル。引火点 −2 ℃の果実臭のする無色の液体で、有機溶媒として用いられる。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

57件中 31 - 40件表示