61件中 51 - 60件表示
  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見た不均化

    アセトアルデヒドを塩基触媒により酢酸エチルに転換する。形式的には、アセトアルデヒドが不均化し、エタノールと酢酸として反応しているように見える。本法はエタノールに対して課税する国では原料コストの高いエタノールを利用せずにすむ為、日本では主流のプロセスである。しかしながら世界的な主流プロセスはエタノールを利用した方法であり、日本でもダイセルが実用化している。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見た極性

    極性が高く、最大で 3重量% ほど酢酸エチルに水が溶解する。逆に水に対しては 10体積%(25℃)ほど溶解し温度が低いほど増大する。また、エタノール、エーテル、ベンゼン、ヘキサンなどのほとんどの有機溶媒と任意の割合で混ざり合う。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見たエステル交換反応

    有機化学実験では、アミン、ヒドリド還元試薬など広く求核試剤(試薬)と反応したりエステル交換反応することがあるので、反応溶媒としての利用は限定的である。したがって実験室での利用は抽出溶媒あるいはクロマトグラフィー法の展開溶媒としての利用が主である。クロマトグラフィーでは、低極性溶媒であるヘキサンとの混合溶媒が最も頻繁に用いられる。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見た塩化アセチル

    無水酢酸、塩化アセチル、ケテンなどとエタノールが反応しても酢酸エチルを与えるが、合成法としての価値はない(下図)。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見た硫酸

    酢酸エチルは低沸点であることから、硫酸を酸触媒として酢酸とエタノール(=エチルアルコール)とを加熱して脱水縮合させ、生成する酢酸エチルを連続的に蒸留で取り出すことで効率よく合成することができる。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見たベンゼン

    極性が高く、最大で 3重量% ほど酢酸エチルに水が溶解する。逆に水に対しては 10体積%(25℃)ほど溶解し温度が低いほど増大する。また、エタノール、エーテル、ベンゼン、ヘキサンなどのほとんどの有機溶媒と任意の割合で混ざり合う。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見た無水酢酸

    無水酢酸、塩化アセチル、ケテンなどとエタノールが反応しても酢酸エチルを与えるが、合成法としての価値はない(下図)。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見たアセトン

    酢酸エチルはシンナー・ラッカーなど塗料の溶剤として利用される。マニキュアの除光液として、アセトンなどと並び多用されている。また、パイナップル・バナナ等天然の果実油の中にも広く含まれる果実臭成分の一つであり、エッセンスなど食品添加物の成分としても利用される。日本酒にも香気成分として含まれ、セメダイン臭として否定的なとらえ方をされる場合がある。一方でワインに含まれる酢酸エチルは味を落とす原因と言われている。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見たアセトアルデヒド

    アセトアルデヒドを塩基触媒により酢酸エチルに転換する。形式的には、アセトアルデヒドが不均化し、エタノールと酢酸として反応しているように見える。本法はエタノールに対して課税する国では原料コストの高いエタノールを利用せずにすむ為、日本では主流のプロセスである。しかしながら世界的な主流プロセスはエタノールを利用した方法であり、日本でもダイセルが実用化している。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 酢酸エチル

    酢酸エチルから見たエチレン

    最近、昭和電工により、シリカ担持ヘテロポリ酸触媒によるエチレンと酢酸からの合成法が開発された。本プロセスでは、原料価格に応じて、エチレンの代わりにエタノールを用いることもできる。56回日本化学会化学技術賞を受賞した。酢酸エチル フレッシュアイペディアより)

61件中 51 - 60件表示