酸性雨 ニュース&Wiki etc.

酸性雨(さんせいう)とは、環境問題の一つとして問題視される現象で、大気汚染により降る酸性(厳密にはph5.6以下)の雨のことを指す。酸性の雪は酸性雪(さんせいせつ)、酸性の霧は酸性霧(さんせいむ)と呼ばれる。 (出典:Wikipedia)

「酸性雨」Q&A

  • Q&A

    次の日本文と同じ意味になるように、下記の英文の空所イ・ロを補い、文を完成させてくださ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年9月8日 23:22

  • Q&A

    酸性雨って目に入ったら失明とか視力に影響ありますか?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年9月8日 10:43

  • Q&A

    壁面をコンクリートで補修をし、カラーペイントで、 ねずみ色に塗りたいと思います。 特…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年9月7日 07:23

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「酸性雨」のつながり調べ

  • オウシュウトウヒ

    オウシュウトウヒから見た酸性雨

    名前のとおりドイツでよく見られる木で、有名なシュヴァルツヴァルト(黒森)の多くの木がドイツトウヒである。10mを超える高さになると小枝が下側に垂れ下がるようになり、独特の外観となる。生育は容易であるが、酸性雨や排気ガスには弱く、公害の深刻な地域では枯死することがある。寒冷への耐性があり、土壌は選ばない。防風林などにも適しているが、根張りが強くない為に強風で倒れてしまうことがある。また庭木としては大きくなりすぎる為に不向きである。(オウシュウトウヒ フレッシュアイペディアより)

  • 雨

    から見た酸性雨

    通常でも雨水は大気中の二酸化炭素を吸収するため、pH(水素イオン指数)は5.6とやや酸性を示す。雨が亜硫酸ガスなどを大気中から取り込み、強い酸性を示すものもある。日本では目安として、 pHが5.6以下のものを酸性雨と呼ぶ。( フレッシュアイペディアより)

「酸性雨」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ