前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
103件中 1 - 10件表示
  • サドバリー (オンタリオ州)

    サドバリー (オンタリオ州)から見た酸性雨酸性雨

    鉱山は有益な鉱物をたくさん含んでおり、特に白金(プラチナ)を含む遷移金属が多い。ただし、通常より高い密度で硫黄が含まれているため、ニッケルや銅を精錬する際、草木に有害な硫黄酸化物が大気中に流れ出る。この有害物質は大気中の水蒸気と混じり合い硫酸となるため、よく知られる酸性雨を降らすことになる。酸性雨は石や石造建築を浸食し、草木を枯らし、土壌を酸性化させ、草木の再生を難しくする。サドバリー (オンタリオ州) フレッシュアイペディアより)

  • 東アジア酸性雨モニタリングネットワーク

    東アジア酸性雨モニタリングネットワークから見た酸性雨酸性雨

    東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(ひがしアジアさんせいうモニタリングネットワーク)は、広範な範囲に影響を及ぼす環境問題である酸性雨問題に関して、状況を調べ、情報を提供し、協力を推進するために、日本がイニシアチブをとって東アジアで作った枠組み。現在、湿性沈着、乾性沈着、土壌・植生、陸水の4項目がモニタリングの対象となっている。東アジア酸性雨モニタリングネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • 大気化学

    大気化学から見た酸性雨酸性雨

    大気の組成は生物活動との関係によって変化する。またオゾン層破壊、地球温暖化、酸性雨、気候変動なども大気化学に関連する重要な社会問題となっている。大気化学 フレッシュアイペディアより)

  • 化石燃料

    化石燃料から見た酸性雨酸性雨

    これらの燃料は燃やすと二酸化炭素 (CO2) 、窒素酸化物 (NO, NO2, N2O4) 、硫黄酸化物 (SO2) などを発生するが、これらが大気中に排出されることにより、地球温暖化や、大気汚染による酸性雨や呼吸器疾患などの公害を引き起こすため、深刻な環境問題を引き起こす要因になっている。また、資源埋蔵量にも限りがあるため持続性からも問題視されている。化石燃料 フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化窒素

    一酸化窒素から見た酸性雨酸性雨

    化学的には銅に希硝酸を作用させたり、二酸化窒素(NO2)に水(温水)を反応させることでも生じる。常温で無色・無臭の気体。水に溶けにくく、空気よりやや重い。有機物の燃焼過程で生成し、酸素に触れると直ちに酸化されて二酸化窒素 NO2 になる。硝酸の製造原料。光化学スモッグや酸性雨の成因に関連する。また体内でも生成し、血管拡張作用を有する。窒素の酸化数は+2。一酸化窒素 フレッシュアイペディアより)

  • 環境問題

    環境問題から見た酸性雨酸性雨

    その後酸性雨、オゾンホール、異常気象、地球温暖化など全地球規模の環境の変化が顕著になってくるにつれ、人々の環境問題に対する関心は徐々に高まってきた。環境問題 フレッシュアイペディアより)

  • 大気汚染

    大気汚染から見た酸性雨酸性雨

    一方、ヨーロッパでは1960年代から酸性雨による生物への被害が深刻化し、越境汚染への関心が高まった。1969年にOECDが酸性雨問題に関して国際協力の必要性があることを勧告、1972年には西ヨーロッパ11か国でモニタリングの枠組みが発足した。同年の国際連合人間環境会議では国境を跨いだ酸性雨が議題の1つとなり、世界にその被害状況が報じられた。各国は1979年に (CLRTAP)を締結、1983年に発効し世界初の越境大気汚染に関する条約となった。加盟各国に対策、監視、情報交換を行うことを定め、以後段階的に拡充している。北アメリカのカナダとアメリカの間でも1970年代に酸性雨が越境汚染として問題化し、当初は主張が対立していたが、1980年に両国が覚書を交わして以降監視や情報交換を進め、1991年にを締結している。大気汚染 フレッシュアイペディアより)

  • 酸性雪

    酸性雪から見た酸性雨酸性雨

    酸性雪 フレッシュアイペディアより)

  • 酸性霧

    酸性霧から見た酸性雨酸性雨

    酸性霧 フレッシュアイペディアより)

  • 松木村

    松木村から見た酸性雨酸性雨

    明治に入り、足尾銅山で銅が増産されるようになると、精錬に必要な木材が大量に伐採された。1884年以降、さらに、精錬所から出る鉱毒ガスおよび酸性雨により、山の木が枯れ始めた。松木村 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
103件中 1 - 10件表示